千葉

天赦日

個別指導の学習空間、千葉北総エリア
四街道東教室&佐倉臼井教室の野依です!

皆さんは「天赦日」って知っていますか?1年の中でもたった5~6回しか訪れない大開運日のことです。つまり最強の開運日です!!

この日は「天が万物の罪を許す日」≒「何事も許され、スピーディーに物事が進む日」とされており、何か新しい1歩を踏み出すには大変良い日とされています。例えば、新しい財布の購入や結婚式、事業の開設など「この日に始めることは全てにおいてうまくいく」と古くからされてきました。

そして今年の一番近い天赦日はなんと11月7日!!来週の月曜日ですね!

みなさんもぜひ、何か新しいことにチャレンジしてみましょう。この日に始めたことはきっとうまくいくはずです!

例えば、中学3年生は入試まで残り100日前後となってしまいました。「家ではなかなか気が進まなくて勉強する気になれない」なんて生徒も、これを機に少しでも家で勉強をする習慣を始めてみましょう。そして自分の手で第1志望合格を掴みにいきましょう!

私もずっと前から言っているダイエット...。なかなか口ばかりで生徒のみなさんには「また言ってるよw」と思われているかもしれませんが、今度こそ、この「天赦日」に賭けたいと思います。ダメだったら「天赦日」に始めなかったんだと思ってくださいw

千葉の塾なら個別指導の学習空間

高校入試まであと・・・

個別指導塾の学習空間、千葉北総エリア 西白井 鎌ヶ谷 教室の齊藤です!

1年も早いもので、残り2か月となりました。

同時に、高校入試も迫ってきています。

カレンダーで残りの日数を確認してみると・・・

なんと116日・・・

4か月をきっています。

私の感覚としては、この間夏期講習を終えたばかりなのですが・・・

頭の中にはまだ夏がぼんやりと残っております。

生徒の中には、もう受験の実感がある子もいれば、もう少し危機感を持ってくれと思う子もいます。

私の目標は当然「全員志望校合格」です。

公立高校が不合格だったから私立へ・・・なんて生徒は当然ですが出さないつもりです。

そのためには早めの「準備」が大事です。

準備の段階で手を抜いたり油断したりをすることなく、徹底的に詰めて参ります!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

学習空間 柏大津ヶ丘教室 2022年度2学期中間テスト速報

個別指導の学習空間 柏大津ヶ丘教室教室長の桑原です。

ご無沙汰しております。もう秋も終わり冬を感じる寒さとなっている今日この頃。またしても我が次女のお話から始まってしまうのですが、あっという間に大きくなって、先日お宮参りとお食い初めを行ってきました。なんでも、お食い初めで赤子の口に運ぶ役割は、同性の年長者が行うことが習わしなんだとか。そこで母上をお呼びしてお食い初めの儀を行ってもらいました。

最近家族でどこかに出かけるときに、だっこ紐を使うようになったので、お店の中を赤子を抱えた状態で歩きまわっています。そうはいっても狭い通路は通れないので、一瞬で店内のものを見渡す能力も鍛えられてきました。


柏大津ヶ丘教室の成績アップ情報

学習空間 柏大津ヶ丘教室では、生徒の皆さんとテストの振り返りを行っております。
テスト勉強の中で足りなかったところや、成果を出せたところや、勉強時間や習慣で意識できたことなど、いろいろなことを一緒に振り返って生徒の課題に向き合い、作戦を立てています。
「勉強を通じて自分の使いこなし方を学ぶ」という目標のもと、日々指導にあたっております。

では、今回の結果をまとめていきます!

続きを読む

秋は好きです^^

個別指導の学習空間 千葉北総エリア 八千代台・四街道東教室の内野です!

今年の秋は気合い入っています!!
来年の富士登山のためにランニングを始めました!!かれこれ1か月くらい続いています!!
体力はついてきましたが全然痩せません!!食べるものも変えないとダメ見たいです笑

釣りにも行きました!!

1年ぶりのシーバスはふるえました^^体高はランカー並み!!

これからがシーズンになるのでまた釣りたいです!!
自己記録の87センチを超えられるようにがんばるます!

あとはキャンプにも行きたいです!
道具だけどんどん増えてなかなか行けていません!

キャンプと釣りは似ていますね。知らないうちに道具が増えていきます笑

今年はいい感じに楽しんでいます!

楽しもうとしないと何もしないことが多いので、今年は楽しもうとしています!!

1つでもやりたいことや目標をもって1日を過ごしていく方が生活が豊かになる気がします!

今年の秋もっと楽しんでいきます||

千葉の塾なら個別指導の学習空間

「勉強って将来使わないじゃん」問題への回答を考えてみる

個別指導の学習空間 千葉北総エリア 習志野藤崎教室・八千代大和田教室の小浦です。

「勉強って将来なんの役にたつの?」
「今やっている勉強って意味ある?あんまりやる気でなーい」

生徒さんからたまに漏れ出る言葉です。
それやる気が出ないときの後付けの言い訳でしょ・・とか考えたりもしますが、実際自分もこのテーマに対する答えを持ち合わせていません。
今回はこのテーマについて自分なりに考えを深めることができたらと思います。

「勉強は将来使わないからやる気がでない、やりたくない。」という態度は、一般化すると「ムダなことはしたくない」という考えの表れではないかと考えます。ここでいう「ムダ」とは、その行為をしても自分に利益や快感がないもののことでしょう。

では「ムダ」を排除すればよいのでしょうか。
そもそも、何が「ムダ」なのか人間に判断する能力があるのでしょうか。
すべての行為を自分のためになるかどうか考えきることは不可能です。人間にそんな思考力はありませんし、そんな精神で日々の生活を送りたくはないですよね。
経験として、自分も中高生の時には教育職に就くなど考えもせずに勉強してきましたが、今は塾の先生として学生時代の知識や経験を総動員して生徒と向き合っています。

私は「ムダなことでも何もやらないよりは人生の役に立つだろう」くらいの心持ちでよいと思います。「今得た知識はどこで活きてくれるんだろう!」・「こういう考え方、頭の動かし方がもしかして自分に良い影響を与えているかも!」と「ムダ」に寛容かつポジティブな態度が大事だと思います。

「ムダ」なことも、何か後ろ向きな経験すら、なにか自分のためになっているのが人生だと私は考えます。今やっている勉強は将来直接的に使わなくても、どこかで役に立ってくれると望みを持ちながら続けていこうというのが、現状の私の答えです!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

自ら学ぶ姿勢

個別指導の学習空間 千葉北総エリア 八千代大和田教室
家庭教師・1対1指導の学習空間プラスの瀧澤です

先日生徒を指導しているとき、本人のやる気がどうにも上がらず、どうしたものかと悩んでいるとき、同じ問題を一緒に解いて競争しようということになりました。

するとさっきまで眠そうにしていたその子は追いつかれまいと必死に解き進めていきました。

こちらから一方的に「勉強しろ」「課題を終わらせろ」など言ったところで効果は薄いものなのだと改めて実感しました。生徒と一緒に学び、こちらが率先して学ぶ姿勢を見せていく、これも一つの教育なのだと思いました。

私が学生の頃「教える者こそ学ぶべき」と私に教えてくださった方がいました。
その言葉を思い出し私もまた学ぶ姿勢を見直さなければならないと反省しております。

そこで今年度中に資格に挑戦したいと思います。
得意科目の数学からはじめ、苦手科目でも難なく指導できるよう幅広く勉強していきます。

私も生徒とともに学んでいきたいと思います。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

やる気なんて点数次第、点数なんて出題次第

個別指導の学習空間 千葉北総エリア 佐倉臼井教室の竹村です。
最近は教材も作ってます。そのうち目にする機会も増えると思います!よしなに!

私、昔は理科の教員やってたもので、授業用の教材はもちろん、授業も板書も実験も、定期試験そのものも作ってました。
さて、生徒の皆さんの立場だと、定期試験の「点数は」努力の結果、に見えちゃう人も多いと思います。
正直、親御さんどころか、現場の先生でさえそう思っている方は少なくなさそうです。
確かにそういう側面はありますよね、定期試験や授業、教材が、生徒に対して適切につくられていれば。

前は試験を作る側だった、そして今は教材を作っている身からすると、上記視点はとても偏ってます。。
この偏りっぷりを伝えるために、同じくらい偏って、先生側から定期試験を見てみましょうか。

試験の点数?その気になれば、30点にも80点にもできるんですよ?(わざとそう極端にする人は居ないはずですが)
問題が一問なら、0点か100点か。採点が楽でいいですね!いやいや、さすがにそんな試験する人はいませんか?
出題側目線で、では点数を高く出すには?丁寧に教えた問題を、扱った問題を、簡単に出来るようにした問題を、素直に出せばいいんです。それだけのことです。
教えたことない問題出題したら、そりゃ解けませんよね。当たり前です。生徒の試験の結果が振るわないというなら、先生の授業と試験が一致していません。生徒のレベル帯もよく考慮して、授業と試験を調整するのみです。つまりは、先生は、生徒に出来るようになってほしい事を念頭において、生徒にそのやり方を教えているはずなんです。
そのうえで、教えていない、試すような問題が出されることもままあります。これはたぶん万人の癖で、ほとんどのテストにこのような問題が見られます。どの程度かはかなり個人差はあります。その部分での得点は当然極めて困難ですが、それは本来すべて出題側の責任です。生徒側の勉強不足というのは酷でしょう。

要は、点数なんて先生側の裁量で如何様にもなります。生徒の努力なんて出題側次第で、軽々潰されてしまいます!

本題:我々周囲の大人が生徒を見て評価するのもまた、一種の試験です。
教えたところを見て高く評価するも、十分に教えてないことをやってないできてないといい評価を下げるもこちら次第。
彼らを30点にするのも80点にするのも、努力を認めるも潰すも、見る人次第です。

「点数」だけの一問の試験、採点楽なんですけどね。
大人側の皆様、生徒の「定期試験の結果」に対する採点箇所、いくつ持っていますか?
千葉の塾なら個別指導の学習空間

久々のブログ

千葉北総エリアの齊藤です。

夏期講習も終わり、定期テストも終わり、夏休みも終わり・・・

色々と「終わり」が重なる中、生徒たちの夏休み課題だけは未だに終わっていないという、さすがのコ〇ン君でも投げ出しそうな事件が現場で起こっています。

皆さんは、「パーキンソンの法則」ってご存じですか?

まさにこの事件を解決するのに必要なものなんです。(解決できるとは言ってません)

期限が決められたやるべきことに対して、人はギリギリまで取り組まないそう。

これをパーキンソンさんが証明しました。

確かに、納得ですよね。

まぁ、もちろん例外の人(当てはまらない人)だってたくさんいますが。

ただね、それって期限ギリギリになっても「取り組んだ」ってことですよね?

何が言いたいかわかった方、さすがです。

さて、9月は千葉北総エリアの偉大なる先生方が毎週続けて記事を書く予定です。

ここでしか見ることのできない貴重な話、ためになる話など盛りだくさんだと思います。

ぜひ、楽しみにしていてください!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

第1回定期試験期間を過ごして

個別指導の学習空間、千葉北総エリア習志野藤崎教室・八千代大和田教室の小浦です!

今回は塾の先生になって初めて定期試験の期間を過ごしてみて感じたことを書いていこうと思います。

テストが返却されたらテスト直しをします。
私もテストの問題を見させてもらいましたが、学校ごとにテストの出題内容や重視している部分が違っていることに驚きました。
考えてみれば当然ですが、テストは学校ごとに先生が作っているので出題者の考えなどが反映されます。

例えば英語なら、教科書本文を理解していればOKと出題者が考えるのであれば、教科書本文から問題が多く出ます。
前回のテストなどを見てそれがわかっていれば対策も立てやすいでしょう。

テストが返却されたら点数に目がいきがちですが、問題用紙とその解答から得られるデータがあることにも注意したいですね!

避けては通れないのが定期試験ですが、過去のデータ(自分が持っているテスト問題)を分析し、次に向けた勉強の戦略を立ててみようと考えれば少しワクワクしてくるのではないでしょうか!

私は「出題者の意識」など考えずテストを受けていたので、ぜひみなさんに実践して成果を上げてほしいと思う次第です。
私も生徒さんをサポートする立場としてテストの分析を意識づけようと思っています!

夏はまだ続きますが、元気を出していきましょう!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

【柏大津ヶ丘教室】2021年度成績満足率部門2位&1学期末テスト結果報告!!

個別指導の学習空間 柏大津ヶ丘教室教室長の桑原です。

最近第2子がなんと私の誕生日に産まれまして、初めから親孝行されてしまいました。
いやーほんと奇跡ってあるんですね。神様と奥さんに感謝です。
そんな奥さんと赤ちゃんが退院して家に戻ってきて2日が経とうとしていた時のことですです。

——————洗礼の一撃——————

先日おむつを替えていたところ、大きい方と小さい方のどちらもかけられてしまいました。おしりを拭いては垂れ流す。を繰り返し、やっとのことでおむつをセットできたと思ったらまた垂れ流す。そして泣く。また拭く。通過儀礼というか、子育ての洗礼の一撃を見事に喰らいました。
子育てにおいてもう怖いものは何もありません。(嘘)

そしてもう一つご報告が。。。。。
 
 

柏大津ヶ丘教室、成績満足率の部で全教室中2位でした!!!

昨年度の成績満足率の部で学習空間の全教室中2位をいただくことができました!
実は一昨年も盾をいただいていたのですが、教室異動がありまして盾を載せることができませんでした。
こういった賞をいただけたことよりも、貢献できている生徒さまが多いということが、うれしい限りです。決して私一人の力でとった、というものではございませんし、生徒のみなさまの成績が文字通り全員上がっているというわけではございません。なのでこれからも精進していきます!!

↓去年の記事となります。
2020年度成績率(成績満足率)1位を取りました!&柏大津ヶ丘教室近況報告

柏大津ヶ丘教室の成績アップ情報

梅雨も明け、夏の暑さを思い知る毎日ですね。
学習空間 柏大津ヶ丘教室では、生徒の皆さんとテストの振り返りを行っております。
テスト勉強の中で足りなかったところや、成果を出せたところや、勉強時間や習慣で意識できたことなど、いろいろなことを一緒に振り返って生徒の課題に向き合い、作戦を立てています。
「勉強を通じて自分の使いこなし方を学ぶ」という目標のもと、日々指導にあたっております。

では、今回の結果をまとめていきます!

○5教科合計の部○

続きを読む