センター試験お疲れ様です!

個別指導塾の学習空間、静岡エリア富士吉原教室の深澤です!

高3生のみなさん。センター試験お疲れさまでした。
でも、私大入試や国立2次など重要な試験はまだまだ続き気が抜けないのが現状ですね。

毎年、センターの国語に出題される漢文。皆さんは正確にスムーズに訳せていますか?
日本語ではないのでなかなか難しいかもしれませんね。
話は少しずれますが、今日1月21日は中国に昔存在した「楚」という国の政治家「屈原」という方の誕生日です。
【楚辞】という全17巻の本の代表作「離騒」の作者ですね。
彼は政治家でもありながら詩人としても活躍していました。彼の詩からもわかるように彼は母国「楚」を愛し、人々の人望を集めていたそうです。
しかし、陰謀により国を追われ、最後には川に身を投げてしまいます。
それを聞いた国民は悲しみ、太鼓の音を鳴らしたり、川にちまきを投げたりして、魚が来ないようにしました。
彼が亡くなった後も国民に惜しまれ、多くのちまきを川に投げ入れ国の安泰を祈願する風習になり、やがて、病気や災厄を除ける端午の節句となります。
端午の節句とは5月5日の国民の休日「こどもの日」で、男の子の健やかな成長を祈願する風習ですね。
このように昔の出来事が伝わって今に至るというのは多くあると思います。
ただ漢文を読むだけではなく、その時の国の背景なども知っておくと文章も読みやすくなると思いますよ♪
勉強に疲れてしまって休憩している間にでも調べてみてはいかがでしょうか?
特に気にしていなかった所から面白い情報や興味深い情報が出てくると思いますよ。
受験までもう数日! 気合を入れてがんばっていきましょう。
山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の学習塾

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA