「家のカギ、かけたっけ?」を人間はなぜ繰り返すのか

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
入間扇台教室&桶川西教室の本橋です。

入試シーズンですね。

本番の入試で、
100%の力を発揮するのは難しい。

なぜなら、
本番は緊張と不安で平常心じゃないから。

そのため、
最悪のコンディションの中でも
充分に勝負できる。

それが「本当の実力」だと思います。


そのために、練習を繰り返します。

本番で100%の実力が発揮できる人は、
練習で120%の実力をつけた人。

ですね。


「本番のコンディションは最悪」

これを想定して、
充分な実力をつけましょう。


「本番は完璧な状態で臨まないと」
て思うのは、逆にストレスになります。

「本番の調子は最悪でもいい。
その分、たくさん準備した」

このメンタリティが最強ですよね。


さて、本題(?)です。


いやあ〜、忘れます忘れます。
「家のカギかけたっけ?」
「エアコン消したっけ?」

家を出てから気になり出します。


とはいえ帰宅すると
カギはちゃんと毎回かかってますね。


エアコンはごくまれに…

夏、帰宅してドア開けると
キンキンに冷えてる
→絶望。

という事で、
「なぜ毎回記憶喪失になるのか」
です。

いきましょう。

※このネタは
NH◯の「◯コちゃんに叱られなんとか」で観たやつ。
というのは内緒です。




「カギをかけたかどうかを忘れる」
「エアコン消したか思い出せない」
など。

原因は、

それが
「感情が動かない作業だから」

だそうです。

は?
どゆこと?

人間の脳は、
容量オーバーにならないよう
「必要な記憶」以外は
なるべく記憶しないようにしてる。

だそうです。

その「必要な記憶」こそが、
「感情が動いたできごと」の記憶

例えば、
外出の際
「家のカギをかける」という行為。

楽しくはない。
悲しくもない。
驚きもない。
怖くもない。

→記憶に残りにくいのだそう。


逆に、例えば。

憧れの芸能人を街で偶然見かけた。
テンションMAXですよね。

その次の日、
「あれ?
昨日は何かおもしろい事あったっけ?」

とは絶対にならないですよね。

「感情が大きく動くできごと」ほど、
忘れにくい。


てことは、
負の感情もそうですよね。

例えば
家のカギ穴の付近に、
ナメクジが張りついていた。

「気持ちわり〜」ってなりながら
何とかカギを閉める。
→逃げる。

※ナメクジ愛好家の方、申し訳ありません。
個人の感情です。

その後、
「あれ?今日カギ閉めたっけ?」

て、ならないかも。

ナメクジの恐怖の記憶と共に、
「カギをかけたシーン」が脳に焼き付きそうです。



という事で結論です。

「カギをしめる時」
「エアコンを消す時」
毎回感情が動けばいいわけです。



てことはですよ?

カギ付近やエアコンのリモコンに、

「好きな芸能人の写真を貼っとく」
もしくは
「ナメクジの写真を貼っとく」
「大嫌いな人の名前を貼っとく」



とかで、
で解決できるんじゃないでしょうか?

感情が動く

「それを見た」
という記憶は必ず残る。
=エアコンも消した記憶とともに。




誰かこれ、実験してみて下さい。
(自分でやれ)


以上
ありがとうございました。


学習空間(埼玉西部)講師プロフィール【special edition】

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

【入間扇台教室のX(旧Twitter)アカウント】
@iruma_ougidai

(埼玉西部エリアのブログ記事を日々配信ちゅう~)

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください