生徒を育てる

2022夏の終わりに

個別指導塾の学習空間
北海道旭川エリア
旭川東光教室・旭川末広教室
を担当させていただいております
渡邉です(^o^)丿

夏休みをいかがお過ごしでしょうか?
旭川のほとんどの高校や
隣町にある東川中も
今日から新学期です。
つまり
2022夏は終わりました?!
教室の夏期講習もこの日程に合わせ
昨日で16日間のアツい夏を終えました!
参加してくれた生徒の皆さん
素晴らしい成長をしていましたね。
最終日に
「ゲームをしていたかった…」
そんな本音も漏らすほど
それぞれのカリキュラムを
見事にクリアしていきました!
お疲れ様でした。
この経験は皆さんの宝物です。
是非今後に活かしていきましょう!

夏の終わりに思い出すこと
旭川の親父との思い出です。
夏期講習中もふと思い出していました。
実の親父ではありませんwww
学生時代によく通っていた
居酒屋のマスターですwww
飲みに行っては説教され、
お客さんが帰ってからも語ってくれ、
店の移転には話し合いに混ぜてくれ、
そして
自分の死に際には
私を埼玉から呼び寄せてくれました。
その最後の夏は2005年でした。

バドミントン部の夏は
お盆明けのこの時期に大会でした。
7月下旬に合宿
8月上旬は部の夏休み1週間程度
お盆辺りから大会前合宿
毎年このような流れでした。
家族は先に旭川に移動していたので
部の夏休みを利用して
旭川で待つ家族に会いに行っていました。
その2005年夏
高校野球部が甲子園出場を決め、
大きな決断に迫られました。
旭川に行きたい!
甲子園に行きたい!
その2択です。

甲子園に行く!
そう決め飛行機をキャンセル…
できない…
なぜだろう…
旭川に行かなきゃならない…
日程を考えた結果
朝一の飛行機で旭川へ
最終便で埼玉へ
日帰り旭川の旅www
さらに出発便に合わせ
旭川の親父の待つ居酒屋へ!
いつも以上に優しく
親父は再会を楽しんでくれました!
「このために来たんだ!」
そう思わせてくれました。
長男1歳10か月
次男8か月
長女はまだおなかの中
その報告もできました。
時間を気にしながら
私の好みを知っている親父が
メニューを決めてくれましたね。
最高の親父との再会でした!

2005年11月
喪中のはがきが届きました。
お相手は居酒屋のママさん…
親父の奥様です。
日帰りでも会いに行ったのは
遠く離れて暮らす私を
旭川の親父が呼び寄せたのだと
その時はっきりわかりました。
今その居酒屋はありません。
が、その店で培った
ビール好き!
もちろん健在ですwww
旭川の親父がくれた趣味を
今日の終わりにも楽しみます!

on the road 2022/08/17

北海道・旭川の塾なら個別指導の学習空間

旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川東光教室】
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川末広教室】

熱中できる今を大切に

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
入間藤沢教室&入間扇台教室の石川です。

昨日の台風、皆さんは大丈夫でしたか?幸いにも、私の自宅周辺は特に大きな被害もなく、台風が過ぎた今、だんだん暑くなってきています。

お盆休みをいただき、夏バテ気味の体をゆっくり休めております。
外出したい気持ちを抑えつつ、ふとネットサーフィンをしていると、吹奏楽コンクールのLIVE配信のページを発見しました。
この日は千葉県の高校A部門のコンクールで、吹奏楽王国ともいわれる強豪ぞろいの千葉県、これは観ないわけにはいかない!と思い、早速視聴しました。
※A部門というのは、一番人数が多く、課題曲も演奏する部門のことです。強豪校といわれる学校は、ほとんどA部門に参加します。

コンクールを間近で聴くのは3~4年ぶりだったので、ものすごく楽しみでした。
僭越ながら1校ずつ評価?しながら聴かせて頂きましたが、どの学校も上手くて評価のしようがありませんでした。
その中でも、全国大会常連校は、抜きん出ていました。配信でも違いが分かりました。

私が高校最後のコンクールで演奏した思い出の曲、コンクールで定番の曲、初めて聴いて楽しそうだな~と感じた曲、、
その時しか経験できない、貴重な思い出を振り返りながら、色々な曲を味わえた充実した1日でした。

そして今日、高校野球では、埼玉県代表聖望学園の試合があります。
私の教室からも、毎年聖望学園に進学する生徒さんがいるので、より熱く応援しようと思います。
野球と吹奏楽がつながる高校野球、熱中する高校生を応援していきます!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

つづきの・・・

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
夏期講習が一段落、8月開催の北海道学力コンクールも
終わり、お盆休み前も一段落ではないでしょうか。
(ブログストックは沢山ありますが、今回は比較的最近の作成分で、作成からアップまでにタイムラグがあります)

夏休みの宿題や定期テスト対策を頑張っている生徒さんもいることでしょう。

毎回のことですが、私たち講師のブログが少しの息抜きになれば嬉しいこと限りなしです。

さて、先日の続きです。

どのスポーツも芸術も生徒の皆さんが通ってくれて、前向きに行っている勉強も
個人差はあるとはいえ、
『練習』『演習』は、
本番で『そのまま出る』ことが多いと個人的には考えております。
勿論、練習以上の成果が出せることもありますが、それは日頃からの『積み重ね』があってこそだと信じていますし、そうであるはずです。

先日のブログでトライアスロンのレースに出場、完走をしたお話を載せましたが、元々、私自身は球技、短距離走が得意でした。水泳は、2歳から始め(最初は泣く泣く泣く笑、耳をひっぱられ、蹴飛ばされながらスクールに通いました笑)4泳法をマスターしてからも泳ぎ続けていたため、1.5kmや長距離を泳ぐことは問題なく行えますが、決して速いとは言えなく…スイミングスクールを卒業後に選手に選ばれたこともありません。(かなり速い生徒は選手に選ばれ、継続して通っていました)ロードバイク(一般的な自転車であるママチャリで、昔、ロードバイクに勝とうと何度もスピード競争をした記憶があり笑、10kmくらいまでなら良く近隣の街を移動していました笑)もマラソンも苦手ではないにせよ、特に得意です!とも言えず…
マラソンやジョギングは、部活をやっていたころから、嫌いでした…走り込みがとにかく嫌いでした笑。
苦しいというよりもつまらない…と。いやいや、そのようなことを言ってはなりませんね。笑。
後々、走り込みの大切さにも気がつきますが。
短距離走を一気に走りきるのが好きで得意でした。
大人になってからマラソンの魅力がわかりました。
不思議なものです。
大学受験生のときは、寝る時間帯ですら教科書は枕の下、寝る時間以外はほぼ勉強で、自分自身を勉強をする身体と頭に仕向けていき、机に向かう快感が得られるくらいにまでなっていました。(何名かの生徒さんたちに話したことがありますが、きもちわるっと言われました笑)
大人になってからの方が勉強、学ぶことの楽しさが何倍もあります。(何人もの保護者様も面談の際に同じことをおっしゃっていました笑 あるあるなのでしょうね笑)
これまた不思議です。
今回のトライアスロンは、
全体的には、しっかりと対策をし、練習を重ねて、出場をしました。
過去の経験から、『練習は、そのまま出る』ことを知っていたため、ひとつのゴールであるレース当日までに様々な対策をしていきました。
そこには、緻密な『準備』がありました。
皆さんの日ごろの学習、受験勉強、テスト対策にも様々な『準備』が必要ですよね。

つづく・・・

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

世界に誇る日本の技術力!

個別指導塾の学習空間(埼玉西部エリア)
鴻巣西教室、桶川東教室の内藤です。

夏休みの夏期講習が続く中、教室がお盆休みに入りました。
生徒の皆さんもこの休み期間中にリフレッシュしてもらい、残りの夏期講習に備えていただきたいところです。

さて、各エリアの先生方が夏の思い出を多く語られていますので、今回僕も夏の思い出から書いていこうと思います!
といっても、昔の思い出ではなくこの夏の数少ない、かつとてもワクワクした思い出を語っていきます!

先日、神奈川県横浜市の山下埠頭にある、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAへ行ってきました!

こちらの施設は、かの有名な国民的アニメ、『機動戦士ガンダム』に登場する主役機体、

RX-78 ガンダム】 の等身大立像が建造された場所になります!
しかもすごいことに、こちらの立像は手足や頭、指なんかまで動いてしまうトンデモな代物となっております。

  

(本当はここに建造されたガンダムはRX-78-F00という形式番号で、アニメに出てきたRX-78-2とは別物で・・・と語りたいですが今回の主軸から逸れるので止めておきますね・・・)

今回触れたいのは、こちらの立像についての構造や法律的な扱いの話になります!
マニアックなテーマかつ、正確なソース元があるわけじゃない話も含まれるので、そんなもんなんだなぁくらいに思ってもらえれば幸いです。

このガンダム立像ですが、日本の数ある重工業メーカーが協力し合うことで造られています。
フレーム(骨組み)、関節構造、各部を動かすモータやシリンダ、各部によって違う材質の外装など、日本の工業を支える様々な技術が結集して出来上がっています。
その辺りの詳しい解説が施設内のGUNDAM-LAB内アカデミーというコーナーで解説、展示がされています。

僕自身が高専の機械工学科出身ということもあり、こういう機械や構造を見るととてもワクワクしちゃうんですよねー!
(車や電車の内部構造が好きな人と同じ感覚だと思ってます)

  

等身大ガンダムをすぐ近くで見学できるイベントでも、関節や機械部品が見えるところをよく観察してました(笑)

この日は大満足で帰ったのですが、後日ふと気になることがありました。

「あのガンダム、腰がデッキ(格納庫)に機械でつながってたなー・・・」
「そういえばあのガンダムは建物なんだろうか?それとも像みたいなもの?はたまた乗り物?」

そんなことが気になって調べてみると、公式情報ではないものもあるのですが、以下のような意見を見つけました。

・日本の今の法律では”乗り物”としてのガンダムは造れない
・建築基準法第88条の規定により法第6条の確認の手続きが準用される工作物に該当するのでは?
・ザクも作ろうとしたが、上記の建築基準法の観点からNGを出されてしまった
・日本でNGだったものが中国の上海でOKが出て、そっちで造ったものもある

こういったものを見ると、現代の日本で”機動戦士”ガンダムを造ることはまだまだ難しいようです。

ですが、横浜の動くガンダム立像には、将来的には実現可能なんじゃないかという希望を見いだせる気がします。

機会があれば、皆さんもぜひ見に行ってみてください!日本の工業技術がここに詰まっています!

そんなロマンに思いを馳せつつ、今回はこのあたりで。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

桶川市の塾なら個別指導の学習空間
鴻巣市の塾なら個別指導の学習空間

YouTubeチャンネル
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

今年の夏も暑いですね…

個別指導塾の学習空間、静岡中部エリア藤枝北・藤枝南教室の小笠原です

8月に入り、暑い日が続いていますね…(-_-;)
夜も暑くてなかなか眠れない日も多く、夏期講習もあるのでだんだん疲れが溜まってきましたが、
静岡中部エリアでは11日(木)からお盆休みになるので、残り3日頑張って指導したいと思います!
学習空間に通っている生徒の皆さんも塾がお休みになるので、この期間に宿題や今までの復習を
しっかりと進めておいてください!
特に中学3年生は休み明けの9/2(金)に1回目の学調があります!
また、中学校によっては休みに明けに定期テストがある学校もあるので、塾が再開した時にしっかり
と2~3周繰り返し解けるように学校のワークやプリントといった学校の課題をしっかりと終わらせ
ましょう!
まだまだ暑い日が続くと思います。また、全国的にコロナ感染者も増加傾向にあるため、
水分補給、手洗い・うがい、アルコール消毒、マスクの着用といった健康管理に気を付けながら
暑い夏を乗り切りましょう!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

夏の習慣

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室・旭川末広教室の渡邉です(^o^)丿

新千歳エリア沖村先生のブログに
なぜか??www
登場していました旭川の渡邉です!
バトンを渡された使命感から
ブログに手を付けてみましたwww

夏休みをいかがお過ごしでしょうか?
埼玉で教員を務めていた頃
夏休み前に必ず話していたことがあります。
「30勝10敗を超えよう!」
何の意味か分かりますか?
北海道の夏休みは短いので
気が付いたら2学期が始まります。
埼玉は
気が付いてもまだ夏休みwww
40日間もありました。
長すぎるので
保護者も先生方も
生徒たちをコントロールしきれません。
それよりも
自分でコントロールしてみよう!
その意味で「30勝10敗」
これをキーワードに話してました。

何を基準に勝つのか?
何だと思いますか?
進学校での話でしたので
そうですあれです!
「1日10時間学習」
これを達成できた日は勝利!!
簡単ですよね。
って思うじゃないですか?!
やってみると
あれっ?
この瞬間は?
学習中なのか?
線引きが難しいこともあります。
目的としては
「10時間でも足りない!」
この感覚に気が付かせたい、
その思いでした。

この10時間を達成するためには
24時間を
上手にコントロールする必要があります。
特に朝!
この習慣がカギになります。
午前中に3時間学習
これができれば残り7時間
結構簡単ですよね。
ただし!
夏休みの朝は
「ゆっくり寝ていた~い」
その気持ちもわかりますwww
その時には
合格している自分と
不合格になってしまった自分
どちらをイメージしたいか?
そうコントロールしてみましょう。

授業や講習
部活動があるときには
何かにコントロールされていましたね。
何もない日
受験生にとっては
(受験生でなくとも)
もったいないような気がします。
夏休みに習慣をつける!
それをきっかけに
受験まで駆け抜けていく強さを
身につけていきましょう!!

on the road 2022/08/03

北海道・旭川の塾なら個別指導の学習空間

旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川東光教室】
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川末広教室】

ブログに題名をーみっつ並べてみたーの巻

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいている沖村です。

皆さま、ご無沙汰しております。お元気でしょうか?

8月に入りましたね!あと5か月で夏、秋、冬、あっという間に2022年が締まりますね!

ここまでも早く、ここからも早いですね!

前回のブログは、2021年の冬、年末にかけてブログラッシュイベントを行った際でしたね!
読んでいただいた方、ありがとうございます!

その時には、次回は夏にUPをすることが決定しておりました。

ここから年末にかけて、元埼玉エリアのブログ担当のブロガーの私が、笑

学習空間、チーム北海道のブログを盛り上げて?!いきますよ!(宣言 笑)
チーム北海道のブロガーといえば、旭川エリアの渡邉先生です!
まさにミスター学習空間ブロガーです!
何度も話しました。笑。
沖村先生、挙げないのですか?と。笑。
次は、夏です!夏!と冬眠に入っていました。笑。

さて、多くの先生も色々と楽しく、ためにもなる、息抜きにもなる、様々なブログを挙げてらっしゃいますが、
今回のテーマ、題名は、『2022年 夏』『北海道にも夏が来た』『夏の思い出』あたりでしょうか。

7月31日の日曜日は、最近の北海道の天気にしては、暑くなりました。
暑いとはいえ、北海道の夏ですが。笑。
もともと東京に23年住んでいたこともあり、そこまではあまり暑く感じません。
最近にしては、まあまあ暑いなあ、程度です。
猛暑、酷暑まではいかない感じでしょうか。
7月31日は、天気予報では(私が何度も事前に確認した情報ですと)、雲が多く、太陽が雲に隠れて日は出たり入ったり、気温は28度前後になるでしょう。
でした。
ところが、さすがは予報。
雲は確かに多めでしたが、日が出ている時間が長いこと長いこと。気温は、32度までになっていました。
おかげで久々に日焼けをしました。ひりひり痛い日焼け。日焼け止めクリームは、昔からよく使っていましたが、さすがに油断していました。
予報+北海道の夏だろう?と・・・それがそれが、これでもか!というくらいのピーカン。ピーナッツ!

このヒリヒリ日焼けをした7月31日、良い思い出になりました。いえ、良い思い出をつくりました。
70にもなる父と40半ばを迎えている私、一つのイベントとして、
トライアスロンに出場してきました。父は、年齢は70ですが、約10年、レースに出続けているベテランのトライアスリートです。まさに鉄人です。凄まじい・・・
生きている間に一緒にトライアスロンに!(他にも交流はあるかもしれませんが、昔からスポーツ大好き一家でしたので、トライアスロンになりました笑)

家族も見に来てくれて、お願いしていた写真、動画撮影!をひたすら行ってくれました。笑。家族も日焼け日焼け。笑。
途中からは親戚も駆けつけてくれました。
嬉しかったですね~。

トライアスロンとは、ご存じの方も多いとは思いますが、軽く説明をしますと、
triは3、athlonは運動を表しています。
ラテン語の単語を組み合わせた造語で、スイム(水泳、川、湖、海を泳ぎます)・バイク(自転車ロードレース)・ラン(長距離走)の3種目を連続して一人で行う競技です。発祥は、アメリカで1974年に初めて行われ、日本では、鳥取県米子市で1981年に開催されたそうです。
年齢、体力、性別を問わず、自分のペースでトレーニングでき、レースに参加できます。
自己管理能力をはじめ忍耐力も問われ、養われるとも良く言われています。
年齢層は、10代から80代までと幅広く、生涯スポーツとしても知られています。

トライアスロンのタイプは、
スプリント、オリンピック(ショートやスタンダードとも呼ばれています)、ミドル、ロングの4種の距離によって分けられています。
今回は、オリンピックディスタンスでの出場でした。
オリンピックディスタンスは、
スイム1.5km、バイク40km、ラン10km、トータル51.5kmです。
オリンピックやワールドカップでも採用されているスタンダードな距離です。
競技時間は2〜4時間半くらいです。
国内大会の多くはこのオリンピックディスタンスです。

オリンピックディスタンスが、別名ショートって・・・という感じですよね。笑。
スプリントディスタンスは、オリンピックディスタンスのちょうど半分ずつの距離です。
長いものになりますと、ロングがあり、こちらで世界的に有名なのは、『アイアンマン』というレースです。
そういえば、埼玉西部の望月道広先生と一緒に教室を指導していたころ、教室のカラーは、『アイアンマン』でしたねえ。笑。鉄人やん。笑。
鉄人になれ!という感じでしょうか。笑。
道広先生は、『皆が皆、鉄人にはなれないから、学習空間らしく、個別に対応していきましょう!』とも良くおっしゃっていました。笑。
それでも生徒の皆さんは、アイアンマン?になっていました!笑。
このアイアンマンレースは、合計約226km(スイム3.8km・バイク180.2km・ラン42.2km)
です。
長い・・・
最後のランは、皆さんご存じの通り、フルマラソン、42.195KMということですね。

最後にフルマラソンって・・・

つづく・・・

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

柿ピーを抱えた夏

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
入間藤沢教室&入間扇台教室の石川です。

「夏の思い出」をテーマとして語りましょう第2弾、ということで、今回は大学生の時のサークル活動について書こうと思います。

私は幼少期からエレクトーンを習っており、大学ではエレクトーンサークルに所属していました。
(学習空間HPの講師紹介でも趣味に書くくらい、私の中での特技の1つです。)

サークルでは年1回の学園祭でのコンサートをはじめ、複数の大学のエレクトーンサークルが一堂に会する「ジョイントコンサート」など、様々なイベントがありました。
いわゆるガチな練習というのはありますが、その他の交流もとても盛んでした。

その中でも夏合宿(という名の旅行)は、サークルメンバーと仲良くなる以外にも、本音を語る貴重な機会でした。
とある湖でカヌーをしていて私が転覆し、インストラクターの方が必死に戻そうとしてくださったこと、夜の肝試しでお化け役(暗闇で風船を割る役割)をするも、完全にばれて手を振られる始末だったこと、宴会で大容量の柿ピーを1人で抱えて食べていたのを思いっきり笑われたこと、部屋の布団に入りながら恋愛観を真剣に語る先輩の話を聞いたこと、今後のサークルをこうしていきたいという、創設者の熱い思いを聞いたこと、、、色々楽しみました。そのような中でも、遊びながら見えてくる仲間の本心、実はおちゃらけていそうですごく物事を考えているなど、学ぶことが多かったです。

社会人になると、どうしても節度や人目を考えるようになります。それは悪いことではなく、必要なことだと考えています。
一方で、やんちゃに好きなことができるのは、学生までの特権だな~と改めて思います。もちろん周りの人へ迷惑をかけてはいけませんが、許される範囲内でおもいっきり楽しめるのは、学生ならではだと思います。

小学生、中学生、高校生、それぞれ今だからできることがあります。前回書いた部活動もその1つです。
全員に平等に与えられいるのは「時間」です。そしてもとに戻れないのも「時間」です。今この時をどのように過ごしたらよいか、大切にしていきたいなと考える今日この頃です。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

日本三大祭りといえば

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア 坂戸東教室 桶川西教室の山本です!

7月ももう終わりに近づいてきましたね。


7月といえば祇園祭ではないでしょうか!!

祇園祭とは日本三大祭りの一つで、京都で7月1日から7月31日まで行われるお祭りです。


1カ月もやっているのかとびっくりされることがありますが、実際には屋台が並んで人がいっぱい来る日は宵山と言われる14日~16日の3日間だけです。 残りの日のほとんどは一般人には関係のない神事を行っていたりと、京都にずっと住んでいても山鉾を気合で動かす以外正直なにをやっているのかは詳しく分かりません(笑)


詳しくは無いですが、屋台が出る宵山宵々山には学生時代に何度か行ったことがあります。 最後に行ったのが高校生のころですが、宵山に友達と烏丸通りへ行き、食べ歩き&くじ引きで遊びつくしました!

大学に入ってからは、人が多い蒸し暑いと思うようになり行かなくなりました。

いい思い出とともに凄く暑かった記憶が残っています(笑)


蒸し暑くて行かなくなりましたが、埼玉に引っ越して気軽にいけないとなると行きたくなります。

高校生のときには屋台を目当てに行っていましたが、山鉾から祇園囃子が聞こえてくる祇園祭独特の雰囲気がすごくよかったんだなと今は思います!


うわべだけの紹介だったので魅力が伝わらなかったかもしれませんが、皆さんも是非一度行ってみて下さい!



埼玉の塾なら個別指導の学習空間
坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
桶川市周辺の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのチャンネルはこちら

熱い夏、暑い夏の思い出

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
入間藤沢教室&入間扇台教室の石川です。

「夏の思い出」をテーマとして語りましょう、ということで、学生時代の夏の思い出を振り返ってみようと思います。

私は小学校4年生から高校3年生まで、部活動は吹奏楽一筋でした。
ちなみに楽器はチューバでした(一言で表すととにかく大きい楽器です)。

吹奏楽はコンクールが夏に行われるため、ちょうどこの時期はコンクールに向けて練習に励んでいました。

・苦手なフレーズをひたすら繰り返し練習
・同じ楽器同士やセクションで、曲の強弱や表現方法を共有する
・音の響きを出せるように、敢えて音楽室全体に毛布を敷き詰める(真夏の冷房なし…)
などなど。。。決して楽ではありませんでしたが、良い音楽をつくるために必要なことでした。それも今となっては良い思い出です。

音楽の面だけでなく、集団活動から学ぶこともありました。十人十色の人が集まって、共通の方向性・目標を立てたり、様々な意見を最終的にまとめるなど、社会人になって必要なスキル?を少し身につけられたのは、音楽以上に意味のあることかもしれません。

その他、ここには書ききれないほど、部活動で思い出があります。それだけ人生に大きく影響を与えた部活動に出会えて、本当にうれしく思います。

このブログを書いているころ、吹奏楽部の皆さんはコンクールに向けて練習に励んでいると思います。
制限のある中でのコンクールで、正直想像できないことが多いです。

偉そうなことはとても言えませんが、1人の吹奏楽の先輩として伝えるとするならば、
「吹奏楽に出会えて良かったね」
です。音楽・仲間・恩師、、、出会えることはたくさんあります。

小学校4年生の時の顧問(恩師)は、現在教頭先生へなられたそうです。
高校の時の部活の同級生は、何人か学校の先生になり、吹奏楽の顧問もしているそうです。
部活から離れて数年後、またかつての仲間と語り合いたい!というのも、後になって思うかもしれませんね!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間