夏期講習

英語の問題のとらえ方。

個別指導塾の学習空間、坂戸東 本庄南教室の望月です!

英語の解き方について 
今日、生徒と一緒にやり取りがあったので題材に取り上げました。

例をあげますので、
この問題 まずは目を通してください。
*ネットに上がていたどこかの高校入試の問題のようです。
*英語が続きますが、頑張ってスクロールしてくださいね笑

My name is Akiko. I am a Japanese high school student. I came to live in America with my family two
weeks ago. One day Mother asked me about my school life. I answered that ①(I enjoyed it very much.)
But that was not true. I didn’t want Mother to worry about me.

I always said to myself, “I live in two worlds, one at home and the other at school.
At home I speak Japanese and live a happy Japanese life with my family
I feel that school is far away when I am at home.
In class at school teachers sometimes speak English so fast that I don’t understand them.
I want to talk with a friend about that, but I don’t have any friends.
Every day I wait for a student who will talk to me.”

(1)Akiko が①のように,事実に反する答えをしたのはなぜか。日本語で書きなさい。

英語の長文ですね。汗汗 
訳すことが今回の目的ではないので、いったん和訳します。
最近のGoogle和訳は秀逸ですね。 簡単に和訳できてしまいます。

和訳
私の名前はアキコです。私は日本の高校生です。私は家族2人でアメリカに住むようになりました
何週間前。ある日、母は私の学校生活について尋ねました。私は①とても楽しかったと答えました。しかし
それは真実ではありませんでした。母に心配をかけたくありませんでした。
私はいつも、「私は家と学校の 2 つの世界に住んでいます。それらはとても (    )
家では日本語を話し、家族と幸せな日本生活を送っています。 学校が遠い気がする
私が家にいるとき。学校の授業で先生が英語を話すのが早すぎてよくわからないことがあるそのことについて友達と話したいのですが、友達がいません。
毎日、話しかけてくれる生徒を待っています。

日本語にするとわかりますね。
言い換えると 日本語にしないとわからない。 内容を理解しないと解けない問題ですね。

改めて問題を見ると
(2)Akiko が①のように,事実に反する答えをしたのはなぜか。日本語で書きなさい。

答え (例)お母さんに自分のことで心配をかけたくなかったから。 

英語は、読んで、読解しないと正答率が下がるようになっています。
当たり前ですね。
今回の場合は、設問①の周りを見てもわからないですよね。。。

だから「日本語に訳す」が大切ですね。

話は変わって
今日、こんな生徒がいました。
定期テストが返ってきた生徒です。
英語がダメだったー。( ;∀;)とへこんでいました。

じゃあ解きなおしをしようということで、
英語の問題を訳してもらいました。

あれ? けっこう訳せてるじゃん。!
この問題間違っているけど、 どうしてこの解答にしたの?
と聞いても、なんとなく。。。。と生徒は返答します。

この問題、英語を訳した?

「いえ、訳していません。」

じゃあ英語の本文は読まないで、なんとなく解答したの?

「はい。。。。」

もったいないミスですよね。 ミスではないですね。。。

その生徒は一緒に指導しているときも、英語を日本語にする習慣がないので、
ミスが減らず、同じミスを繰り返すことがありました。 
もちろんその都度指導はしていましたが、、、
テスト中までは私たちは指摘できないですからね。。。

英語を解くうえで、日本語に直す。理解する。 とても大切ですよね。
勉強の仕方を改善するともっと点数取れると思います。
一生懸命頑張っている生徒ですので、ぜひ、次のテストは成績上がってほしいです!

自分で単語を覚える必要性を感じたら練習します。
和訳する必要性を感じたら自発的に和訳をするでしょう。
成績を上げるためには、自身の勉強の仕方をどう変えるのかが大切ですね!

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
本庄市周辺の塾なら個別指導の学習空間

ハロウィーン現地参加型のはずが・・・緑の怪獣は現れずの巻~その弐~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんにちは。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

先月10/31は、ハロウィーンでしたね!
そして、あっという間ですね!終わりましたね!
早いものですね!
来年2023年までお預けですね!
しかし、ブログの過去ハロウィーンのネタには続きがありました。笑。二回目。
実は、ネタは沢山あるのですが、またの機会に!

北の大地、北海道の最近は、気温が夜には一桁です。
行きつけの温泉も夏よりもしみます。笑。

さて、前回、前々回の続きです。
念のため、はじめから、載せさせていただきますね。
(少し訂正してある箇所もございます)

10/31本日は、ハロウィーンでしたので、昔話を少し。

小学生の時にアメリカにて、小学校でハロウィーンの仮装イベントがありました。

授業は、小学生のイベントがありますので、短縮です。

仮装をして、教室の外を歩きます。勿論、学校の敷地内ですが。笑。生徒同士は勿論、学校の先生と保護者の方も沢山見えました。

2か3限目だったでしょうか。

先生からの声です。『さあ、皆さん、自分たちのコスチュームに着替えて、外に集合しましょう!時間厳守でお願いしますね!』

コスチュームは、各々、ハンガーにかかっていました。

勿論、1クラスに3,40人いるわけですので、ごった返します。後々考えましたら、順番に無理なく、にしてほしかったですね・・・笑。

というのも、一気に生徒たちが群がるので、まるで昔のデパートのバーゲンセールのようでした・・・

私は、少々様子をみてから、動くことにしました。お手洗いでも先に行ってからにしよう。

戻って自分自身のコスチュームを探しに探します。

ありません。どこを探しても無いではないですか。

『困った・・・どうしよう・・・』

生徒用のクローゼットを探しても探しても見つかりません。

俺のも無い!私のみ無い!と言っていたクラスメイトが数名いましたが、あった!と見つけて、次々と外へ出ていくではありませんか。

先生たちの声が。早くしてね~いそげ~。

いや、急いでいるけれど、無い!笑。 苦笑いと焦り。段々、笑いもなくなってきました。

私のクラスは、
アメリカ人、イギリス人、フランス人、スペイン人、ドイツ人、ブラジル人、中国人、韓国人、タイ人、ベトナム人、アフガニスタン人、
そして、日本人。

確か10か国以上の子供がいました。グローバルということ、自由の国ということを小学生で身をもって体験しました。

気が付けば、教室には、日本人の私だけに・・・あ・・・さすがにやばい。とにかく探そう。

外から声がします、『まだかー?大丈夫かー?』

私は、『大丈夫です!探していまーす!』と言ったと思います。しかし、ありません。

すると、外が、がやがや、がやがや、行進?!仮装をした子供たちの行進が始まっていました。にがわらい。

ええっ・・・

『やばい・・・まずい・・・』

今思えば、私一人が参加をしていなくとも誰も気が付かないくらいに人がいたので・・・とはいえ・・・子供ながらに焦って泣きそうになっていました。汗汗。

行進が始まり、なぜか吹っ切れました。心の中で、『もういいんじゃない?』笑。

『教室に居ようかな?』笑。悪い子です。笑。しかし、このままの恰好では出られません。笑。何せ、皆さんモンスターになっているので。笑。

ふと、モンスターの中に普通の生徒がいるのも有りではないか?!ともアイディアがよぎりましたが、勇気がありません。

そうです、日本ではないので。完全な現地の小学校が舞台なのです。

余計なことは考えず、まあいいや、ゆっくり探そう。

すると・・・クローゼットの下にカーテンのようなスカーフのような黒い布?!シーツ?!に紛れ込んだ私の変身セットが!!!出てきました!!!

『おおっ!!あった!!こんなところ、わかるわけないだろう・・・これでは・・・この際、出てこなくても良かったかも』とまで思ってしまいました。笑。

さてと、『急いで着替えて向かうか!』

と着替え始めました。『事前に試着しておけ』と親から言われて、仕方なく試着した記憶がありましたが、『試着をしておいて良かったな』と思いました。

試着をしていても、一人ではなかなか着るのが難しい・・・何せ、でかい!!笑。

苦戦をしながらも何とか着ようと試みて、転倒!!

教室でひっくり返る緑の怪獣!!

『いてー!』と転んだ自分自身が可笑しく、一人で教室内で高笑いをする小学生・・・

悪戦苦闘の末、どうにか着ることが出来ました。

『しっかし、でけえなあ・・・この尾!この厚さ!そして、暑い!』

マスコットの中の気持ちがわかってしまいます。

無事に変身をとげた瞬間に、

どこかのクラスの先生が、教室に入ってきて・・・

ここに居たぞ!奴は、ここに居たぞ!と叫んでいるではないですか。笑。

名簿を持った先生・・・そうか!名簿で誰が参加しているのか確認していたのか!

慌てて外に出て、参加をしようとすると、先生は、『もう終わるから大丈夫!』と。笑。

確か、『今から行ってもほぼ意味が無い!』と笑っておっしゃっていたと思います。笑。

チーン・・・

緑の怪獣の出番は???・・・

ハロウィーン前からコスチュームは、何にするか検討に検討を重ね、ばかでかい緑の怪獣に決定!!

試着までして、本番当日に着たものの、意味なし・・・ううううう・・・

少しするとクラスメートがぞろぞろと帰ってきました。

『あれ?早くない?何してんのー?』と数名から聞かれました。笑。

ハプニングを一所懸命に説明をする私。笑。

学校が終わり、自宅へ戻ると、当然のように家族に聞かれました。
(確かこの日は、仕事の関係で家族が参観しに来れなかったので)

『緑の怪獣、無事に着れた?参加した?どうだった?』と聞かれ、

『緑の怪獣、参加できず!!意味なし!』と苦笑いの私。

おしまい。

ハロウィーン編一部完

つづく・・・

上記、アフガニスタン人の友人とは、様々な競技をしたことがあります。
また、ご紹介します!乞うご期待!

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

ハロウィーンの日、緑の怪獣現れず・・・の巻 ハロウィン編パート②

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんにちは。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

先日は、ハロウィーンでしたね!
そして、あっという間ですね!終わりましたね!
早いものですね!
来年2023年までお預けになりますね。
しかし、ブログの過去ハロウィーンのネタは続きがありました。笑。
実は、ネタは沢山あるのですが。笑。

やはり、アメリカ合衆国のハロウィーンのイベントは、とてもとても賑わいます。
国?や街町ごと賑わいます。クリスマスも豪華で壮大なのですが。

最近の北の大地、北海道では、私のお気に入りの渡り鳥ちゃんたちが帰ってきています。
何とも可愛いのです。鳴き声がすると外に見にいきます。笑。
V字型飛行で飛んでいますねえ。
北の大地の良いところだと思っています。
北海道に引っ越ししてきたときには、はじめは何の鳴き声かと思っていました。
今では、毎年の楽しみです!そして、またこの時期が来たなあ、としみじみ。

さて、前回の続きです。念のため、はじめから、載せておきます。

10/31本日は、ハロウィーンでしたので、昔話を少し。

小学生の時にアメリカにて、小学校でハロウィーンの仮装イベントがありました。

授業は、小学生のイベントがありますので、短縮です。

仮装をして、教室の外を歩きます。勿論、学校の敷地内ですが。笑。生徒同士は勿論、学校の先生と保護者の方も沢山見えました。

2か3限目だったでしょうか。

先生からの声です。『さあ、皆さん、自分たちのコスチュームに着替えて、外に集合しましょう!時間厳守でお願いしますね!』

コスチュームは、各々、ハンガーにかかっていました。

勿論、1クラスに3,40人いるわけですので、ごった返します。後々考えましたら、順番に無理なく、にしてほしかったですね・・・笑。

というのも、一気に生徒たちが群がるので、まるで昔のデパートのバーゲンセールのようでした・・・

私は、少々様子をみてから、動くことにしました。お手洗いでも先に行ってからにしよう。

戻って自分自身のコスチュームを探しに探します。

ありません。どこを探しても無いではないですか。

困った・・・どうしよう・・・

生徒用のクローゼットを探しても探しても見つかりません。

俺のも無い!私のみ無い!と言っていたクラスメイトが数名いましたが、あった!と見つけて、次々と外へ出ていくではありませんか。

先生たちの声が。早くしてね~いそげ~。

いや、急いでいるけれど、無い!笑。 苦笑いと焦り。段々、笑いもなくなってきました。

私のクラスは、アメリカ人、イギリス人、フランス人、スペイン人、ドイツ人、ブラジル人、中国人、韓国人、タイ人、ベトナム人、そして、日本人。

確か10か国以上の子供がいました。

気が付けば、日本人の私だけに・・・あ・・・さすがにやばい。とにかく探そう。外から声がします、まだかー?大丈夫かー?

私は、大丈夫です!探していまーす!と言ったと思います。しかし、ありません。

すると、外が、がやがや、がやがや、行進?!仮装をした子供たちの行進が始まっていました。にがわらい。

ええっ・・・

やばい・・・まずい・・・

今思えば、私一人が参加をしていなくとも誰も気が付かないくらいに人がいたので・・・とはいえ・・・子供ながらに焦って泣きそうになっていました。汗汗。

行進が始まり、なぜか吹っ切れました。もういいんじゃない?笑。

教室に居ようかな?笑。悪い子です。笑。しかし、このままの恰好では出られません。笑。何せ、皆さんモンスターになっているので。笑。

まあいいや、ゆっくり探そう。

すると・・・クローゼットの下にカーテンのようなスカーフのような黒い衣?!シーツ?!に紛れ込んだ私の変身セットが!!!出てきました!!!

おおっ!!あった!!こんなところ、わかるわけないだろう・・・

さてと、急いで着替えて向かうか!

と着替え始めました。

すると、どこかのクラスの先生が、教室に入ってきて・・・

つづく・・・

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

2022年10月31日 ハロウィーン

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんにちは。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、ハロウィーンですね!
そして、あっという間ですね!
来年2023年までお預けになりますね。

最近の北の大地、北海道では、お昼は13、14度までしか上がらなくなり、夜は先日にはマイナスを記録しました。
どの日も平均をすると3度程度です。

3度の日が2日連続続いたと思いきや0度、マイナスの日が来ました。

そして、3度の日、夜にだっだっだっだっ、といつも通りにランニングです。寒いです。寒くて手が・・・

しかし、雪が降ろうとマイナス20度になろうと、走りますよ。マラソン、大嫌いですがね。笑。

マラソンならば、短距離や泳いだ方がマシだ!と昔から思っていました。以前のブログをご確認ください。笑。

またご紹介をさせていただきます!

さて、本日は、ハロウィーンでしたので、昔話を少し。

小学生の時にアメリカにて、小学校でハロウィーンの仮装イベントがありました。

授業は、小学生のイベントがありますので、短縮です。

仮装をして、教室の外を歩きます。勿論、学校の敷地内ですが。笑。生徒同士は勿論、学校の先生と保護者の方も沢山見えました。

2か3限目だったでしょうか。

先生からの声です。『さあ、皆さん、自分たちのコスチュームに着替えて、外に集合しましょう!時間厳守でお願いしますね!』

コスチュームは、各々、ハンガーにかかっていました。

勿論、1クラスに3,40人いるわけですので、ごった返します。後々考えましたら、順番に無理なく、にしてほしかったですね・・・笑。

というのも、一気に生徒たちが群がるので、まるで昔のデパートのバーゲンセールのようでした・・・

私は、少々様子をみてから、動くことにしました。お手洗いでも先に行ってからにしよう。

戻って自分自身のコスチュームを探しに探します。

ありません。どこを探しても無いではないですか。

困った・・・どうしよう・・・

何と、つづく・・・

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

石川エリアは今年も両教室とも満員となりました(^-^)

学習空間石川エリア
金沢西教室、金沢野々市教室の教室長の成田です!

石川県の学習空間は、「金沢西教室」と「金沢野々市教室」の2教室あります。
この度10月で両教室とも定員に達しましたので、今年も満員とさせていただくことになりました!

これも通塾してくれている生徒さんやお任せいただいている保護者様、
そして地域の方々からのご愛顧のおかげです。
本当にありがとうございます。

学習空間は、勉強の内容を教えるだけでなく、普段からの学習への取り組み方や問題解決の仕方、
家で良い勉強をしていくためのアドバイスなど、イヤというほどたくさん生徒に投げかけながら、
生徒自身の学習に対する意欲向上も含めて、成績UPにつながる成長を促していく塾です。

ありがたいことに、それまで家で学習する習慣のなかった生徒が、
「入塾してから自発的に家で勉強するようになった」というお声をよくいただきます。

勉強って、やはり中学生くらいだと「何をしたらいいか」を自分で考えるのは難しいものです。
よくわからないのに、周りから「勉強しろ」と言われても、イヤになってしまうのは仕方ないですね。

でも我々が適切に的確に、その子に必要でレベルのあったトレーニングのメニューを組んであげ、
それを頑張ればどういう結果につながるかを示してあげれば、自然と「やりたい」と思ってくれます。

例えば、木が生い茂った森の中で、
ただ歩き方だけ教えられて、周りから「歩け」と言われても、
歩くこと自体が苦痛で、歩くこと自体に意味が見出せなければ、
歩きたくなるわけがありません。

でももし誰かが自分の前を歩いて誘導してくれて、
その先に素敵な景色があることを示してくれれば、
「頑張ろう」となるかもしれないですよね。

勉強も同じで、意欲的な勉強に必要なのは、教えること以上に、大人が道を切り開いて導いてあげて、
その先の景色を示してあげることだと思います。

学習空間は、そんな「生徒の道を切り開いて歩みを促してあげられる塾」でありたいと考えています。
コケてもつまづいても、とことん一緒に連れ添って、ゴールにたどり着けるまでサポートして参ります!

これから受験生は入試に向けて、より忙しい期間となります。
その他の学年の子も、来月の期末テストに向けて、早めに対策を進めていく段階です。
一人でも多くの生徒の笑顔が見れるように、生い茂った道をしっかりかき分けておこうと思います!笑

満員にはなりましたが、中3生と高3生以外の無料体験は、状況を見ながら受け入れさせていただいております。
曜日によっては空き時間があればご案内ができます。

無料体験をご希望の場合は、ぜひお気軽に教室やフリーダイヤルにご相談くださいませ。

<学習空間 石川エリアホームページ>

<ご面談・無料体験について>

❀~花知り博士への道~!?

こんにちは☆
個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア・北本教室、桶川西教室の山田です!

あっという間に夏が終わりました。
まだまだ残暑という日も続いていましたが、充実の秋に向けてみなさまどうお過ごしでしょうか?
毎年秋になると、充実の秋!!
何か目標を立ててやってみようなんて言っていますが(運動とか・・・)

今年は早速、体を動かすということで
「大宮花の丘森林公苑」というところに行ってきました。

ちょうど日曜日は涼しかったこともあり、まさに絶好のウォーキング日和☆
色々な花も咲いており、妻に色々な花の名前をクイズされましたが・・・
わたくし、
花には・・・、
疎いもので・・・

ちょうど見ごろなのは「サルビア」
そうっ!!「サルビア」
うんっ!!「サルビア」・・・
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

「サルビア」
「小学校とかの帰りで蜜を吸ったりしなかったの?」
「いやぁ~そんな記憶がございません汗汗汗」
といった具合に興味がないことへの絶望感に浸りました(冷汗)

これではダメだ!!
ということで、せめても「誕生花」くらいは知っておこう!!

ということで、

1月  「シンビジウム」      2月  「フリージア」
3月  「チューリップ」      4月  「カスミソウ」
5月  「カーネーション」     6月  「バラ」
7月  「ユリ」          8月  「ヒマワリ」
9月  「リンドウ」        10月  「ガーベラ」
11月  「菊」            12月 「カトレア」

それぞれの花に、
素敵な色・印象がありますので、
皆さんも自分の月の花はぜひ覚えておいてください!!

理科の勉強にもなりますし、男性諸君はきっとこの知識が役立つ瞬間が来るでしょう☆

とにもかくにも運動もできて、調べるきっかけにもなって
良い週末を過ごすことができました。

皆さんも何か1つ行動に起こして、充実の秋をお過ごしください!!
それでは、本日の投稿はこのへんで☆
皆さん、次回のブログでまた会いましょう
☆See you next time☆

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

ポテトチップスとサッカー合宿の夏~その2~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんにちは。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

北の大地、北海道では、お昼は20度まで上がる日もありますが、夜は6度です。
先日は、6度まで下がっていたため、奥田先生が夏を越えて初?!ストーブをつけてらっしゃいました。笑。
教室に入ると暖かい・・・もうこの時期か、と思いました。

さて、
前号の続きです。

サッカー部の合宿にて、コーチから学んだお話でした。
高校一年生の夏、サッカー部の合宿で山中湖にて。
合宿初日の夜、出発の朝も早かった上に初日の練習で身体中が痛く、疲れ果てていた為に眠たくて仕方がなかった私たちは、
物凄く長いホースを引いてきて、部活で使用した物を水で洗いました。

あまりも汚れている、長い長いホース。
私たち高校生は、疲れからか面倒臭かったか、真っ暗だったからか、土や砂で著しく汚れたホースを適当に片付けました。
『これでいいだろっ。最初からこんな感じだったし。』
はい、片付けた。
すると、当然ながら、コーチに見つかりました。笑。
『誰だ?これ、片付けたの?』
その後にシンプルに説教をされました。笑。やはり、とは私たちは思ってしまいました。(ならば、最初から片付けろ笑)
日ごろから滅多に説教なぞしないようなコーチが少し怖くも感じました。
『次の人のことも考えろよ。他に泊まっている人たちもいるんだし。使いやすいように、こうして、こうして、まとめて。ほら、時間はかからないだろ?しかも次の人が使いやすい。やり直して。』
とコーチは、片付けたホースをまたバラしているではありませんか・・・苦笑。何もそこまでしなくても・・・笑。
怒っているように見えて、怒ってはいないようでした。『ほら、自分たちでやり直せ』って・・・と思いながらも、これも実体験で練習ですね!

私たちは、はじめは、『最初から適当に置いてあったのですよー』と言い訳をしながらも、
あまりにも正論だったのと尊敬するコーチに言われたら仕方がない、という理由からか、
素直に『わかりました』と聞き入れ、早速実行しました。
ほぼほぼ嫌々でしたが、意外と皆でやってみて、やってよかったと思えました。(皆さんにも経験があるはず)

その翌日、いざ使おうとするとキレイなままの状態が保たれていました。
『あれ?』
私たちは、昨夜に言われた通りに使い終わってから、しっかりと片付けました。
すると、見る度に整っているではないですか。
そして、その翌日も。

漫画のようなお話ですが、現実に起きていました。

今回は、水が出るホースのお話を出しましたが、実はお手洗い、洗面所、洗濯場、お風呂場、グラウンドまでの道のりにグラウンド、いつの間にか、私たちのチーム、特に一年生組は、様々な所で神経を使えるようになり、他人の気持ちを今まで以上に考えた行動ができるようになっていました。
恥ずかしいお話かもしれませんが、幼稚園時代から言われ続けたことが高校一年生で初めて『腹に落ちた』気がしました。(中学時代にまったくできていなかったわけではありませんよ笑。特に小学生時代は、雑巾で冷たすぎたバケツの水とともに学校の床を拭いて拭いて拭いて、褒められて褒められてということが楽しかった記憶があります。きれいにするという目的を超えて褒められることを目的にしていた小学生・・・トイレ掃除は皆で遊び半分でやっていましたねえ・・・笑。楽しかったなあ
)
合宿最終日だったと思いますが、他の学校の先生や宿泊先の旅館の方からお褒めのお言葉をいただいたぞ、というお話もありました。
それが目的では決してなかったのですが、素直に嬉しかったです。見る人は見ているな、と。

日頃からのコーチの言動や行動は、どこをとっても正論であり、説得力がありました。コーチは、何から何まで出過ぎのようなイメージがあり、あまり好きではありませんでしたが、一人の大人として、人間として、尊敬はしていました。
尊敬をしている方からの注意は、私たちの胸に刺さったのかもしれません。
高校一年生だった私たちは、初日の夜に部屋でポテトチップス(初めて?プリングルズのサワークリームオニオンに仲間たちからの影響で出会いました!笑。当時、高校一年生、ジャンクフード大好き!無茶苦茶、美味しかったです!笑笑笑。16歳の夏の味!笑)
を食べながら、一瞬ではありましたが、真面目な話をしました。
このコーチのように、『今度さ、もし、同じような機会があったら、大切なことは、うまく、しっかりと伝えられて、変えていく人、変えられる人になりたいよな』

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

ポテトチップスとサッカー部の夏のっ巻ぃ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
台風により雨が降り続いております。
どうか身の安全を最優先に、お気をつけて。

さて、今週は、ブログを連続投稿まっしぐらです。
これは、たまたまではなく、完全に『企画』の上に成り立っております。
また、誰からの指示でもなく、自分自身で決定をしたことであります。笑。

先日には、『2022年後半、チーム北海道のブログは、盛り上げますよ!』
とブロガーでもあり尊敬する旭川エリアの渡邉先生をはじめ、チーム北海道の先生方と話しました。
2022年の大晦日まで、
皆さんの息抜きの一つになれば、ということでダラダラと、しかし、ピリッと!(どっち?笑)
ブログの更新をしてまいりますね。
よろしくお願いします!

先日の渡邉先生のブログを拝読。
以下から、思い出しました。

渡邉先生のブログ(野球絡みです!野球好きには特にオススメ?!)
を抜粋します。

可能性はある。
それを信じて一歩ずつ進んでいきます。
その可能性は
他人から与えられることもあります。
自分で見つけられることもあります。
ふっと湧いてくるようなものですね。
そのきっかけや可能性を
その瞬間に掴んでいきたい、
これは誰もが望むことでしょう。
難しいのは「どう見つけるか?」
皆平等なはずだと私は思います。

こちらから、ふと、目に止まったのは、『他人から与えられることもあります。』です。

こちらは、
人生において、日常茶飯事であるのかもしれません。
生きていけば、後輩、先輩、子どもや大人がいて、他人がいて私もいる。
そうです。インターネットが充実しても『対、人』は、続いていますね。続いていきますね。
実は、温かいことでありますね。

生徒の皆さんの指導をさせていただいて、思い出すこともありますが、今回、渡邉先生のブログから再び思い出しました。

高校一年生の夏にサッカー部で山中湖へ合宿へ行きました。
(さて、地理の問題!山中湖があるのは、何県でしょうか?!また、県庁所在地は、どこでしょうか?!ヒントは、学習空間の発祥である県です!)
週に2,3回、サッカー部の練習に顔を出してくださるコーチ(当時は23、24歳だったと思います)も一緒でした。
監督よりもコーチに私たちは慕っていました。笑。
サッカーがうまいという単純なことだけではなく、『人』として尊敬できる方でした。
今思えばですが、当たり前のことばかりだったかもしれません。そして、よくよく思い出せば、同じようなことが、幼稚園時代からしばらくの間、あったと思います。
ありきたりなこと、ありきたりなお話ではあります。
何をそのコーチから学んだのか?勿論、サッカーという競技自体のコツやテクニック等も習い、無茶なトレーニングも習っていたとは思いますが、強烈にインパクトに残っているのは、『生活面』でした。
なぜか、そのときに胸に色々と突き刺さりました。
結局のところ、『何をコーチから学んだか?』は、
勉強や運動、サッカー部のサッカーを通り越して、
『人生において大切なことの一つ』でした。
今思えば、『教育者』や『教育』とは、非常に深いと痛感させられます。
アインシュタインのことばがあります。
「教育とは学校で学んだことをすべて忘れた後に残るものである」
以前にもブログにてご紹介をしましたが、埼玉西部エリアで望月道広先生と教室を組んでいた際に
教室の訓でありました。
深すぎますね。いつも頭の片隅にあります。

合宿初日の夜・・・

次号へ続く・・・

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

雪道ランニングにつきましては

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室担当の沖村です。

こんにちは。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ、北海道は、夏を終えて、秋を飛び越えて冬になってまいりました。
気温も一桁の6度になる夜も多くなってきました。
既に長袖の上からフリースを着る時期・・・早いものです。

前号につづきまして、
悪条件の中、なぜわざわざ走りに行くのか?
ということでした。
つづきです。
理由は、様々あります。
中には、生徒さんたちに日頃から伝えていることもあります。

以下にまとめてみました。

一、走る感覚を忘れないようにするため。錆させない。

二、悪路を走ることで集中力、バランス力、乱れそうになるフォームの修正や維持が可能になるため。

三、サボり癖をつけないため。悪路だから、今日は行わない(危険が大の場合は、勿論、別メニューを行ってカバーします)を避ける。
実は、精神論やルーティンのお話になるかもしれませんが、ここがトレーニングにおいてかなり重要度が高いのではないかと考えます。
それぞれの性格面の特徴や癖もありますが、強い意志があると自信がある私でも、折れそうに楽な方向に流されそうになることがあります。
楽な道、逃げようとした時の道を選びそうになる自分が嫌いです。笑。
本当に駄目なときは、故障してしまい、本末転倒ですので、要注意をして、自己分析をして決定しています。
このときの判断力も一つの能力でしょう。
日頃から、生徒さんたちに伝えていますが、楽な道を選ぶ、選び続けても良いことがほぼありません。サボれば、サボり続ければ、あっという間に、ひ弱なサボり癖がつく、逃げ腰な自分自身ができあがってきます。しかも出来上がりまでは、時間がかかりません。そして、出来上がると抜け出しにくくなります。
何と無惨なことでしょうか。
ならば、日頃から、なるべく逃げ腰にならない、本当にその道で大丈夫なのか?
自分に嘘をついていないかどうか?まだ、やれそうなのに逃げそうになっている自分、逃げた自分は好きになれるのか?等を常に考えて、行動をすべきですね。
さて、次に進みます。

四、かなりの低い気温の中、走っているときの呼吸の状態、使う筋肉の衰えを防止するため。

五、自己達成感と自信をつけて、身体面だけではなく精神面も自分自身を鍛えるため。

六、厳しい中、走りながら、今日の指導を振り返るため。これが、学習空間の講師として、大切にしています!
(過去に奥田先生と電話をしながら、生徒さん一人一人の話をしました。毎日毎日していることですが。ある一日の様子です。
私『いやあ、奥田先生、寒いですね!ザク!ザク!ザク!ザク!』奥田先生『沖村先生、また走っているのですね!笑。大丈夫ですか?!』私『大丈夫です!生徒の皆さんについて、良かった点、改善点等をいつも通り話しましょう!』奥田先生『かしこまりました!』私『奥田先生、今、マイナス6°です!寒いですねえーいや、冷たい?!』奥田『本当ですか?!いやあ、凄いですね!笑笑』私『やりたくてやっているわけではなく、やらねば!でして笑』ここで、約1.7km走って、手がまずいことに気がつき、私『奥田先生、少しお待ちください!手袋手袋!スノボーグローブをはめます!』奥田先生『今まで手袋無しですか?!それがまた笑笑笑』なんとも不思議な楽しい会話でした!笑。このあと約5km走り、この日を終えました。)

思い浮かぶのは、これくらい?でしょうか。

深いですよね・・・

雪道ランニングについて、

つづく。

冬、雪の壁で覆われているため、歩道は排気ガス臭いいいーぐはあああ
(苦笑)

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

ザックッザックッザックッザックッ・・・

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室及び北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんにちは。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

前号の続きでございます。

題名にもありますよね、
この擬音語、そうです、冬です。雪道です。
こちらは、今年2022年早々1月。既に8ヶ月も前のことです。2022年もあと少しですねー。受験生は、夏が終わり、刻一刻と受験が近づいております。
その既に懐かしき今年の冬、マイナス気温であろうが、雪が積もろうが、走っていました。1月も2月も3月も。春になるのも夏になるのも楽しみの一つです!笑。
勿論、安全第一を確保した上でです。
いつものコースをザクッザクッザクッ、と。
日にもよりますが、1.7km~10kmを目安に走ります。

狭い僅かな歩道、人が一人何とか通過出来るくらいの道を走ります。
除雪車が、うまくいっていないこともありますが、基本的には当然ながら、感謝しています!
コスト削減や練習場が無くても出来る!という自信もあり!ということで、室内ランニングマシーンを使ったり、スポーツジムには入会はせず、自分自身で対策です!
(昔から、スポーツを色々とやる上で特にバイブルとなる教本を読んだりビデオ動画をよく観ています。スポーツは色々と習いにいったこともあります。今思えば、楽しく、ありがたいことだったと痛感します。)
勿論、昔、スポーツジムに通ったり、ジムのトレーナーさんと体力測定をしてから話したこともありますが、体重が90kg(100kgを目指していました笑)→65kgに落とした17年前から、維持してきています。ベストは、体重だけでいえば、66~71kgでしょう。大体は、今は何kgかわかります。食事前後や運動前後により、変わりますが、何キロにしよう等はありません。
大抵は67、68kgであります。(体重好評をしても仕方がないのだが笑)
高校生~20代前半のときは、身体も良い感じの?ピークで72kg~75kgでした。
勢いがありましたねえ。笑。
まさに今!生徒の皆さんが充実期を迎えていますよ!

90→65kgは、なかなか楽しかったです。笑
マイナス25kgですので、ノウハウは昔に学習空間のブログでアップしました。
またまた再度アップしてみようかと思います。笑。
単純にわかりやすく説明をしますと、おへそからズボンのフック、ファスナーまでの距離が約22、3cm空いていました。笑。
ちょうどそれくらいの定規が入りました。こりゃ面白い!楽しい!笑。

さて、悪条件の中、なぜわざわざ行うのか?
理由は、様々あります。
中には、生徒さんたちに日頃から伝えていることもあります。

次号へ
つづく!

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ