イメージでとらえよう。look、watch、seeの違い。

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。



埼玉県公立高校入試、
入試日がせまってきました。
大詰めですね。

体調に気をつけながら、
中3生は最終対策を詰めていきましょう。




さて今回は、
英語ネタでございます。

英語の「見る」
です。


主に「見る」は、
「look」「watch」「see」
がありますよね。

「3つもあって、よくわからん!」

ってなるのは当然。
生徒さんもよく困っております。


今回、
少しでもそれが解消できれば幸いです。


大事なのは、
イメージです。

それぞれのイメージ。

いったん
「見る」という日本語訳からは、離れる。

これが攻略法です。


イメージ

■look
→視線をそこに向けるイメージ。

シュッ!と。目線をそこに。

■watch
→注視するイメージ。

じっくり注意深く見る感じ。
ジロジロ。

■see
→自然に目に入る感じ。

自分の意思とは関係なく見ちゃう。て感じ?



学校とかで、
こう習うこともあるかと思います。↓

止まってるものを見る
→look

動いてるものを見る
→watch

これ、
絶対ではございませんので、ご注意を。

■Look at that flying bird!
(あの飛んでる鳥を見て!)

→鳥、めちゃくちゃ動いてますよね。
でもlookを使ってる。

■watch your step
(足元に気をつけて)

→足元が動いてるとは限らない!
(動くのはエスカレーターぐらい?)


とにかく、
look→視線をむける
watch→じっくり注視する

イメージが大切です。




だから、
「Look at me!」
→私に視線を向けて!
てこと。


もしこれが、
「Watch me!」だと?

→私を注意深く観察して!
みたいなニュアンスに。

いやどんな状況…?
…て感じですよね。



例えば、

「私はテレビを観ました」

→I watched TV.

「watch」を使いますよね。

テレビは、
自分の意志で注目(注視)して観るもの
だからwatch。

I saw TV.
はダメですね。

なぜなら
see(saw)は、自分の意志とは関係なく
「自然と視界に入った」イメージだから。


しかし、
次の状況ならseeが最適だと思います。

「あれ?ここにあったテレビ、どっかで見なかった?」
「ああ、昨日トイレで見かけたよ」

ありえない状況ですが、

これなら
「I saw TV (in the bathroom).」

seeが使えます。
というか、watchだとおかしいですね。




何となく、
おわかり頂けたでしょうか?

あえて
「見る」という日本語から離れる。
「イメージ」で覚えちゃう。

これでいきましょう。



では最後に、
しつこく例文で。

「Look at the sky!」
(空に視線を向けなさい!)

look→視線をそこにシュッ!

「I watched the game.」
(試合観戦したぜ!)

watch→注目して観る!

「I saw pervert.」
(変質者おった!)

see→見たくて見たわけじゃない!




以上
ありがとうございました〜


埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください