カタールW杯開幕!

個別指導塾の学習空間、札幌第1エリア新琴似北・西野教室の工藤です!

昨日、サッカーW杯が開幕しましたね。
開幕戦のカタールVSエクアドルの試合をリアルタイムで見たので少々寝不足気味ですが・・・元気いっぱいに本日も指導いたします!

この試合では前半3分にエクアドルのバレンシア選手のゴールで先制したかと思いきや、今大会から導入された「半自動オフサイドテクノロジー」の判定によってゴールが取り消しとなりました。
実際にオフサイドとわかるように3Dグラフィック画像が中継映像だけではなく、場内にも流され、肉眼では判断が極めて難しい差を見極めるAIにサッカーの判定もここまで進化したのかと度肝を抜かれました。

この新システムは公式球の中心にチップが埋め込まれており、スタジアム内に設置された12台の高性能カメラが選手1人1人の位置を正確に確認。これによりAIがオフサイドと判断した場合は、ビデオ・マッチ・オフィシャル(VMO)のいるオペレーションルームへ連絡が入るシステムとのこと。VMOでも状況を確認し、オフサイドであればピッチ上の審判に伝えるという仕組みです。
最終的には人間の決断が必要ですが、こういった技術が盛り込まれることによって誤審も減るので個人的には良いのではないかな?と思いました。

さて、11月23日㈬は日本VSドイツ戦です!!
前回大会のベルギー戦の借りを返す時はきた!
頑張れ!日本代表!!!

札幌:札幌の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください