埼玉

★大作のフィナーレ!!文句なし★

こんにちは☆
個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア・北本教室、桶川西教室の山田です!

みなさんお盆休みに入りましたね★
夏休みの真ん中、少しリフレッシュしてゆっくりしてください。

ここ最近は映画の、特に「ジュラシック・パーク」シリーズのお話しをしていましたが、
今回も!!というか映画話シリーズラストです。
そして、早速見てきました!!

「ジュラシックワールド・新たなる支配者!!」

シリーズ初公開から30年に渡る大作のラストに申し分ないスケールと、今までのシリーズを見ていた人にも
おっと思わせるようなシーンがたくさんあり、見応え十分でした★

まだ見ていない人に、ネタばれになってはいけないのであまり詳しい内容は書きませんが、
恐竜に限らず、種の共存、環境への適応・配慮など
映画では恐竜と人間の関係ではありますが、
現代を生きる私たちへの問いかけ、メッセージが含まれているように感じました。

~PS~

<より楽しく映画を見るための小話>
ジュラシックパークシリーズでは、恐竜の自然繁殖を防ぐために、
遺伝子操作によってメスの個体だけしか生息していない
という設定になっています。
しかし、物語の愛され恐竜、<ヴェロキラプトル>のブルーには小さな子が誕生しています!!
いったいなぜでしょう????

ヒント・キーワードは
「単為生殖」

中学の理科の授業でも、有性生殖・無性生殖とやりますよね!!
では単為生殖とは!?
映画の中でも登場しますが、前もって調べて勉強してから映画を見たらきっともっと面白くなるはず!!

まだ見に行っていない人はぜひ行ってみて下さいね★
映画話題シリーズはいったん終わりです。
次回からはまた違う話題でお会いしましょう。
それでは、本日の投稿はこのへんで☆
皆さん、次回のブログでまた会いましょう
☆See you next time☆

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

世界に誇る日本の技術力!

個別指導塾の学習空間(埼玉西部エリア)
鴻巣西教室、桶川東教室の内藤です。

夏休みの夏期講習が続く中、教室がお盆休みに入りました。
生徒の皆さんもこの休み期間中にリフレッシュしてもらい、残りの夏期講習に備えていただきたいところです。

さて、各エリアの先生方が夏の思い出を多く語られていますので、今回僕も夏の思い出から書いていこうと思います!
といっても、昔の思い出ではなくこの夏の数少ない、かつとてもワクワクした思い出を語っていきます!

先日、神奈川県横浜市の山下埠頭にある、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAへ行ってきました!

こちらの施設は、かの有名な国民的アニメ、『機動戦士ガンダム』に登場する主役機体、

RX-78 ガンダム】 の等身大立像が建造された場所になります!
しかもすごいことに、こちらの立像は手足や頭、指なんかまで動いてしまうトンデモな代物となっております。

  

(本当はここに建造されたガンダムはRX-78-F00という形式番号で、アニメに出てきたRX-78-2とは別物で・・・と語りたいですが今回の主軸から逸れるので止めておきますね・・・)

今回触れたいのは、こちらの立像についての構造や法律的な扱いの話になります!
マニアックなテーマかつ、正確なソース元があるわけじゃない話も含まれるので、そんなもんなんだなぁくらいに思ってもらえれば幸いです。

このガンダム立像ですが、日本の数ある重工業メーカーが協力し合うことで造られています。
フレーム(骨組み)、関節構造、各部を動かすモータやシリンダ、各部によって違う材質の外装など、日本の工業を支える様々な技術が結集して出来上がっています。
その辺りの詳しい解説が施設内のGUNDAM-LAB内アカデミーというコーナーで解説、展示がされています。

僕自身が高専の機械工学科出身ということもあり、こういう機械や構造を見るととてもワクワクしちゃうんですよねー!
(車や電車の内部構造が好きな人と同じ感覚だと思ってます)

  

等身大ガンダムをすぐ近くで見学できるイベントでも、関節や機械部品が見えるところをよく観察してました(笑)

この日は大満足で帰ったのですが、後日ふと気になることがありました。

「あのガンダム、腰がデッキ(格納庫)に機械でつながってたなー・・・」
「そういえばあのガンダムは建物なんだろうか?それとも像みたいなもの?はたまた乗り物?」

そんなことが気になって調べてみると、公式情報ではないものもあるのですが、以下のような意見を見つけました。

・日本の今の法律では”乗り物”としてのガンダムは造れない
・建築基準法第88条の規定により法第6条の確認の手続きが準用される工作物に該当するのでは?
・ザクも作ろうとしたが、上記の建築基準法の観点からNGを出されてしまった
・日本でNGだったものが中国の上海でOKが出て、そっちで造ったものもある

こういったものを見ると、現代の日本で”機動戦士”ガンダムを造ることはまだまだ難しいようです。

ですが、横浜の動くガンダム立像には、将来的には実現可能なんじゃないかという希望を見いだせる気がします。

機会があれば、皆さんもぜひ見に行ってみてください!日本の工業技術がここに詰まっています!

そんなロマンに思いを馳せつつ、今回はこのあたりで。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

桶川市の塾なら個別指導の学習空間
鴻巣市の塾なら個別指導の学習空間

YouTubeチャンネル
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

夏期講習折り返し地点通過!~行け!生徒たち!今は耐えるのだ。生きてこそ得る事の出来る、真の栄光(合格)をこの手に掴むその日まで!~

★☆★個別指導塾の学習空間、上尾西・川越南教室の坂井 尊(みこと)です!!★☆★
夏休みが始まって、あっという間に2週間が経過しました。

相棒の本橋先生も先日ブログにて「夏期講習」について話をなさっていましたね。
私の教室では、7月下旬から今回「夏休みの宿題サポート」を実施しておりました。
「チョーめんどくさい読書感想文って何をどーやって書けばいいの?」とか、
「今は遊んでおいて、夏休みの宿題をまとめてギリギリになってやればいいや!」
と、考えている生徒を「育てる」ために

「いつまでに」「何を」「どのくらい」「この期間で」やってしまおう!!


という形で教室内で多くの生徒が夏休みの宿題を一つ一つ集中して、取り組んでおりました。
そろそろ、宿題も終わってきた生徒もチラホラ・・・
「ふふふ・・・そんなYouたちにはお盆明けから予習が待っているのですよ~」^^v
さらに中学3年生は受験が控えています。今後は北辰テストもただ受けるだけではなく、
先生から

「ココが得点源だ!」「この計算は次回は出来るようにしよう!」「実験結果や歴史的意義を記述できるように作文練習だ!」

といったフィードバックを受けて「解き直し」も実施していきます。

もうすぐお盆休みですが、教室で学んだ勉強の仕方を家でも同じようにできるように、「お土産」も用意しているので、ガンバッテ!中3の諸君。

さて、個人的には本日の指導後に非常にショックなニュースが舞い込んできました。

アニメ『ルパン三世』の次元大介の声を50年間担当されていた、小林清志氏がご逝去されました。

私は次元大介よりも『機動戦士ガンダム0083』のデギーユ・デラーズの方から小林氏を追いかけていました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

作中でのアナベル・ガトーとデギーユの関係性や、次元の声をガトー役であった大塚明夫氏が引き継がれたことも何かの縁(えにし)なのでしょうか。

私もこの教育業界に入ろうと思ったきっかけも亡き師匠の想いを引き継いだようなものです。

私の師匠とは私が高校1年生の時に出会った社会の高校教師です。学年主任であった彼の現代社会の授業はとても聞きやすく、説明がコンパクト。さらに、「君たちが今後出ていく社会は今より大変だ!」
といつも笑いながら、授業中、3回は話してくれました。そんな師匠と大学の進路を決める折、面談で「坂井の名前は良い名だな。大切にしなさい。名前を活かせる仕事に就けるといいな。」とお褒めいただきました。
そこからです。「物事を正しく判断し、分別できる大人になりたい。」「自分と出会った子が一つでも前の自分より、プラスの人生になるようにサポートしたい。」と思ったのは。

そんな師匠と別れて18年。 師匠の背中を追いかけて、数千人の生徒や、数千組のご家庭と出会い、別れ、再会し、喜び、泣き、謝り、叱り、早15年。静岡を飛び出して来年で10年。
人間五十年と言いますが、まだ道半ばです。生徒と一緒に頑張りますよ!!!! 師匠。まだそっちにはいきません。^^

いかんいかん!!(;´Д`)なんか湿っぽくなってきたぞ。これではいけませんね。とにかく出会いもあれば別れもある。いつか来るもんなんだから
今を悔いなく、楽しく、明るく、一緒に夏を乗り越えましょう!夏休みもあと半分です。しっかり皆さんついてきてくださいね!!!!!

そして、「儂の屍を踏み越えて!」「良い大人になるんだな。」 (元ネタわかったら同志ですww)

それでは、また明日。教室で。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

上尾市周辺の塾なら個別指導の学習空間

川越市周辺の塾なら個別指導の学習空間

柿ピーを抱えた夏

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
入間藤沢教室&入間扇台教室の石川です。

「夏の思い出」をテーマとして語りましょう第2弾、ということで、今回は大学生の時のサークル活動について書こうと思います。

私は幼少期からエレクトーンを習っており、大学ではエレクトーンサークルに所属していました。
(学習空間HPの講師紹介でも趣味に書くくらい、私の中での特技の1つです。)

サークルでは年1回の学園祭でのコンサートをはじめ、複数の大学のエレクトーンサークルが一堂に会する「ジョイントコンサート」など、様々なイベントがありました。
いわゆるガチな練習というのはありますが、その他の交流もとても盛んでした。

その中でも夏合宿(という名の旅行)は、サークルメンバーと仲良くなる以外にも、本音を語る貴重な機会でした。
とある湖でカヌーをしていて私が転覆し、インストラクターの方が必死に戻そうとしてくださったこと、夜の肝試しでお化け役(暗闇で風船を割る役割)をするも、完全にばれて手を振られる始末だったこと、宴会で大容量の柿ピーを1人で抱えて食べていたのを思いっきり笑われたこと、部屋の布団に入りながら恋愛観を真剣に語る先輩の話を聞いたこと、今後のサークルをこうしていきたいという、創設者の熱い思いを聞いたこと、、、色々楽しみました。そのような中でも、遊びながら見えてくる仲間の本心、実はおちゃらけていそうですごく物事を考えているなど、学ぶことが多かったです。

社会人になると、どうしても節度や人目を考えるようになります。それは悪いことではなく、必要なことだと考えています。
一方で、やんちゃに好きなことができるのは、学生までの特権だな~と改めて思います。もちろん周りの人へ迷惑をかけてはいけませんが、許される範囲内でおもいっきり楽しめるのは、学生ならではだと思います。

小学生、中学生、高校生、それぞれ今だからできることがあります。前回書いた部活動もその1つです。
全員に平等に与えられいるのは「時間」です。そしてもとに戻れないのも「時間」です。今この時をどのように過ごしたらよいか、大切にしていきたいなと考える今日この頃です。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

クモの巣も芸術

個別指導の学習空間、川越南教室と鴻巣西教室の間宮です。
夏期講習真っ只中ですが、勉強とは全く関係ない話題をお伝えしたいと思います。

ちょうど1カ月くらい前から私の家の前に、大きなクモが巣を作るようになりました。
そのクモ自体も大きいですがその巣はさらに大きく、私の帰宅を阻むかのように絶妙な場所に作られていて非常にやっかいです。
そのまま通過しようとすると頭が巣と接触するので、巣を駆除しようと思いましたが、面倒だったのでしゃがんで通過することにしました。

そこからしばらく私は家から出る時はしゃがんで通過し、家に帰ってきてはしゃがんで通過するという、周りから見たら不審な動作を繰り返します。
ただクモの巣も万能ではなかったようで、雨風によって何度か破壊されてしまいました。
しかしそのたびにクモが前と同じか、それ以上に立派な巣へとアップグレードしていくので、そのあきらめない心に感心しました。

そして遂に私がしゃがまなくても済むような絶妙な位置に、アップグレードされた巣を見たときは思わず感動。
言葉ではその巣のすごさが伝わらないと思いますが、何か芸術のようなものを感じました。
クモや巣に対して攻撃しなかったこともあって、私が敵ではないと認めてくれたのかもしれません。

そんなクモの巣の動向を楽しみにしていたのですが、数日前にそのクモが巣ごと消えてしまいました。
ちょうど雷雨がひどい日があったので、悪天候にやられてしまったのでしょう。
ただやたらと私の家の前に巣を作ることにこだわっていたので、あのクモが生きていたらまた会うかもしれません。
その際はぜひ、私がしゃがまなくても済む位置に巣を作ってもらいたいでところです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

夏の思い出

個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア桶川東&本庄南教室の五味です!

埼玉西部エリアでは、ブログで「夏の思い出」を書こう!ウィークということになっていて、他の先生方もご自身の「夏の思い出」を載せているようですが、40数年生きていますが、いざ夏の思い出と考えてみても何も浮かばないですね...。
まあ、加齢による記憶の低下とか諸事情があると思うのですが、夏は最も嫌いな季節なので、印象に残るような出来事がないというか、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という諺があるように、夏が嫌い(憎い)過ぎて、夏の出来事はどうでもよいといった感じになっているのではないかと思っています。

夏が嫌いな理由は諸々ありますが、単純に暑いとか汗をかくとかですが、最も嫌いな理由は虫共の襲来ですかね。
先日、ある生徒と話をしていて、夏が嫌いだと言っており、理由を尋ねたところ、虫がたくさん出るからと言っておりました。
私も非常に共感できる理由だなと思ったのですが、偏見かもしれませんが夏が嫌いな方は、虫が嫌いだからという場合が多いのではないかと思います。

最近のことなのですが、仕事が終わって玄関で鍵を開けようとしたところ、蛾の襲撃を受けました。
玄関近くの蛍光灯に1匹飛んでいたのですが、突然私のほうに向かってきて頭に突撃してきました。間一髪よけたのですが、なぜかUターンしてきて、頭に当たりました。
深夜にもかかわらず、大声をあげてしまったのですが、今思い返しても鳥肌が立ちますね。
このことがあってから、玄関まで行く際には、周りに怪しい虫共がいないか十分注意するようになりました。加えてホームセンター等で販売している虫の忌避剤(スプレー式)を丸々一本使用して、玄関周りに散布しておきました。そのためかここ数日は、虫共の存在が希薄になり、夜安心して帰宅できるようになった気がします。

全く関係ない話になってしまったのですが、まとめると「今年の夏の思い出」は蛾に襲撃を受けたことだなと思います。
早く冬になってほしいと思っています。
ちなみに「虫コナー〇」よりも散布式やスプレー式の方が忌避効果が高いと思いますが、どうなのでしょうかね?

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

ただいま!ただいま!!ただいま戻りました!!~不死鳥は炎を浴びてよみがえる~

個別指導の学習空間、川越南教室と上尾西教室の坂井 尊(みこと)です!

皆様、そして、ご無沙汰しておりました。

5月末にコロナウィルスにかかってしまい、復帰まで時間がかかってしまいました。
本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
6月8日に復帰をして戻ってきました!!

体調管理に気を付けて参ります。

さて、期末テストが終わった、いよいよスタートだ!という生徒の皆さん、暑い日が続いております。

熱中症に気を付けて、水分補給をこまめに行い、ラストスパートしていきましょう!!!!

ネタのブログはまた後日ツラツラと書かせてさせていただきます。

副題~装甲騎兵ボトムズ 第13話 「脱出」 次回予告より引用~

Addio!!^^/

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

作文特訓

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。



中間テストが近づいてきました。

テストがこれからの生徒さんは、
各科目の最終仕上げをしていきましょう。


近年定期テストでも「作文問題」が増えてる印象なので、
今回は作文についての投稿です。




学習空間では、
期別講習(春期・夏期・冬期)において
「作文指導」に力を入れています。

講習中は作文を毎日1題書くので、
生徒さんは大変だと思います。

しかし、
その努力に見合った大きなリターンを得られるのが、作文特訓です。


作文練習の重要性

埼玉県立高校の入学試験(国語)では、
作文が必ず出ます。

入試の作文は
実態は作文というより、ミニ小論文
論理性が求められ、けっこうレベルが高いものです。


さらに最近は、
理科・社会も「記述問題」が増加傾向。

そのため、

自分の知識や考えを整理し、
文章で相手に論理的に伝える

これを鍛える作文特訓は、
5科全科目のレベルアップに直結していきます。



逆に言うと
その能力を高めないと、全科目の実力の底上げは難しい。という事ですね。




読者量=作文力

生徒さんの作文の添削。
こちらもいろんな発見があって、
おもしろいです。



「この子はこんな考え方を持ってるのか」
「洞察力がけっこう鋭いなあ」

などなど。


書いた文章を見ると、

その子の
「読書量」
「知識量」

これが一発でわかります。

高校側が入試に作文を課す理由が、
よくわかります。





「本が好き」という子は、
やはりきれいな文章を書きます。

豊富な知識や多くの表現の中から、
最適な言葉を選んでいきます。



一方、
文章を読む習慣が無い子は

「知ってる言葉の量(ボキャブラリー)」
「知識」

その少なさが、文章に表れます。




でも、大丈夫です。
そのボキャブラリーや知識の少なさは、
テクニックでカバーできる。

それを練習するための作文特訓です。



本が好きな人にはかないません。

しかし、
文章の正しい「型(かた)」を練習する事で、
しっかり「点数がとれる作文」を書けるようになります。

「一文の長さ」
「句読点の位置」
「文末の表現」
「段落の分け方」
「論理性」
など。

文章の「正しい型」を練習し身につければ、大丈夫。




と、
「偉そうに語ってるこの文章がヒドいじゃないか」という批判は、
聞こえないことにしますね。


以上。
ありがとうございました~

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

子どもの成長はあっという間!

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&北本教室の桑折(高橋) 義人です!

最近特によく感じているのですが、子どもの成長ってあっという間ですよね…
中1、中2から在籍している男子生徒は中3になると、小学校低学年から在籍している女子生徒は高学年になると、背も高くなり人見知りも減ってきて、大人になってきているんだなぁと。
小学校低学年の間は一番に来ていた子たちが、少し遅い時間に自分で来て自分で帰ったり、お母さん、お父さん子だったのが反抗期に入り始めていたり、青春な話を聞かせてくれたり。
生徒たちをみていると嬉しくも寂しいようなことが多く感じられます笑

また、小中学生でも1,2年程で成長を強く感じる中、昨年秋に生まれた息子さんたろう(仮)の成長もすさまじく…。ムチムチのもちもちに、平均を上回る勢いで大きくなっています笑
寝返りもできるようになり、よだれが永遠に出続ける子なので床が池になってはおりますが、日に日に成長がうかがえてなんだか温かな気持ちになります。それと同時に、奥さんには感謝の気持ちがあふれてきますね…

子どもたちがどんどん成長しているのに、自分だけ何も変わらないのもなんだか悔しいので(?)、今年度は何か目に見えて成長できる年にしようと思います。
(間違っても、体型が目に見えて…にはならないようにしなくては(;^ω^))
ひとまず時代についていけるように、SNSを使いこなすぞ~!!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

「気になる」って大事

個別指導塾の学習空間 鴻巣西教室、桶川東教室の内藤です。

GWが明け、みなさんそれぞれ勉強や部活などにまた力を入れていく時期ですね。
次の祝日は7/18(月・祝)と先は長く、気温もどんどん暑くなってきますが頑張っていきましょう!

さてみなさんは、普段知らないものを目にしたとき、どうしていますか?

「これ(あれ)なんだろう?」

このあとにどう考えるか、どう行動するかは人それぞれだと思います。

なんとなく「まぁいっか」「知らないなー」で済ませてしまう人もいれば、
「気になって夜しか眠れない!」「調べてみよう」と行動に移す人もいると思います。

僕は後者で、昔からふと気になった、見聞きして興味を持ったものは調べないと気が済まない性分だったりします(笑)
小さいころからいろいろ図鑑やカタログなどを見るのが好きで、小学生に上がってからはよく図書館に入り浸っていました。
今でも気になったものはすぐに携帯電話やパソコンで調べるようにしています。

そんな性格からか、昔も今も広く浅くいろいろかじっている雑学マニアのような人になりました!
(ムダ知識を蓄えているだけともいいますが・・・)

これらの知識はは学生時代でも、社会に出てからも、色んな人との話のネタになったり仲良くなるきっかけになってくれました。
普段は広く浅くなので全然自分に知識があるわけではないのですが、いろいろなジャンルをかじっているので共通の話題さえ作れれば詳しい人は熱く語ってくれますし、それを聞いている自分はその分野に詳しくなれちゃいます。
そしてここで得た知識をまたほかの人との話に活かして・・・と続いていくわけです。

このように、ちょっとした「気になる」の積み重ねがやがて自分の大きな武器(アピールポイント?)になってくれたりもします。
これは知識だけじゃなく特技(技能)などにも言えることだと思います。

こうして学習空間で先生としてみなさんに勉強を指導できるのも、学生時代からの「気になる」の積み重ねの賜物だと思います。

インターネットが発達し、いつでもどこでも気軽に調べることができる現代、「気になる」ことを調べないのはもったいないですよ!

知識は人生を豊かにすると信じて、今回はこのあたりで。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

桶川市の塾なら個別指導の学習空間
鴻巣市の塾なら個別指導の学習空間

YouTubeチャンネル
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら