上尾市

漢字学習をクリエイティブに! 漢字が嫌いな生徒必見!

個別指導塾の学習空間、坂戸東 本庄南教室の望月です!

ちょっと前に、小学生が漢字ドリルを工夫する動画をyoutubeで見ました。
とても発想が面白く、単純にすごいな!と思いました。

私が感動した点は以下の通りです。
①単純作業や暗記になりがちな漢字練習にフォーカスして、学習者が学びやすいように工夫している。
②一つの漢字から様々な知識が結びつきやすい。
③忘れにくい!

論より証拠。以下youtubeに飛びます。よかったらどうぞ。

話は変わりますが、
先日自分の子供に相談されました。小4です。

漢字テストがあるんだけど、どうやったら効率的に覚えられる?

あまり漢字を覚えるのが得意ではないわが子、
試しにとその小学生が考えた漢字の暗記の仕方を伝授しました。

勉強しているさまを見ていると、本人がいろいろと考えているのがわかります。

「栄転」ってなに?どういう意味? いつ使うの?
などと質問も飛んできました。
その漢字の使い方を聞くのはいい質問ですね!

本人がもくもくと集中して取り組んでいたので、よかったように思います。

もちろんすべての学習を上記のように工夫すると時間もかかります。
1つの漢字をじっくり取り組むと勉強時間も伸びます。
時間は限られていますから、継続的に可能なのかは思案したほうが良いです。
明日漢字50問テストだ! というタイミングだと、たくさん演習したほうがいいかもしれませんね笑
最後は演習量に勝るものはないと思っています。

その学習者が取り組みやすい、成果が出しやすい方法を見つけるのが勉強の仕方だと思います。
理解することと演習することのバランスですね。
そのバランスも、学習者が自身で見つけることが勉強の仕方だと思います。

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
本庄市周辺の塾なら個別指導の学習空間

英語の問題のとらえ方。

個別指導塾の学習空間、坂戸東 本庄南教室の望月です!

英語の解き方について 
今日、生徒と一緒にやり取りがあったので題材に取り上げました。

例をあげますので、
この問題 まずは目を通してください。
*ネットに上がていたどこかの高校入試の問題のようです。
*英語が続きますが、頑張ってスクロールしてくださいね笑

My name is Akiko. I am a Japanese high school student. I came to live in America with my family two
weeks ago. One day Mother asked me about my school life. I answered that ①(I enjoyed it very much.)
But that was not true. I didn’t want Mother to worry about me.

I always said to myself, “I live in two worlds, one at home and the other at school.
At home I speak Japanese and live a happy Japanese life with my family
I feel that school is far away when I am at home.
In class at school teachers sometimes speak English so fast that I don’t understand them.
I want to talk with a friend about that, but I don’t have any friends.
Every day I wait for a student who will talk to me.”

(1)Akiko が①のように,事実に反する答えをしたのはなぜか。日本語で書きなさい。

英語の長文ですね。汗汗 
訳すことが今回の目的ではないので、いったん和訳します。
最近のGoogle和訳は秀逸ですね。 簡単に和訳できてしまいます。

和訳
私の名前はアキコです。私は日本の高校生です。私は家族2人でアメリカに住むようになりました
何週間前。ある日、母は私の学校生活について尋ねました。私は①とても楽しかったと答えました。しかし
それは真実ではありませんでした。母に心配をかけたくありませんでした。
私はいつも、「私は家と学校の 2 つの世界に住んでいます。それらはとても (    )
家では日本語を話し、家族と幸せな日本生活を送っています。 学校が遠い気がする
私が家にいるとき。学校の授業で先生が英語を話すのが早すぎてよくわからないことがあるそのことについて友達と話したいのですが、友達がいません。
毎日、話しかけてくれる生徒を待っています。

日本語にするとわかりますね。
言い換えると 日本語にしないとわからない。 内容を理解しないと解けない問題ですね。

改めて問題を見ると
(2)Akiko が①のように,事実に反する答えをしたのはなぜか。日本語で書きなさい。

答え (例)お母さんに自分のことで心配をかけたくなかったから。 

英語は、読んで、読解しないと正答率が下がるようになっています。
当たり前ですね。
今回の場合は、設問①の周りを見てもわからないですよね。。。

だから「日本語に訳す」が大切ですね。

話は変わって
今日、こんな生徒がいました。
定期テストが返ってきた生徒です。
英語がダメだったー。( ;∀;)とへこんでいました。

じゃあ解きなおしをしようということで、
英語の問題を訳してもらいました。

あれ? けっこう訳せてるじゃん。!
この問題間違っているけど、 どうしてこの解答にしたの?
と聞いても、なんとなく。。。。と生徒は返答します。

この問題、英語を訳した?

「いえ、訳していません。」

じゃあ英語の本文は読まないで、なんとなく解答したの?

「はい。。。。」

もったいないミスですよね。 ミスではないですね。。。

その生徒は一緒に指導しているときも、英語を日本語にする習慣がないので、
ミスが減らず、同じミスを繰り返すことがありました。 
もちろんその都度指導はしていましたが、、、
テスト中までは私たちは指摘できないですからね。。。

英語を解くうえで、日本語に直す。理解する。 とても大切ですよね。
勉強の仕方を改善するともっと点数取れると思います。
一生懸命頑張っている生徒ですので、ぜひ、次のテストは成績上がってほしいです!

自分で単語を覚える必要性を感じたら練習します。
和訳する必要性を感じたら自発的に和訳をするでしょう。
成績を上げるためには、自身の勉強の仕方をどう変えるのかが大切ですね!

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
本庄市周辺の塾なら個別指導の学習空間

秋!でもちょっと暑苦しい話・・・~You get to BURNING!!~

★☆★個別指導塾の学習空間、上尾西・川越南教室の坂井 尊(みこと)です!!★☆★

10月に入りました。パート2。相棒の本橋先生と同じ入りです^^

中3生はこの時期、
志望校選びが本格化してくる時期です!
教室でも「私立の◯約が~」とか、「A高校とB高校で悩んでます!」と言った生徒と話をしています。


私立高校の「個別相談会」が盛んになってきます。

個別相談は、志望校の学校の先生と話ができる貴重な機会。
最大限に利用してもらいたいと思います。(本橋先生のお話のこだまです)

実はこの相談会で必要な成績情報がとっても大事なんですが、学力調査や北辰の「偏差値」が必要になるわけですが、
模試結果を見ると、良くても悪くても焦っちゃいますよね!(-_-;)

でも模試を受ける理由が
こちらなんです。↓

絶対あきらめないこと!所詮一回の模試。現時点での自分の立ち位置を知ることが大切!!


模試の志望校の判定や第一志望者人数のうち何番中何番かを知ることで、自分の立ち位置を確認する事ができます。

但しその結果が志望校の入試とは、志望校合格とは、直接的な保証はなんにもないという事を理解しておいて下さい。

偏差値が低かった=志望校不合格では絶対ない!!!


しっかり模試直しと、分析を行い、自分の得意、不得意を把握し、成功は自信に(過信はダメヨ)。失敗は次の成長の糧に!!

気持ちを繋げて一緒に乗り越えていきましょう。スランプは誰にでもあります。そこを乗り越えてこそ、本番の試験への準備に繋がるんです。

まだ終わってない!!!自分で終わらせるな。


次は期末テストです。しっかり切り替えてまた走りだしましょう!!

悩みを抱え込んでいるだけでは何も進みません。

ちょっとしたきっかけで未来って変わっていきます。

私は受験相談がその「ちょっとしたきっかけ」になれればと思っております。

いつでも教室でお待ちしております!! 

埼玉県の講師ブログページ

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

限界効用逓減の法則

個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア桶川東&本庄南教室の五味です!

久しぶりにブログの投稿となるのですが、勉強や学習といったことについてあまり触れたことがない気がするので、今回はそのあたりのことについて書いてみようと思います。一応、塾の先生をやらせていただいているので…。

タイトルにある限界効用逓減の法則ですが、経済学用語で「ある財の消費を増やしていくと、限界効用は次第に小さくなっていく」というものです。
例として、よくビールのおいしさなどで説明されていて、「のどが渇いた後とか仕事をした後とかの冷えたビールは最高においしいが、一口目、二口目、一杯目、二杯目と飲むにしたがってそのおいしさは減っていく。」ということです。
もっとも私は、お酒全般が飲めないのでピンと来ないのですが…。

で、この法則は、あらゆる物事において当てはまるらしく、勉強においても同じことが言えるようです。
つまり、「たくさん勉強しているのにあまり成績が上がらない。」といった感じですね。

普段、勉強していなかった生徒が、塾に通いだして勉強したら5教科で50点上がったけど、同じように勉強していたら次はあまり変わらなかったというのは、度々あることだと思います。
勉強において言えば、「勉強する時間」というのが「ある財の消費」にあたり、「限界効用」というのが「成績の伸び」ということになるのでしょうかね。
これは、経験上理解できることであり、例えば同じ20点あげるにしても、30点から50点にするよりも80点から100点にするほうが難しいだろうということです。

そうすると、勉強をしていてもいずれは、成績が頭打ちになってしまうことになりモチベーションが下がってしまうということになるわけですが、ここで大事なのは、そのような状況になったときに打破するための方策ということになります。
一般的には「変化」を加えるということが良いとされています。勉強でいえば、「今まで英単語中心に暗記をしてきたから文法も併せて取り組む」とか「基礎ばかり重ねてきたから応用問題に着手する」とか「家で勉強していたけど図書館へ行ってみる」
とか「塾を変えてみる(学習空間に通っている方にはお勧めできませんが(笑))」とか、努力する方向性や内容を変えるということですね。

しかしながら、個人的には「続ける」ということが最も大事なのではないかと思っています。
先にも書きましたが、勉強をしていてもいずれは、「成績の伸び」には限界が来ます。でも、逆に考えれば、「成績が伸びた」ということは成果が出たということであり、その努力は間違っていないということにもなります。
「勉強時間」をしっかりとっていてもその努力は、いずれ限界効用に達して、成績が伸び悩むというのは大半の人における事実だと思います。その一方で「継続は力なり」という言葉もあります。「続けていくこと」が着実に自分の力として
身についていくということになります。

そうなると、今度は勉強ってつまらないから飽きちゃうので、「続ける」ためには「最善の方法ってありますか?」ってことになるわけですが、それはまた今度考えてみたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

夏期講習お疲れ様でしたー(^^)/

個別指導塾の学習空間、本庄南 坂戸東教室の望月です!

この夏 夏期講習を多くの生徒が熱心に取り組んでくれましたー(^^)/
夏期講習は生徒に合わせてメニューを立てています。
小学生なら前学年や1学期の復習。
中学生でも小学生の復習を行ったりします。
小学生の時には苦手だった単元も中学生になったらできることって多いと思っています。
子供の時は分からなかったけど、大人になってわかってきた! と同じですね。

一例ですが算数なら 小学5年生で習う「割合」や「速さ」などなど。
 あいまいな状態の生徒が結構多く見受けられます。 
(500点中400点以上取る中学生でも実はあいまい。。。。なんてこともちらほら。)

小学5年生以上の単元はそれまでの知識を活用することを目的としていますので、
なぜ掛け算をするのか、なぜ割り算をするのかを理解しているかが問われます。
単純的な計算とは異なりますので、つまづく生徒さんが多い傾向です。

中学1年生でも文字を使った割合や速さなどを習得します。
小学生の単元がわからないのに、
文字が混じった中学生の単元ができるようになるのは困難です。
もちろん単純的にパーセントは100で割って掛け算すればいいじゃん。
なんて暗記してしまっても部分的には正解することも可能ですが、、
太刀打ちできない問題も出てきてしまいます。

だったら小学生の単元を自身で納得して活用できるような状態にする方がよいのでは?
そのうえで中学生の単元を取り組んだ方が定着も高まるはずです。
なにより、中学3年生になったら受験で再度復習します苦笑い。

理解すること もちろん定着するために演習を重ねること。
両方とも大切ですね(^^)/

その問題、1か月後にできますか? 生徒に問いかけることがあります。
意味不明な公式はすぐに忘れてしまうのは大人も同じです。
反対に、印象深いことは忘れないというのは定説のようです。

1か月後に忘れないようにするには、
確実な理解と演習を適切に行う学習が求められます。

勉強でお困りの際はぜひとも最寄りの学習空間へ!
きっと皆さんが納得できる勉強の仕方を情熱あふれる講師たちが指導いたします。

このブログを閲覧している保護者様へ
勉強にもう遅いはございません。
「お子様のできるようになりたい」という純粋な気持ちが湧いているその瞬間を大切に!
いつでも無料体験のご案内をいたします!

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

情報格差って、大問題?

個別指導の学習空間(埼玉西武エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。


早い学校は2学期が始まりましたね。

2学期は、学習内容の難易度がグンと上がります。
毎日の学習習慣を大切にしていきましょう。



さて先週、
生徒さんの模試の採点をしていました。

その作文の添削で思うところがありましたので、
少し語らせてもらいます。

というか、
私からは「作文ネタ」これで3回目の投稿。
完全に作文おじさんと化しています。
しつこくてすみません。


以下は、
その模試の時の中3生の作文です。

※お題は、
【高齢者はインターネットを使う機会が少なく、若い人との間で情報格差が生じている(資料あり)。
この資料を元に、あなたの意見を述べなさい】

というものでした。



以下抜粋。一部変更あり。

私はこの資料から、
高齢者と若者の(情報)格差が大きいことを読み取りました。

私は、新聞を読むと(インターネット情報より)わかりやすいと感じる時があります。
情報が届く速さに問題があるだけだと思います。

「わかりやすい」と思ったり「知りたい内容」というのは、
世代によっても人によっても、それぞれです。

情報格差が生まれるのは、仕方ないことだと思います。


他の多くの子は、
情報格差の是正について意見を述べてました。

■若い人が、もっと高齢者にスマホの使い方を教えるべきだ

■高齢者のためのパソコン教室をもっと開くべきだ




そんな中、
「情報格差は、たいした問題ではない」
という意見です。

「知りたい情報は個人それぞれだし、何の媒体が見てわかりすいかも、人それぞれ。

情報伝達のスピードなんぞ、たいした問題ではない」

て主張ですね。

これには少しハッとしました。

常識として、
高齢者に情報格差が生まれるのは、
「問題である」と思っていたからですね。

■最近は新聞なんぞ、
ほぼ高齢者しか読んでないのでは?

■ネット情報は速くて便利で最強。



いかに偏った考え方だけに陥ってたか。
少し考えさせられた瞬間でした。

もちろん、
災害時などは情報伝達スピードは重要にはなる。
そういった案件はあるものの。



生徒さんからも、
日々学ばせてもらっております。




以上
ありがとうございました。

埼玉県の講師ブログページ

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

「なので」は使っちゃダメなので。

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。



夏休みも終盤ですね。

教室の夏期講習も、残りあと少しです。



今年の夏期講習も
生徒さんの作文指導に力をいれました。

作文指導の大切さについては、
前にも語りました。

作文特訓


また今回もしつこく作文ネタですが、
それだけ大事だと思っているからです。

自分の頭で考えたことを、文章にする。
最強の「アウトプット練習」ですからね。



今回は、
その作文指導(高校受験対策)で
特に気になったこと

記しておきます。

次の2つですね。


・「なので」を文頭に使ってしまう子が多い。
・「あとで後悔する」を使いがち。



多くの生徒さん、
「なので」を使いたがりますね。


「私は、〇〇だと思います。
なので、私は△△に賛成です。」

こんな感じですかね。



覚えておいてくださいね。

「なので」という接続詞は存在しない。
そのため、文頭(文の最初)には使えない。


最適な接続詞は、
「そのため」「だから」ですね。

厳密に言うと
「なので」は「断定の助動詞+接続助詞」。

文の途中で使うことばです。



…なんのこっちゃわからないと思いますので、
例文で。


「来年私は受験生なので、学習時間を増やしたいです。」

↑この使い方なら、OK。



文の最初に使うのはダメ。
ってことですね。




続いて、
「あとで後悔する」
という表現ですね。


「あとで後悔しないように、
〇〇を頑張っていきたいです。」

みたいな感じですかね。



「後悔する」の意味は、

後(あと)で悔(く)やむこと

です。


なので…いや、そのため、

「後で後悔する」にしちゃうと、
「後で後で悔やむ」という意味の「重複表現」になります。

「頭痛が痛い」とかと同じ誤用ですね。




以上です。

細かくてうるさいかも知れませんが、
生徒さんの書いた作文に対しては、
必ず良い所を褒めちぎった後に、
指摘をするようにしております。



一生懸命書いた作文。
いきなりダメ出しからされたら、
もう書きたくなくなりますよね。


以上、ありがとうございました。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

怖いものは大人になっても本当に怖いんです!!part2 ~うそだと言ってよ ○-ニィ~

★☆★個別指導塾の学習空間、上尾西・川越南教室の坂井 尊(みこと)です!!★☆★
Ciao!!(チャオ!!)皆さん。
セリエA!開幕!!Forza Miran!! 学習空間もお盆があけまして、夏休みラストスパートですね。

埼玉の先生もガンダムにラプトルに、吹奏楽に大忙しでした。本橋先生からも「面白いブログをお願いいたします!」と言われましたので、
副題は内藤先生にあやかってガンダムネタにしてみました。
塾がお休みだからって、勉強してないってことないですよね~~????(ジト・・(-.-)

というわけ(どういうわけ?)ですが、私、坂井家ご一行で埼玉秩父に行ってきました。(以下閲覧注意です。)

あるところの温泉に入りたくて、車を飛ばしていたところ、途端に

私「あれ?空気が違うぞ?重たく感じるようになった」
妻「ここ・・・行きたくなー、なんか気分が悪い」

と言いながら、モノノ怪の類とか「首無し武者」と仲良しにはなりたくありませんでしたから、さっと引き返し、別の温泉地を目指しました。(いい湯です!ぜひともお立ち寄りください。)
下のリンク先は梵の湯さんです!!

ホーム


あとで調べましたが、もともと、平将門公の后・桔梗姫と侍女など99名の霊を祀る神社が近くにあったり、下を流れる川が血で真っ赤になったと伝えられ、大血川という川が流れていたり
と伝説や伝承が伝えられている場所の近くを通っていたのでした。

家に帰って、「2014年の八王子トンネル事件と同じじゃん!!」と夫婦でビクビク・・・・

写真を撮ったのですが、一切スマホで閲覧ができず・・・なんで???(;^_^A
ちゃんと押したよ!!撮れたはずだよ!!!うそだと言ってよ!!!!!〇ァァ〇ィィ!!!
もう戦わなくていいんだよ~将門さーん。(´;ω;`)時代はもう1千年の時を超えているんですよぉ・・・(´Д⊂グスン

いやー怖いものは年を重ねたところで、克服できません。恋愛・勉強・キムチ。何でもそうですね。

でも慣れちゃえばあまり気にしなくなりますよ☆~☆ それも自然と。

しかし、近辺は決して不気味なだけの場所ではありません。動物も人も生活を営んでいます。

緑が多く、ハイキングや散策で訪れるにはちょうどよい場所です。(私、個人的はちょっと・・・思えませんがww)

自然の中でリフレッシュし、マイナスイオンに包まれながら、コロナに振り回されない自然の風景を見て、
そして、先人たちのパワーを吸収する。
これが歴史に関わる心霊スポットの正しい訪ね方であると私は思います!!決して興味本位で行ってはいけません!!

先人たちを祀る碑や史跡には心の中で冥福を祈り、歴史の流れに思いを馳せる。なぜ歴史を学ぶのか。、今、そして未来の世代に伝え続けなければならないことがあるからさっ!!^^

また、その地元の伝承を嘘だ!デタラメだ!!などとも、言ってはいけません。それこそ、嘘と言える根拠もないのですから。

でも将門さんのお力はほんとに凄まじかったんだなぁ・・・・・シミジミ

歴史について学びながら、諸国を行脚する。そんなフィクションの世界の水戸黄門様のような人生を私も老後に送りたいと思います。まだ40手前だけどww

我々が近くを通ったのは、この辺り。↓
https://www.google.com/maps/place/%E4%B9%9D%E5%8D%81%E4%B9%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.9244812,138.967667,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xad3ae76082154581!8m2!3d35.9243086!4d138.9673595

いやー歴史ってほんとうに面白い(コワイ)ですね。夏らしい体験でした~

では、また明日^^ 2022/8/15


P.S帰り道 息子が何とはなしにカメラで撮ったらしい・・・・ なぜに????

★大作のフィナーレ!!文句なし★

こんにちは☆
個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア・北本教室、桶川西教室の山田です!

みなさんお盆休みに入りましたね★
夏休みの真ん中、少しリフレッシュしてゆっくりしてください。

ここ最近は映画の、特に「ジュラシック・パーク」シリーズのお話しをしていましたが、
今回も!!というか映画話シリーズラストです。
そして、早速見てきました!!

「ジュラシックワールド・新たなる支配者!!」

シリーズ初公開から30年に渡る大作のラストに申し分ないスケールと、今までのシリーズを見ていた人にも
おっと思わせるようなシーンがたくさんあり、見応え十分でした★

まだ見ていない人に、ネタばれになってはいけないのであまり詳しい内容は書きませんが、
恐竜に限らず、種の共存、環境への適応・配慮など
映画では恐竜と人間の関係ではありますが、
現代を生きる私たちへの問いかけ、メッセージが含まれているように感じました。

~PS~

<より楽しく映画を見るための小話>
ジュラシックパークシリーズでは、恐竜の自然繁殖を防ぐために、
遺伝子操作によってメスの個体だけしか生息していない
という設定になっています。
しかし、物語の愛され恐竜、<ヴェロキラプトル>のブルーには小さな子が誕生しています!!
いったいなぜでしょう????

ヒント・キーワードは
「単為生殖」

中学の理科の授業でも、有性生殖・無性生殖とやりますよね!!
では単為生殖とは!?
映画の中でも登場しますが、前もって調べて勉強してから映画を見たらきっともっと面白くなるはず!!

まだ見に行っていない人はぜひ行ってみて下さいね★
映画話題シリーズはいったん終わりです。
次回からはまた違う話題でお会いしましょう。
それでは、本日の投稿はこのへんで☆
皆さん、次回のブログでまた会いましょう
☆See you next time☆

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

夏期講習折り返し地点通過!~行け!生徒たち!今は耐えるのだ。生きてこそ得る事の出来る、真の栄光(合格)をこの手に掴むその日まで!~

★☆★個別指導塾の学習空間、上尾西・川越南教室の坂井 尊(みこと)です!!★☆★
夏休みが始まって、あっという間に2週間が経過しました。

相棒の本橋先生も先日ブログにて「夏期講習」について話をなさっていましたね。
私の教室では、7月下旬から今回「夏休みの宿題サポート」を実施しておりました。
「チョーめんどくさい読書感想文って何をどーやって書けばいいの?」とか、
「今は遊んでおいて、夏休みの宿題をまとめてギリギリになってやればいいや!」
と、考えている生徒を「育てる」ために

「いつまでに」「何を」「どのくらい」「この期間で」やってしまおう!!


という形で教室内で多くの生徒が夏休みの宿題を一つ一つ集中して、取り組んでおりました。
そろそろ、宿題も終わってきた生徒もチラホラ・・・
「ふふふ・・・そんなYouたちにはお盆明けから予習が待っているのですよ~」^^v
さらに中学3年生は受験が控えています。今後は北辰テストもただ受けるだけではなく、
先生から

「ココが得点源だ!」「この計算は次回は出来るようにしよう!」「実験結果や歴史的意義を記述できるように作文練習だ!」

といったフィードバックを受けて「解き直し」も実施していきます。

もうすぐお盆休みですが、教室で学んだ勉強の仕方を家でも同じようにできるように、「お土産」も用意しているので、ガンバッテ!中3の諸君。

さて、個人的には本日の指導後に非常にショックなニュースが舞い込んできました。

アニメ『ルパン三世』の次元大介の声を50年間担当されていた、小林清志氏がご逝去されました。

私は次元大介よりも『機動戦士ガンダム0083』のデギーユ・デラーズの方から小林氏を追いかけていました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

作中でのアナベル・ガトーとデギーユの関係性や、次元の声をガトー役であった大塚明夫氏が引き継がれたことも何かの縁(えにし)なのでしょうか。

私もこの教育業界に入ろうと思ったきっかけも亡き師匠の想いを引き継いだようなものです。

私の師匠とは私が高校1年生の時に出会った社会の高校教師です。学年主任であった彼の現代社会の授業はとても聞きやすく、説明がコンパクト。さらに、「君たちが今後出ていく社会は今より大変だ!」
といつも笑いながら、授業中、3回は話してくれました。そんな師匠と大学の進路を決める折、面談で「坂井の名前は良い名だな。大切にしなさい。名前を活かせる仕事に就けるといいな。」とお褒めいただきました。
そこからです。「物事を正しく判断し、分別できる大人になりたい。」「自分と出会った子が一つでも前の自分より、プラスの人生になるようにサポートしたい。」と思ったのは。

そんな師匠と別れて18年。 師匠の背中を追いかけて、数千人の生徒や、数千組のご家庭と出会い、別れ、再会し、喜び、泣き、謝り、叱り、早15年。静岡を飛び出して来年で10年。
人間五十年と言いますが、まだ道半ばです。生徒と一緒に頑張りますよ!!!! 師匠。まだそっちにはいきません。^^

いかんいかん!!(;´Д`)なんか湿っぽくなってきたぞ。これではいけませんね。とにかく出会いもあれば別れもある。いつか来るもんなんだから
今を悔いなく、楽しく、明るく、一緒に夏を乗り越えましょう!夏休みもあと半分です。しっかり皆さんついてきてくださいね!!!!!

そして、「儂の屍を踏み越えて!」「良い大人になるんだな。」 (元ネタわかったら同志ですww)

それでは、また明日。教室で。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

上尾市周辺の塾なら個別指導の学習空間

川越市周辺の塾なら個別指導の学習空間