英作文の必殺技!「It is fun to構文」

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
入間扇台教室&桶川西教室の本橋です。

It is fun (for me) to play soccer.
(私にとって、サッカーをする事は楽しい)

この、
「It is fun to構文」。

暗記しちゃうと英作文でラク!

特に英語が苦手な子(中学生)は、
暗記して「英作文問題」で使いまくろう!

というお話です。




とりあえず最初は、
文法的なとこから入りましょう。

ちょっと堅い話になるので、
英語アレルギーの方は吐き気が出た時点で、読むのをやめて下さいね。


◾️It is 〜 (for +人) to…
「…するのは(人にとって)〜です」

この構文。
現在は、中学3年で習います。

いきなり1学期で習うので、
中2までの文法が頭に入ってない子は、きついです。


この構文の理解には、
少なくとも次の文法の知識が必要です。

・be動詞
・代名詞
・to不定詞
・仮主語


仮主語が出てきた時点で、
「なんやねん!」てなりますねたぶん。


その「仮主語(It)」とは何か。
こっからは、吐き気ゾーンにいきますよ〜。

先ほどの文。
①It is fun(for me) to play soccer.
(私にとって、サッカーをする事は楽しい)



もともとは、これなんです。↓

②To play soccer is fun(for me).
(私にとって、サッカーをする事は楽しい)


日本語は一緒ですよね。
「なにがちゃうねん!」


主語を比べて下さい。
①の主語は
「It」(それ)

②の主語は
「To play soccer」(サッカーをすること)


英語は、
「主語が長くなることを嫌う」んですね。

だから、
To play soccer (サッカーをすること)を
Itに短くまとめちゃうんです。
そのItが、仮の主語になってるから、
「仮主語」。

そうすると、
まずはIt is fun。
→それは楽しい!!!

と最初に言う。

ちなみに、
英語はそういった「楽しい」とかの
「感情」をとにかく先に言いたがります。



その後に、to play soccer.

It is fun to play soccer.


という事で、
極端に語順通り訳すと
It is fun (for me) to play soccer.

それは楽しいんだよ!!ワイは。
あ、サッカーすることがね。

て感じ。
日本語と構造が逆なので、
普通に日本語訳するとこのようにおかしくなります。

これは、
「文化や国民性の違い」が影響してると言われます。

欧米
とにかく自分の感情を先に、
ストレートに伝える。自己主張重視。個人主義。

日本
自分の感情はストレートに出さないことが美徳。
協調性重視。集団主義。



何のこっちゃわからないかも知れませんが、

とりあえず
これだけでも覚えといてください。↓

①英語は、主語(主部)が長くなるのを嫌う
②英語は、感情が先。


②に関しては、こんな例もあります↓

a cute white dog
(白くてかわいい犬)

形容詞が連続するパターンですね。

「白い」より、
「かわいい」という個人の「感情」が先なんです。

日本語だったら、

「白くてかわいい犬」
「白い」が先。

日本語と逆なんです。
英語は、
感情(cute)が先。事実(white)はあと。




さて、やっと本題?です。


これ、中学生は暗記してほしいです。↓
「It is fun (for me) to 動詞」 

なぜなら、
高校入試の英作文や北辰テストで、
ほとんどのお題に使えるからです。

英作文のお題って、
こういうのが多い。↓

◾️好きな季節とその理由
◾️休みの日に何をするのが好きか
◾️外国人の友達とどんな活動をしたいか

そう。
だいたい
「It is fun (for me) to 動詞」 
が使えるのです。

これをテンプレとして、
動詞だけ変えればOK。


It is fun for me to swim(in the sea).
→(海で)泳ぐのは楽しい

It is fun for me to read books.
→本を読むのは楽しい

など。

これをただ使うだけで、
「仮主語を理解してる」
「to 不定詞も理解してる」

という好印象を採点者に与える事ができます。



※あくまで、英語が超苦手な子に対しての対症療法です。
得意な子は、いろんな表現を自由に使い、素晴らしい英作文を作って下さいね。

終わります。


学習空間(埼玉西部)講師プロフィール【special edition】

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

【入間扇台教室のX(旧Twitter)アカウント】
@iruma_ougidai

(埼玉西部エリアのブログ記事を日々配信ちゅう〜)

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください