2019年 1月 の投稿一覧

あと一か月

こんにちは。
個別指導の学習空間、三島北教室、髙村です。

中学生の私立受験まで一週間をきり、私立単願の生徒も公立の生徒もいよいよラストスパートですね。
そして、おそらく公立受験をする生徒が精神的に本当にきつくなってくるのもここからです。

去年から見ていて、学校でも塾でも、約半分の友人が受験を終えた雰囲気の中で、自分は必死に勉強をしなければいけないというのは、子供にとってなかなか酷なことだなと感じます。

仮に大人である私たちでも、周りの友人や同僚が辛い仕事を終えて遊んでいる中、自分だけそこから一か月頑張り続けばければいけない環境に置かれた時、やりきれるのか自信がない気がします。
だからこそ周りの大人である私たちがどれだけサポートしていけるのかが、生徒にとって本当に重要だと思うので、その役割を塾講師として担えるよう、残り一か月頑張っていきます!

そして私の考えですが、受験というのは、私立にしろ、公立にしろ、妥協して手を抜こうと思えばいくらでもそうできるものだとも思います。
だからこそ、今一生懸命頑張っている生徒が、絶対に得をできるよう、高校でも大学でも活かせる力をつけさせてあげれるよう、色んな話をしながら、受験に向けて背中を押し続けていきたいですね。
頑張るとか努力するとか、言うほど簡単なことではありませんが、努力した経験が将来ぜったいに役に立つのだと、身をもって証明できるよう、生徒と一緒に私も頑張っていきます♪

静岡の塾なら個別指導の学習空間

受験の当日どうする?

☆個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室 千歳教室担当の辻森です!☆

いよいよ高校受験も試験本番を迎えるころになりました。

試験当日はどんなことに気を付けなければならないでしょうか?

まず前日までに、会場の下見やルート確認は可能な限りしておきましょう。

忘れ物をしない!  時間に余裕を!  心を落ち着かせて!

また、事前に天気予報をしっかりと確認し、最悪の事態を想定しておくことです。
バスが来ない・JRがとまる・車が渋滞で動かない などなど、どう対処するかは少しでも想像し話あっておきましょう。
(公共の交通機関であれば、遅延証明書というものが発行されたりします)

会場に到着し、席に座ったら、とりあえず雰囲気に慣れていきましょう。
同じ中学や高校の友人と話してリラックスすることも重要です。そして次の試験科目へと頭を切り替えていくことが必要になってきます。

国語であれば、文字を読んだり書いたりする。数学の前の時間であれば、計算練習するなどしておくと、スムーズに試験に入り込めます。
もちろん、難しいのをやる必要はありません。

終わった教科のことは、よくできても全然できなくても忘れて、切り替えましょう。
休み時間は意外と長く感じると思うので、一度席を離れたり教室を出たりして、気持ちをリセットするといいかもしれません。

試験時間が余ったら、見直しをしっかりしましょう。理科や社会で時間が余った人は、用語の漢字間違っていないか?
正しくないものを選ぶ問題なのに、正しいものを選んでいないか?

試験が終わって開放されすぎると、ケガや事故が怖いので注意してください!

みんなが自分の実力を精一杯発揮できますように!頑張れ受験生!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

カウントダウン!

b#個別指導塾の学習空間、坂戸西、北本教室の清水です??

教室にある「公立高校入試まであと○○カレンダー」
120日前からカウントダウンを始めてもう3か月、、、
生徒にも「毎年あっという間に、気づいたら30日前になってるんだよ~w」
なんて話をしていた3か月前、、、
教室の日めくりカレンダーもいよいよ「30日」の数字を切って20日台に突入しました。

坂戸西教室の生徒も北本教室の生徒も
3年生が必死になって勉強していて
そんな姿を1,2年生が見ている良い雰囲気ができています。

「全然帰らせてくれない」なんてよく言われますが、全部みんなのためです^^笑
入試までの残り数日、後悔だけはしないように取り組んでいきましょう!!

冬本番

個別指導塾の学習空間、姫路灘・飾磨西教室の谷口です!

毎年のことですが1月末からの寒さは異常ですね、、、
大寒といわれる日も過ぎ、
少し前には雪もそこそこ降りましたし
より一層冬感が強まってきました。

そんな時にはやっぱり鍋ですよね。
なので先週の直前講習が終わってから友達と加西に行ってモツ鍋を食べてきました!
寒い時期の鍋は格別だ。
追加でもたくさん頼んで
それなりに大食いな自分も大満足でした!

外気も寒いですが、先日車検もあったので財布の中も寒く、冬どころか真冬が到来しました。
1月は少し奮発しすぎた、、、
早く春(なんなら夏)が来て欲しいものだ。笑

さて、至極どうでもいい私事からスタートしましたが、
この時期は私立入試(高校も大学も)の真っただ中で、
高校の推薦入試は目の前、
国公立大学前期入試も1ヶ月を切ってきているという
怒濤の受験期間となっております。

とても大事なこの時期ではありますが、
ガス欠に陥りやすい生徒も出てきます。
学校でも言われ、親からも言われることだとは思いますが
この時期に頑張れなかったら将来的に後悔します。
最近読んだ経済学の本にも似たようなことが書いてありました。
結果が目に見えて現れるわけではない中でも
踏ん張れるかどうかが鍵を握ってますよ!

どうしてもネガティブに考えてしまうことが多くなりがちですが
毎日の学習の中で
「よっしゃ、今日は○○ができるようになったわ」
とか
「今は解けへんけど△△ができるようになったら今以上に戦えるやん、がんばろ」
的に自分自身を鼓舞することが重要ですよ!
勉強にはメンタル面も付き物です。
学力をつけることももちろん大事ですが、
メンタル面も入試に向けて鍛えたり磨いたりしていきましょう!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

センター試験の野菜君

個別指導塾の学習空間、三島南教室の齋藤です。

先々週末にセンター試験が実施され、
今年は英語のリスニングでヘンテコな野菜のキャラクターが出題されたということが話題になりました。

羽が生えた人参さんやリンゴさん、マッチョなブドウ君とキュウリ君です。
ちなみに答えは羽が生えた野菜・・・つまり人参さんだったわけですが。。。
僕の教室でも当然話題となり、
「気が抜けたっすー」とか「いらっとしたぜぇ」とか言っている生徒が多かったですが、
一番いらっとさせたのはどうやらマッチョなブドウ君が満場一致で
答えになってもいないのに少しかわいそうな気持ちになりました。

最近は青くなってCMに出ているガチャ○ンの相方の赤い雪男に似ていると思ったのは僕だけではないはず。
さて来年はどうなるのか、現高校2年生は学力と笑いの耐性をつけておきましょう。

今週末から直前講習が始まります。
私大の入試も始まり、私立高校の入試も来週に控えいよいよ勝負の時が近づいてきました。
インフルエンザが猛威を奮っています。
体調管理に気を付けて2月を乗り切ってください。
以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

球春到来!!

個別指導塾の学習空間、高崎飯塚・伊勢崎東教室の亀山です。

もうすぐ2月になりますが、2月1日と言えばプロ野球のキャンプインです。
野球ファンとしては11月でシーズンが終わってずっとうずうずしていました。

今年のオフシーズンでは有名選手のFA移籍やそれに伴う人的補償、また選手の契約更改など驚くニュースばかりでした。
中でも、昨年の甲子園大会春夏連覇をした大阪桐蔭高校の根尾選手のニュースがとても印象に残っています。

今年のシーズン開幕はまだまだ先ですが、キャンプからいろいろな選手に注目して楽しんでいきたいと思います。

今年は何試合球場に足を運んで観戦することができるのかわかりませんが、多くの試合を見に行きたいと思います♪
ちなみに昨シーズンは1試合だけでしたが...

でも、昨シーズンは念願の中日ドラゴンズの松坂大輔投手を生で見ることができたので満足です!!

これを楽しみに生徒と一緒に日々頑張っていきたいと思います。
皆さん、体調には十分気を付けてください。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

柄にもなく合格祈願

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

いよいよ受験勉強も大詰めを迎えてきました。
生徒たちも良い緊張感の中、その時に備えて日々励んでいます。

以前、尾造先生のブログで、
「勉強の不安を解消してくれるのは、勉強しかない」
という事が書かれていました。
まったくもってその通りだと思います。
私も同じ意見です。
しかしやればやるだけ不安になるという気持ちもわかります。

これも以前に「困ったときの神頼み」という私の書いたブログで、
神様や仏様は頼むものではなく、敬うものである
というお話をしたことがありました。
その時に
「私(関根)は信心深くないのであまり神頼みはしない、
 その前にまずはやるべきことをやろう。」
ということを書きました。

たしかに、何も努力することなく
ただ神に合格を祈るだけというのは如何なものかと思いますが、
教室に通ってくれている生徒たちはとても頑張っています。
私達も、持てる限りを尽くして指導にあたっています。
当然、神に祈ったところでどうにかなるというものでもありませんが、
際の際に、
プレッシャーで圧し潰されそうな藁にも縋りたい状況の中、
それをすることによって少しでも心の平穏が保てるのであれば、
私は是非それをした方がいいと思っています。
たとえ不信心であろうとも。
むしろ不信心だからこそ為せる業でしょう。

柄にもなく今年は私も学業成就・合格祈願の絵馬を書きました。
教える立場になると少し様子が変わるものですね。
普段は神頼みをしない私も、この時ばかりは神にも仏にも祈ります。
キリスト教でもイスラム教でもないけれど、
イエスにだってアッラーにだって祈ります。
トイレの神様にだってお願いしてやります。
どうかこの子たちの努力が報われますように、
神様、お願いしますっ!!
と祈りつつ、来週からは直前講習が始まります。
はやり勉強の不安に打ち勝つのは第一に勉強です!
受験生は(我々講師陣も)よりハードで濃厚な一月を過ごすでしょう。
頑張ろっと!
では、また。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

ぼそっと、チームワーーーク、だけ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

1/27日曜日から中学3年生は、直前講習会が始まりました。

しかし、今回は、直前講習会のお話ではありません。笑。

さて、息抜きに別のお話をします。

小学生のときに

道徳と社会科の宿題であったと思いますが、

『会社で必要なこと、大切にしていることは何か?』

おうちの人に聞いてきましょう。ということがありました。

当時、仕事や会社の話など大雑把にしか教えてくれず、一切話さない父親でしたので、

果たして話してくれるのか?答えてくれるのか?不安がよぎりました。

母に話すと聞いてみなさいという一言。

父が帰宅し、思いきって事情を話しました。

こんな宿題がでてるんだけど、『会社や職場で働くことで必要なこと、大切なことは何?』と聴きました。

すると、父は

間をおいて、

『チームワーク』と

一言だけ答えました。

私は、おおっと思いながらも『それだけ?他にないの?』と

聞き返しました。

すると、父は『それだけ。それがすべて』

と答えました。

他にもあったのかもしれませんが、一言でまとめられました。その一言が頻繁に思い出されます。

そして、その大切さは色々な場面で考え感じとるようになりました。

たったの一言でも

子供に与える影響は大きいと考えさせられます。

私たち講師は、日頃から生徒の皆さんへ様々な話をします。

こちらが、そこまでと思わない言葉であっても、しっかりと伝わっていたり、大きな影響力を与えている可能性があります。

これは、大人が子供たちにかける言葉も親が我が子にかける言葉でも同じであると考えます。

人生の先輩である大人であり、講師である私たちは、

どんな言葉を生徒さんにかけてあげるのがよいのか、どのような話をするのがよいのか、

その場面に応じて、極力その時に正しい相応しいと判断した言葉を選んでいきたいものです。

On the road 2019.01.23

@結果は後回しでよいではないか。残り入試まで1か月。今までで一番頑張ったと言える一か月にしよう。
札幌の塾なら個別指導の学習空間

いよいよ始まります!

個別指導の学習空間、青梅東・東村山北教室の谷中です。

1月に入って寒い日が続いていますね。夜、自転車で帰宅する際には本当に寒い・・・
手袋、マフラーを2重にしないとヤバいんですorz(高校生のCさん、手袋、買おう・・・)

そして、この寒い季節が始まったということは、いよいよ受験シーズンに突入です。
先日、私立高校の推薦入試の結果が出ました。

合格した生徒たち 本当におめでとう!
今まで頑張ってきた成果が、結果として還ってきましたね。
ただ、これがゴールではありません。もっともっと努力を続け、自分を磨いていこう!
これから受験を控えている仲間たちの応援団になってあげて下さい。

さて、今日は青梅東教室では中3生・高3生の受験生に混ざって、
中2生のみんなが模試を受けてくれました。
今現在の学力を把握するために、普段以上に奮闘する姿は新鮮でした。
これからは常に自分の「目標」との差を考えながら勉強していきましょう。
君たちの出番はすぐに来ますので・・・

最後に、生徒のみんな。体調管理には気をつけよう。
教室にアルコール消毒が置いてありますので、通塾・帰宅時には必ず使うようにして下さい。
マスクも常備してありますので、気になる生徒は申し出ること。
谷中は予防接種、2回受けましたよ?気を付け過ぎることはありません。
とにかく、暖かい服装で万全の体調を!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

受験間近!

個別指導塾の学習空間、岡崎東・豊田朝日教室の木村です。

中学三年生と高校三年生はいよいよ受験が間近となってきました。
この時期になると、思いつめてしまい勉強に身が入らなく生徒が出てきてしまいます。
しかし、思いつめてしまうというのは悪いことだけではなく、それだけ慎重に物事を考えている証拠でもあります。
かの大メジャーリーガーのイチロー選手も練習中は「自分は未熟だから誰よりも練習が必要」と思い、
本番では「必ず出来る」と自分に言い聞かせてバッターに立て恩師から教えられたそうです。
思いつけてしまっている生徒がいれば、自分は慎重に頑張れる人間だから本番では絶対受かると
思いながら、最後まで努力してみてください。
我々も全力でサポートするので、一緒に受験を乗り切っていきましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間