埼玉

第2の家 学習空間(`・ω・´)

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
坂戸西教室&学プラの桑折(こおり) 義人です!

最近門限を破っているのがばれて、望月先生に「はい、よっしーアウト―!!!」と笑われながら注意された&各種データの更新時間が深夜~早朝なのが生徒にバレて爆笑されました、毎度おなじみ桑折です!! 今日は門限前に更新して見せます!!(?) → ブログ機能を使いこなせず、無念の門限撃破

そういえば社内で毎月1つだけ選ばれるブログに僕の書いた
結果を出している生徒の特徴(´-ω-`)
を選んでいただくことができました! 非常にありがたいお話しです……
お時間のある方はこちらも読んでいただけると嬉しいです!

さて、では本題へ!笑
タイトルに書いた 「第2の家 学習空間」ですが、これは僕が学習空間に来たばかりのころからずっと考えている、こんな教室にしたい!といった気持ちをストレートに表したものになります٩( ‘’ω’’ )و
通っている生徒はもちろん、卒業した後や社会人になった後も、「帰ってきた」と思えるくらい温かな空間にしたいと思っています。
ちょっと大げさな表現ですかね笑
つい先日生徒に「先生教室に住んでるくらいいませんか?笑」と言われ、「まぁ第2の家みたいなものだからな!だからみんなは息子や娘みたいな存在だと思っているぞ??彼女出来たら報告しろよ~??」なんて会話をしました笑

普段の僕はいつもニコニコしていて(?)、冗談っぽい優し気な(?)雰囲気であふれていると思いますが、内側では生徒ひとりひとりと全力で向きあい、少しでも成長する助けになりたいと思っています。
だからこそあえて厳しいことを言うときもありますし、間違ったやり方を違うと心から認識してもらうために変に否定せず、約束をしてまずやらせてみたり、統一された指導ではなくそれぞれに異なった接し方をしています。

そうやって自分なりに全力で向きあっていくと、生徒たちが卒業するときは嬉しくもあり寂しくもありますね。だからたまに卒業生の子達が顔を出してくれるとたまらなく嬉しかったりします。笑

公立高校入試まで残り2ヵ月と少し、きっとまたあっという間なんだろうなぁなんて感じて、すでに少し寂しさを感じていますが、みんなを笑顔で卒業させるためにも、残りの期間心を鬼にしてビシバシ指導していこうと思います!

第2の家、とまではいかなくても、生徒たちに「ここは自分の居場所なんだ」と心から思ってもらえるように、これからも頑張っていこうと思います(/・ω・)/

なんだか今月最後の投稿みたいな文章になってしまいましたね笑
そんなことはなく、今年の残りの期間もまだまだ出現します~(∩´∀`)∩笑
それでは!坂戸西教室のInstagramフォローお待ちしております!笑

あ、坂戸西教室の成績アップ情報続編も載せておきますね!生徒たちの頑張りを自慢させてください!笑
Instagramにも投稿しましたが(´-ω-`)笑

null

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

坂戸西教室のInstagramはこちら

食パンのおいしさがえげつない

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
坂戸西教室&学プラの桑折(こおり) 義人です!

12月に入ってからもう4回目くらいの出現になりますね!!!連休期間用にブログの書き溜め&予約もしておこうか画策中の毎度おなじみ桑折です!

最近ベルトの一番きつめの穴でさえ少し緩い、ガリガリになってきた桑折ですが(それでも小学生にふくよか扱いされるのはなぜ…)、食欲がなかなかわかず、どうしようか困りながらプリッツサラダ味をむさぼる毎日でした。
しかし最近、プリッツサラダ味以外にもおいしいと思えるものが爆誕したのです!
それが「食パン」です!!!!!

きっかけは家庭教師で訪れているとあるご家庭のお母さまがパン大好きな方で、たびたびおすすめの食パンを頂くことでした。
美味しいパン屋さんの食パンってすごいですね……
パン屋さんに行くことがほとんどなかった自分はこの年になるまで気付いていませんでした。
スーパーで超熟を買うことが食パンの最高峰だと思っていたくらい、世界を知りませんでした。

パン屋さんによって違いはありますが、白い部分のモチモチ感、ほんのりとした甘さ、舌触りの良さ、そして程よく硬くて歯ごたえがアクセントになる耳の部分。
トーストにしたりマーガリンやジャムの力なんて必要なく、そのままで美味しい。いやむしろそのままが一番おいしいと言っても過言ではないと思っています。

これがプロの技か、と……
僕は感銘を受けました。
学習塾とパン屋さん、道は違えど同じプロ同士。
僕もこんな風にかかわってくれた生徒全員を成長させられるような、「この塾なら!」「この先生なら!」と地域の方々に思っていただけるようなプロになっていきたいと思いながら食パンを食べ続けています(`・ω・´)

ところで、パンは太りやすいって聞いたことありませんか?
食べられている量はそんなに変わっていないはずですが、食パンに出会えたことで体重の減少がいったんストップしました!

同じものばかり食べていると上司の皆様、友人、生徒たちに怒られてしまうので、ほどほどにできるよう頑張ります(;´・ω・)笑

ではでは、また割と早めに出現します~(∩´∀`)∩笑
坂戸西教室のInstagramフォローお待ちしております!笑

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

坂戸西教室のInstagramはこちら

ざっくりしたものでOK!計画を立てていこう(`・ω・´)

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
坂戸西教室&学プラの桑折(こおり) 義人です!

先月はどうやら平均週2回投稿。毎度おなじみというにはまだ甘いなと感じた桑折です(;´・ω・)
少しずつ成長を、ということで今月の目標は3日に1回の出現です笑

坂戸西教室の皆さんはご存知の通り、なかなか休もうとしないのが僕なのですが、12/18~の連休はさすがに少しは仕事をしない時間をつくろうかと思っています。
生徒に「メリハリが大切だぞ!」と言っている身ですからね……
受験も近いのに休んでいいのか葛藤しますが、少しだけ休息を頂きます(´・ω・`)

自分の性格上、前もって何をするのか決めておかないと多分仕事するか寝てるかの2択なので、少し故郷に帰ってみようかなと思います。
何をするわけでもないですが、小さい頃の自分が育った街をみてまわるのもおもしろそうだな、と。
そして別日にはお豆腐を食べに連れて行ってもらいます!
お豆腐の定食ってどんなのだろう?と想像を膨らませながら!行ったらまたご報告しますね!笑

計画って、立てておくとその日がスムーズに動ける以外にもメリットがあるんですよね。
この日はこれがあるから、ここまでは大変だけど頑張ってみよう! といった感じに前向きに考えるきっかけになるとも僕は思っています。

受験生の皆さん、今は本当に勉強が大変ですよね。
頑張っても頑張っても、範囲も広く習う内容もどんどん難しくなり、周りも頑張っているからなかなか成績が上がらず、モチベーションの管理もうまくいかない。
そういった負の連鎖は多くの受験生が感じていることであり、多くの大人が通ってきた道でもあります。

まだInstagramを始めたばかりのころにそちらで投稿したのですが、1.01と0.99の法則(詳しくは坂戸西教室のInstagramをチェック!)というものがあります。
そろそろ今日の勉強は終わりでいいかな…
そう思った時、「いや、もうひと頑張りしてみよう!」と思えるかどうかがこの先気付けばとてつもない差になってきます。
そのもうひと頑張りのために大切なのが「計画」なのでは?と思うのですよ。

日々の細かなものとしては
今日はこれをやろう(計画)→それ以上に頑張れば想定以上の力と自信になります。

長い目で見るものとしては
受験が終わったらこれをやろう(計画)→受験という壁を突破し、思いっきり楽しむためにさらに頑張れます。

当たり前で単純な話に聞こえると思います。けれど、当たり前なことを当たり前にやることほど意外と難しいんですよ。
そして、入試で打ち勝つのは当たり前を全うした子達。これは大人になっても変わりません。

今は何をやるべきなのか、やりたいことがあるのなら、何をしたら・いつになったらやるのか、自分なりにしっかり計画を立てながら日々精進していきましょう!

成績を上げるための計画は先生たちに任せてください。
目標→計画→実行
もうこの時期にもなると受験生は目標ができていると思います。
計画・実行が本当に大事になるこの時期。一緒に走り抜けていきましょう(; ・`д・´)!!

ではでは、また近い内に~(∩´∀`)∩笑
坂戸西教室のInstagramフォローお待ちしております!笑
本当に! 他の地域の方も是非!
坂戸西教室を見てください~!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

坂戸西教室のInstagramはこちら

ジャイアントキリング(Giant Killing)

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。

ジャイアントキリング
(Giant Killing)

スポーツの試合などで、
明らかに格上の相手から勝利をもぎ取る、
いわゆる「大番狂わせ」を意味する表現。


サッカーのワールドカップ、
日本の戦いが終わりましたね。

またしても、
ベスト8への厚すぎる壁は破れませんでした。


ただ
ドイツとスペインを破るという、
まさかのジャイアントキリング(番狂わせ)を成し遂げました。

これが、どれだけすごいのか。
サッカーに興味が無い方にとっては、
想像もつかないですよね。
それ以前に、どうでもよい的な。

例えると、
弟子が師匠に勝つ。

ちょっと大げさかも知れませんが、
20年以上ワールドカップを見てきた身としては、
そんな感覚です。

ヨーロッパとアジアの実力格差。
昔は、それぐらいの差がありました。

明らかに
その差は縮まってますね。
特に、技術力。


個人個人の能力は相手に劣っても、
組織的に戦えば勝つ可能性がある。

あらためて、
そんなことも再認識しました。

チームスポーツはそこが面白いですよね。





さてさて、
受験生は受験が近づいてきました。

冬は実戦レベルの問題演習に突入していきます。
今まで蓄えた知識を活用する、アウトプットの期間です。

その中で、
志望校の過去問も演習していきます。

その「過去問の取り組み方」に関し、
昨年ブログで書いたので貼っておきます。↓

ぜひ、
間違った使い方をしないよう、
過去問を最大限に利用してくださいね。


それでは良いお年を〜。
※いい加減、もう今年はブログ書かないぞ!

過去問の正しい使い方

埼玉県の講師ブログページ

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

髪の毛切って心機一転(∩´∀`)∩

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
坂戸西教室&学プラの桑折(こおり) 義人です!

最近(自分的には)かなり短髪になりました!毎度おなじみ桑折です!

さすがに長すぎてもさもさするし、風呂上がりのドライヤーは大変だし、毎回なんとかボリュームを抑えながらのセットも大変になってきたなぁ……なんて思っていたら、どうやら4か月ぶりの散髪だったようで笑
美容師の方に、「7月来てくれた時から切ってないの!?」と驚かれました笑
しかしさすがはプロ。「あ、でも前髪は自分で切ってるでしょ」とバレました。笑

生徒達からも「イメチェンですか!?」といった声はかけてもらえましたが、誉め言葉が全然なかったのはどういうことでしょう……
坂戸東・本庄南教室の望月先生からは「よっしー髪切った!?前とか上の方かなり切り残しあるじゃん!バリカン貸そうか??」と言われたり、、、

しかしいいこともあるもので、お風呂がとても楽になりました笑
シャンプー少なくて済むし!タオルだけでかなり水分とれるし!ドライヤーが一瞬!

卒業生たちは知っての通り、ここから合格発表までは願掛けで髪を切ることなく過ごすと思うので、入試が終わるころにはまたふさふさになってます(`・ω・´)笑

結構願掛けとかするタイプなんですよ桑折
何事も、やれるだけ準備しきったらもう後は祈るしかないですからね!
皆合格!ってことで3759円お賽銭箱に同僚と入れに行って祈っていた日もありました。
iPhoneのパスワードも3759でした昔笑

後は祈るだけ!というのはまだまだ先の話なので、今はとにかくしっかり準備していきましょう!
中3生の皆さん、今日の北辰テストお疲れ様でした!
返却されたら一緒に反省会実施して、冬期講習や直前講習で仕上げに入っていきましょうね。

以上、乾燥と面談でのどがガラガラの桑折でした笑

ではでは、また近い内に~(∩´∀`)∩笑
坂戸西教室のInstagramフォローお待ちしております!笑

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

坂戸西教室のInstagramはこちら

年の瀬が近づいてきましたね!

個別指導塾の学習空間、埼玉中部エリア
浦和大東教室・大宮宮原教室の小林です。

今年も残り1か月をきりましたね!

年の瀬が近づいてくると、特に1年何だか早かったな、と毎年思っています。
今年はどんな年だったのか、来年はどんな年になるのかな、なんて思いながら
年末の何ともいえない雰囲気が好きです。

朝晩はだいぶ冷え込む日も出てきたので、皆様体調にはお気をつけ下さいね。

そして、明日はワールドカップ決勝トーナメントの日本対クロアチア戦。
にわかファンですが、だいぶ楽しみです。ベスト16の壁を越えてほしいですね!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

成績アップ速報坂戸西教室Ver

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
坂戸西教室&学プラの桑折(こおり) 義人です!

毎度おなじみ桑折です!ちょっと嬉しい気味の桑折です!笑

何が嬉しいか。それは、書ききれないほどの成績アップが既に挙がっていることです!!!
坂戸西教室のInstagramには載せましたが、一部抜粋して編集してみました。
本当は全員の成績アップを載せたいところですが、今回はInstagramから引用した編集画像だけ載せさせていただきます(`・ω・´)

他にも初めて5教科400点を越えることができた生徒や、苦手科目で前回より30点以上上がった生徒もいたりと、みんな本当によく頑張ってくれました。

中間テストから期末テストは準備期間が少ないにもかかわらず、しっかり点数を上げられたのはみんなが普段から頑張ってくれている証だと思います。

中にはあまり変わらなかったり、少し下がってしまった生徒ももちろんいます。
ただ、その生徒達とはどこが悪かったのか、一緒に反省し、対策を練り、実践に移しています。そういった前向きな姿勢を持って学習に取り組めるところも素晴らしいなと、毎日褒めが止まりません笑

勉強が好きで通ってくれている生徒さんは正直あまりいませんが、頑張ろうと思って通ってくれている生徒さんが大勢います。
そんな生徒たちの力に少しでもなれていたらいいなと思いながら、力になるぞと気合を入れながら、今後もより一層頑張っていこうと思います!

もうすこししたらある保護者面談ではみんなの良いところをたくさん伝えていけたらなぁ。と思いながら、しつこく面談させてくださいー!とLINEを送信してしまっています。申し訳ございません……(;´・ω・)

それでは本当にごく一部の紹介ですが、まとめた画像にてご紹介させていただきます!

 

ではでは、また近い内に~(∩´∀`)∩笑
坂戸西教室のInstagramフォローお待ちしております!笑
Instagramの方では毎回しっかりとアップ情報を更新していきたいと思います!
してなかったら言ってください!笑

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

坂戸西教室のInstagramはこちら

なんで英語を勉強しなきゃいけないの?

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。

たぶん
私からは今年のブログ納めなので、
最後は英語について好き放題語り、
終わりにしたいと思います。
(年末にもう1回投稿するかも)

主に
英語を学ぶ理由、学ぶ意味について。
偏見に満ちた持論を語っています。



英語を勉強する理由


生徒さんに
「英語大好き」と言うと、
皆さんこれ以上ないくらい、引きます。

恐らく、
「ゴキブリ大好き」と言ったら、
同じリアクションをすると思います。


英語が苦手な子、嫌いな子。
とても多いですよね。

その理由は
やりたくもないのに、やらされてるから。

根底はこれなのですが…

実は密かに
「英語って、高校からは選択科目にしてもいいのでは?」
そう思ってたりもします。


そもそも、
英語を勉強しなきゃいけない理由って、
なんでしょうか。

■19世紀にイギリスが世界最強だったから

■日本の将来のため

まともに答えると、
この2つになっちゃいます。



19世紀に世界の覇権を握ったのは、
イギリスでした。

真っ先に産業革命に成功したイギリスは、
世界に進出。
圧倒的な軍事力で世界中に植民地を広げ、
世界の覇権を握りました。

20世紀に覇権を獲ったアメリカも、
元々はイギリス人が建てた国ですね。

現代において、
イギリス人の話す「英語」が
「世界の共通語」とされていること。

こういった歴史が絡んでいます。









もう一つの理由は、
「日本の将来のため」

現代では、
「国の強さ=経済力」ですよね。

国が経済力を高める方法。
これまでは、大きくは2つでした。

■植民地政策で儲ける。

■工業国になって儲ける。

植民地政策は、
現代では現実的じゃないですよね。

だから、
先進国になれるかどうかは
「工業国になれるかどうか」だったんですね。

アジアやアフリカの多くの発展途上国は、
今でも農業国です。


日本は、
高性能の車や家電などを作り、
世界に売ってきた先進国(先進工業国)です。

日本の国力(経済力)を維持するには、
日本製品を世界に売り続けないといけない。

日本国内は将来、人口が減っていく。
だからなおさら、
海外をマーケットにしてかないといけない。

同時に、
海外で活躍する優秀な人材も必要。

当然、英語って必要だよね!
(by 文部科学省)

という状況ですね。


ただし、
工業国=先進国という考え方は、
もう古いかも知れませんね。

グローバル化・情報技術の進歩により、
工業製品(の輸出)こそが国を豊かにするという考え方も、
もう時代遅れかも知れません…。


…と、
英語を学ぶ理由を知ったところで、
嫌いなものは嫌いですよね。



なぜ文法を学ぶの?


子供が英語嫌いになる、
大きな要因があります。

文法

…です。

中1になると、
いきなり英文法をガンガンやらされます。
文法地獄です。

これについていけない子が、
どんどん英語を嫌いになっていきます。



ではなぜ、
こんなに文法をやるんでしょうか?


それは、

短期間で他言語を習得するには、文法を攻略すると最速だから

です。

他国の言葉を習得する場合、
海外留学を数年しちゃえば、ある程度習得できますよね。

しかし
少ない時間での習得となると、
「文法を理解する」。
これが最速の方法なのです。



無理やり例えると、
文法=シャーペンの構造。

シャーペンの構造を知らない人は、
バラバラに分解されたシャーペンは
なかなか組み立てられないですよね。

それと同じで
他言語をマスターするには、構造(文法)を知るのが手っ取り早い
て事ですね。

実は
「長文が苦手」という子は、
その構造(文法)を知らないから。
加えて単語も知らないから、
無理ゲー状態になってしまってます。



さあそして、最後です。
もう少し掘り下げますね。
長くなってすみません…

英文法が嫌いになる理由


なぜ多くの中学生が、
英文法が苦手になってしまうのか。

その要因です。↓

これまで、
文法なんて意識せずに生きてきたから

たいていの子は
日本で育ち、いつのまにか日本語がペラペラになりますよね。

「ボク、きのうお寿司を食べる!」
「違うでしょ?きのうは過去だから、
【食べた】でしょ?」

当然、
こんな文法やりとりは無いまま、小6まで育つわけです。


そのため
中1でいきなり英文法がでてきて、

主語?動詞?形容詞?
複数?単数?過去形?未来形?3人称?

うあ〜〜〜〜〜…!!

ってなるんですね。




最後に


言語とは本来、
人と人とがコミュニケーションをとる手段。

英語学習の目的が、
■文法や単語を覚えること
■テストで点をとること
になってしまって…

「本来の目的」から、ズレている。
そんな気がする毎日ではございます。

しかし、
わかってくればホントに楽しいんです!英語は。
いや、英語に限らずですね。

以上です。
ありがとうございました〜


埼玉県の講師ブログページ

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

大学入試

個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア桶川東&本庄南教室の五味です!

前回、大学全入時代突入という内容でブログ投稿をしたのですが、今回も引き続き大学入試に関した内容を書いてみようと思います。
共通テストが1か月半後に迫っており、受験シーズン真っただ中という感じで担当する高校生の指導にあたっております。
高校入試と違い、大学入試は多様な入試形態が存在しており、生徒と志望校を擦り合わせしたり、アドバイスしたり、志望校の情報を調べたりと結構大変だったりします。

大学入試は早ければ、夏休み明けの9月には願書の出願が始まりますし、指定校推薦の場合だと高3の一学期で決まるといった感じになります。
今後のブログネタのことも勘案して今回は学校推薦類型の入試形態についてさらっと書いておこうと思います。

学校推薦類型とは従来の指定校推薦のことで、高校在学中の成績にて合否が概ね決まるといったところでしょうか。
もちろん、成績以外の出願条件というのがありますし、指定校推薦が取れたからと言って必ず合格するというものでもないと思われます。
私立高校、公立高校ともに1年~3年1学期までの成績評定の平均で指定校推薦がもらえるかどうか決まるところが多いようです。
ただ、私立高校の場合だと単純に成績が良いから指定校推薦がもらえるというわけでもなく、在籍しているコースによってそもそも指定校推薦はだしませんといった場合もあります。

また、成績評定の条件も各大学によって異なり、平均評定が4.0以上という学部学科もあれば3.0以上といった場合もあります。
一応、4年制大学を指定校推薦で狙う場合で、ある程度行きたい大学を選定できるようになるためには平均評定は3.6以上はあったほうがよさそうです。

この評定条件ですが、高校入試と比べると各学年で傾斜評価となっていませんので、注意が必要です。
高校入試時、つまり中学生時の成績評定というのは、ウェブ上でも公開されていますが(各公立高校の選抜基準)、たいてい中学3年次の評定にある程度の倍率を乗じるようになっております。つまり3年次にものすごく頑張れば、1,2年次の評価を覆すのが比較的容易であるということです。

大学の指定校推薦の場合このような傾斜がありませんので、たとえば、評定条件が3.5の大学の指定校推薦を希望しているのに、1,2年次に平均評定が3.0だったとすると3年次は平均評定4.5を取らねばなりません。これは実質不可能といっても差し支えないような状況です。
ですから、中学の時に3年になってから頑張れば良いというような背水の陣で臨む手法が使えません。

多くの高校受験生は3月に受験が終わると、ほとんどの生徒が気が抜けてしまうことが多いのですが、大学を目標にしているのであれば、高校入学と同時に大学入試のことを考えるようにしていただきたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

北辰テスト「英作文」の攻略法!文をつなげて満点奪取!

個別指導の学習空間(埼玉西部エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。



今回は、(今回も??)
しつこく英語ネタです。

英作文の攻略でございます。



北辰テスト、そして埼玉県の県立高校入試では、
英語で「英作文」が必ず出ますね。

ただでさえ英語が苦手な子が多いのに、
さらに英語で作文…

みなさん苦戦しますが、
対策することで点が取れるようになります。
ぜひ参考にしてみて下さい。

というか、
ちゃんと対策をしないと点がとれない。
それが英作文です…。



英作文の攻略ポイント


最近の北辰テストでは、
英作文の問題が2カ所になりました。

今回は、
最後に出る問題。
6点満点の英作文問題の攻略にしぼって、
お伝えします。

英作文問題が2つに分割されたため、
最後の問題は3文だけ書けばOKになりました。
数年前までは、
5文以上書かなくちゃいけなかったんですよ。




それでは、
攻略のポイント。3つです。

①完璧なんて目指さない
②接続詞を使う
③「よく使う表現」を覚えてしまう



それぞれいきます。

①完璧なんて目指さない


まず、
北辰テストの最後の英作文問題。
6点満点中6点の満点をとる人は、
全受験者中なんと、約1%だけです。

つまり、
ほぼ全員(99%)が何かしら減点されちゃいます。

そのため、
とりあえずシンプルに書いて、
部分点を狙う

こんな心がまえでOKです。


そこで大事なのは、
まず簡単な日本語を考える。

これです。

例:私は、英語を子どもに教える仕事をしたいと考えています。
→ 私は、英語の先生になりたいです。

例:私は、自分の料理を人に食べてもらう事が好きです。
→ 私は、料理が好きです。


国語の作文とは違い、
いかに簡単な日本語を思いつけるかが勝負です。

これは少し、
練習が必要かもしれませんね。



②接続詞を使う



さらに、
採点基準で知っておくべきことがあります。

■文と文に一貫性が無い(つながりが無い)
→大きく減点

■文法ミスやスペルミス
→減点は少ない



単語のスペルミスや文法の不備は、
減点は少ない。

それよりも、やはり「作文」ですね。
文章としてのつながりが無い。
こちらの方が、大きく減点されます。

例でいきましょう。


I like to take a picture.
I often take pictures of flowers and animals.
I want a new camera.

「私は、写真を撮ることが好きです。
私はよく花や動物の写真を撮ります。
私は、新しいカメラが欲しいです。」



I started taking pictures when I was ten years old.
When I started it, I have mistake many time.
But now, I can take it well.

「私は、10歳の時に写真を撮り始めました。
始めた時は、何回もミスをしてました。
しかし今は、うまく撮れます。」

①と②。比べてみて下さい。

おそらく①は、
6点中2〜3点です。

文法的にはいい感じ。
ですが、文章としてつながりが乏しいため、減点されます。


②は、6点中5点です。
(実際の生徒さんの英作文例です)

文法的には少しおかしい。
けど、when〜(〜の時)やbut(しかし)などの接続語を駆使。文と文のつながりがあります。
おそらく、文法が正しければ満点です。


ちょっと難しかったかもしれませんが、

大切なのは
必ず接続詞を入れて、つながりのある文章を書く
という事です。

それと、
文法や単語のミスをおそれる必要はない。
勇気を持ってとにかく書こう!
という事ですね。


さあでは
その時に必要な、覚えるべき「接続詞」です。

これを覚えないと、
英作文では点をとれない。
それぐらい大事です。↓

よく使う表現(接続詞系)

So,〜 「だから、〜」
Also,〜「また、〜」
But,〜 「しかし、〜」
And〜 「そして〜」
When I 動詞の過去形 「私が〜した時」



③よく使う表現


そして最後は、
覚えると楽!
というか、覚えないと戦えない!
「よく使う表現」一覧です。↓

使いこなして、
ぜひ英作文を得点源にして下さい。

I want to 動詞の原型〜
「〜したい」

I like to 動詞の原型〜
「〜するのが好き」

I’m good at動詞ing
「〜するのが得意」

My favorite 名詞 is〜
「お気に入りは〜です」

It is fun to 動詞の原型〜
「〜するのは楽しい」

It is hard to 動詞の原型〜
「〜するのはつらい」

This is because 主語 動詞〜
「理由は〜です」

There is a lot of 名詞〜
「たくさんの〜があります」

I ‘m going to 動詞の原型〜
「〜するつもりです」

Let’s 動詞〜 with me
「一緒に〜しましょう」

I think 主語 動詞〜
「〜と思います」

I feel good
「とても気分がいいです」




それでは最後の最後!

英作文練習


以上の表現を覚えたら、
下に記載した「実際の過去問のお題」を使って、
練習してみましょう。

くり返し練習することで、
その表現が使いこなせるようになります。

逆に、
練習無しで使いこなせるようになる事は、ありませんね。


実際の過去問のお題
(3文以上で書く練習をしてみましょう。
書いた英文の採点&添削は、学習空間の先生に頼んでね)

「リフレッシュするためにすること」
「将来の夢はなにか」
「日本の夏で紹介したいこと」
「日本で訪れるのにオススメの場所」
「感謝している人について」
「お気に入りのアーティスト」
「ゴミを減らすためにできること」
「外国の友人とどのような活動をしたいか」
「高校で何をしたいか」




おまけ
1つだけ、模範解答のせときますね。↓
参考にして下さいね。

お題は
「感謝している人について」です。

I thank the teacher in my music club.
When I started playing the flute, I was not good at playing it.
But, she teached me and I can play it well now.
So, I want to be a teacher like her.

私は、吹奏楽部の先生に感謝をしています。
私がフルートを始めた時は、うまく吹けませんでした。
しかし、彼女が教えてくれて、今ではうまく吹けます。
だから私は、彼女のような先生になりたいです。


①シンプルに!
②「接続詞」を使って!
③「お決まりの表現」を使う!

とにかくこれだけ。

練習練習〜



※今回、参考文献として

【必見】北辰テストの英作文の傾向とおすすめのテンプレートやコツを紹介


©️ほくてす
↑こちらのサイトを参考にさせてもらいました。



埼玉の塾なら個別指導の学習空間