白いカラス捕獲される!

ウォ~っ!!!また、長いこと、ブログあけちまったぁ(><)今回から必ず、毎回更新するぞいっと。
・・というわけでお久しぶりでございます。学習空間 滋賀エリア 守山・八日市教室の佐藤です。
早いもんで今年も、半分差し掛かってきましたね。そろそろ、新しい学校、学年、クラス、勉強、部活にもそろそろ慣れてきたころじゃないですか?それと同時に疲れも溜まりだしてる頃ですね。まあ、そんなに力まずに肩の力抜いていきましょう!

それでは今日はこの話題を

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラスが発見されました。和束といえば、私の実家が南山城なので本当にすぐ近くなんですが実物は見れてません。全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられていました。飛び上がることはない」ということで、この白いカラスは弱っているのかもしれないですが、実は

●カラスは本来は救護対象ではない●

ということで、弱っていたとしても、従来の規則の中では救護する動物ではないということのようです。ちなみに、この白いカラスについて、報道では「アルビノ」とされています。
アルビノとは、メラニンの合成に関する遺伝情報が先天的に欠損していることにより、メラニンが欠乏する個体を言います、メラニン色素は、生体に黒い部分を作るものですが、それがないために、「白い生体」となります。そういうところから見ると、今回のカラスは、アルビノではないかもしれません。では、一体・・?ちなみに白いカラスは、「神の再来」の時に出現するスピリチュアルなメッセージの意味を持つのだとされているのだそうです。いやあ・・・実に興味深い。どんなメッセージを伝えにやってきたのでしょうか???良いメッセージだと良いんだけどね。white-raven

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA