花火♪

個別指導塾の学習空間、御殿場&富士吉原教室の吉田です!

いよいよ8月に突入です。
「8月だ!海だ!プールだ!お祭りだ!花火だ!」
まさにイベント盛りだくさんですね♪
特に、「花火が上がっている音」を聞くと、「夏だなぁ(^^」と感じるものです。

ということで、花火について。

初めて製造されたのは中国。最初は敵の陣地を火事にしたり威嚇する時などに使われました。
そして、日本で製造されるようになったのは鉄砲伝来以降で、伊達正宗や徳川家康が花火を見物したという記録も残っています。
当時は爆竹に近いもので、今一般向けに打っている「おもちゃ花火」が発売されたのは、17世紀頃。
そこから打ち上げ花火に発展し、明治時代頃には海外から多くの薬品が輸入され、さまざまな色が発色出来るようになり、明るさも変わってきました。

と、ここで、、、花火の色ですが、炎色反応を使って色を出しています。
炎色反応…。高校の化学を勉強したことがある方でしたら、なんとなく聞いたことあると思います。
「リアカー無きケイ村……」なんていう語呂合わせもありますねw

しかし、花火を「炎色反応かぁ…」なんて考えながら見ていたら、感動が薄れてしまうので忘れてくださいw

ともあれ、受験生にとっては大事ーな「勉強」の夏です!

夏期講習も始まり、受験生の中には塾にいる時間が9時間近くになる生徒もいます。
1・2年生の内容を復習する期間!
「夏休みはこれをやったんだ!」というものをお互い明確に残せるように日々指導に当たっていきたいと思います♪

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA