「新任講師(シュガー)」と「滋賀県への恩返し」

個別指導塾の学習空間、野洲教室・彦根教室の佐藤です!

新緑の季節、早苗の季節、薫風の季節となってまいりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。とはいえ、未だ新型コロナウイルス感染症の脅威が続いています。第4波襲来の渦中ですので、自分、そして大切な人を不幸にさせない選択を考えながら、2021年を良い感じに乗り切っていきましょう!

さて、急に登場した佐藤って誰?そんな先生いたっけ?と思うかたもいるでしょう。あの先生ね!と知っているかたもいるでしょう。はい!わたくし、4月より滋賀エリアの学習空間に赴任してきました、佐藤佑一と申します!学習空間に通う生徒の人生を豊かにするために、真摯に丁寧に真心を込めてご指導をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

名前は知ってるけど、どんな人なんだろうと思うかたがほとんどだと思いますので、この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。なるほど!と思える情報も、どうでもいい!と思える情報も書いていくので、どうか優しい目で見てくださると嬉しいです!

それでは、さっそく僕の自己紹介です!佐藤佑一(さとうゆういち)と申す者でございます。最近、東京都から滋賀県へ引っ越してきました。血液型はA型で、おうし座。好きな食べ物はサツマイモとナッツ、好きな飲み物は水、嫌いな食べ物はありません。なんでもおいしく食べられます!2021年1月から主食をサツマイモに切り替えました。準完全食として有名なサツマイモを主軸に、納豆、豆腐、卵、キムチ、ナッツをおかずにしており、毎日これらのエンドレスループです。ミニマリストで最低限の物しか持たず、残された本当に大切な物で幸福を目指す生き方をしています。

僕の趣味は写真撮影と観光です。カメラはNikonの一眼レフで、ズームレンズは一切使わず、3本の単焦点レンズだけで撮影をします。写真の表現力の豊かさを重視するタイプです。滋賀県に赴任してから、生徒におすすめの観光名所を教えてもらい、様々な場所を訪れました。まずは「彦根城」。ひこにゃんにも出会えました。「ブルーメの丘」では羊の大合唱を聞き、「MIHO MUSEUM」を訪れてから「長浜城」付近の「琵琶湖」を撮影したあと、「黒壁ガラス館」へ行きました。どこも素晴らしく感動しました。他にもおすすめがあれば、是非教えてください!

僕は以前、東京に住んでおりました。東京と聞くと、新宿、渋谷、原宿、銀座、池袋などと、大勢の人で賑わい、流行の発祥地としてきらびやかな印象を持たれるかもしれません。しかし、僕が住んでいたのは八王子という、電車で30分西へ移動すれば、山梨県に突入するという地域でした。東京の田舎という印象で自然が豊か、登山客数世界一を誇る「高尾山」が近くにあり、行きやすさから、何度も何度も登った記憶があります。ここまで、東京の話をしておきながら、衝撃の告白をします。実は僕、福島県出身なんです!高校卒業までは家族と福島で過ごし、大学進学を機に東京へ移りました。滋賀県の雰囲気はどこか福島県と似ているため、非常に落ち着きます。これからも平和に過ごしていけそうです。

2011年3月11日、東日本大震災を経験しました。津波の影響は全く受けず、家族は全員無事でしたが、地震の影響をもろに受け、家屋は半壊。斜めに歪んだ家には無数のひびが入り、内側からそのひびを覗くと、外の風景が見えました。現在は新しい家を建て直し、ルンルン気分で平和な日々を送っています!

震災当時を振り返ると、滋賀県との繋がりがあったことを1つ思い出しました。停電と断水でつらい日々が続く中、実家の近くの市役所に、1台の給水車が到着したという知らせが入りました。家族全員でその場へ行き、たくさんの水をもらいました。自衛隊員から受け取った水は、見た目以上の「重み」を感じました。本当に嬉しくて、給水車に群がる人の中には涙する人もいました。その1台の給水車のナンバープレートが滋賀県だったんです。あの時は何もできない僕たちを助けてくださり、ありがとうございました。感謝の言葉では伝えきれない思いです。家族みんなが救われました。福島県が救われました。

僕は滋賀県に恩返しをしたいと思っています。今は、学習空間の講師として目の前の生徒と真剣に向き合い、生徒の夢や目標を叶えてあげることが、恩返しだと思っています。勉強のことで悩んでいれば、必ず手を差し伸べます!夢や目標がなければ、一緒に考えていきましょう!成績がどんな結果だったとしても、絶対に見捨てたりしません!勉強で苦しんでいるなら、僕が救います!

あの時、滋賀県が救ってくれたように。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA