春の日の雪だるま

個別指導塾の学習空間、静岡エリア長泉教室のモチヅキです!

仏教の教えに「無常観」というものがあります。
「世の儚さ」を表現したものですが、徒然草の中で、吉田兼好がこう語っています。

「人間がせっせとやっていることを見ると、まるで春の暖かい日に、雪だるまを作り、
その雪だるまのために金銀珠玉の装飾品を集めたり、堂を建てようとするのに似ている。
果たして、その堂ができあがってから、雪だるまを中へ安置することができるだろうか。
いや、すぐに解けてしまうから、できるはずがない。
人は誰でも、「自分の寿命はまだまだある」と思っているが、
実際には、雪だるまが解けていくように日々刻々と縮まっているのだ。
それなのに、あれもしたい、これもしたいと、非常に多くのことを計画し、
成就する日を待ち望んでいるのは、雪だるまのために堂をたてようとしているのと同じではないか。
その願いがかなう前に、自分の命が尽きてしまうのだ。」
(第百六十六段)

「光陰矢のごとし」と云われるように、時は我々を待つことなく容赦なく流れていきます。
正月を迎えてのんびり餅を食べていたと思っていると、あっというまに年末です。
まだ、1年生だから受験なんて先のことと思っていると、あっという間に受験生です。

地球より重いと云われる我々の命は、1秒1秒が取り返しのつかない価値を持ちます。
でも、まるで無限に生きられるかのように錯覚して、貴重な日々をやり過ごしてしまいがちです。

「目の前のことばかりに追われて、気がついたら、人生の黄昏時になっていた。」
なんてことは避けたいものです。

もし、我々が兼好法師の云うように
「解けゆく春の雪だるまのために、人生を浪費している」としたら、、、。
そんな儚く消えゆくもののために生きているなんて、とても切ないことです。

昨年の大震災では、それまで築き上げてきたものが一瞬のうちに消え去りました。
もし、そういったものに執着していたのならば、この先、何を信じて生きていけばよいのでしょう。

我々に残された時間は、まだまだたっぷりあると思うと、時間を無駄にしてしまいます。
残された時間は「わずか」という前提にたてば、意識が変わってくると思います。

過ぎゆく人生の中で、今一番になすべきことは何か。
本当の「人生の目的」を考えることの重要性を仏教や兼好法師は訴えかけています。

年初から重いテーマですが、真剣に向き合うことで、新しい価値観が生まれるかもしれません。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の学習塾

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA