群馬県

冬到来・・・汗

個別指導塾の学習空間、群馬県央エリア前橋三俣・前橋大島教室の古川です!

ここ1・2週間で急に寒くなってきましたね!
まさに冬到来といった感じで、あっという間に1年も終わりを告げようとしています。

さて、みなさんの1年間はどうでしたか???
思うように過ごせた人も、そうでなかった人も様々だと思います。

「終わりよければ、全てよし」

12月を充実した月にすれば全てよしだと個人的に思います(笑)

また、これから受験シーズンが本格的に始まります。
試験会場に行くと皆自分より優れているような錯覚を受けてしまいがちですが、
決して優れているなんてことはありません。

「自分が一番できる!」という強い気持ちで是非試験に臨んでくださいね!!
今までの結果なんてあまり関係ありません。

「終わりよければ、全てよし」

結果全てです!!

なので、くじけそうになることもあるかもしれませんがあきらめずに目標に向かって取り組んでいきましょうね(*’▽’)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

秋真っ只中

個別指導塾の学習空間,群馬県央エリア 高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

最秋も深まって参りましたがいかがお過ごしでしょうか?

高崎では3年振りとなる,キングオブパスタ2022が開催されました。大のパスタ好きである私にとっては一大イベントです。新型コロナウイルスの影響で一昨年,昨年と会場での実施はできませんでしたが,3年振りの開催ということもあり,朝から大勢の人・人・人…。ようやく街に活気が戻って来たなと感じました。もちろん感染防止対策も万全です!やっぱり高崎のパスタは最高です‼︎

その後は渋川の岩盤浴で大量に汗を流し,伊香保は河鹿橋のライトアップに行って来ました。今年は例年に比べかなり色付きが良いです。

久しぶりに良い休日を過ごすことができました。多くの中学校・高校が期末テスト間近になっているので明日からまた頑張っていきたいと思います!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

勉強をする意味

個別指導塾の学習空間、群馬県央エリア 高崎足門教室の井野です!
私事ながら、今月から高崎足門教室に配属となりました。
高崎足門教室の皆さん、あたたかく受け入れてくれてありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!

最近、小学生の生徒に「せんせー、勉強ってなんでしないといけないの?」ってふと聞かれました。
確かに学生のうちって「こんなの役に立たない、いつ使うの?」とか勉強の意味って実感しにくいですよね。
どうしても勉強ってやらされてる、いやなものって感じてしまうと思います。

私は勉強で知識を身につける以上に、テストのために頑張る、宿題を終わらせるために頑張る、のように目標に向かって頑張ることが勉強で得られる一番の経験だと思います!

目標を達成するために努力をした経験があるかどうかって、将来大人になっても重要なんですよね。
努力を続けた経験がないと、どうしても辛い時にすぐにやめてしまったり、人のせいにして逃げてしまうことが多くなると思います。

ですので、もちろん知識をつけることも重要ですが、今のうちから身近な努力をコツコツと続けていくことが勉強をする意味の一つだと思います!!
夢に向かって前進し続けられる大人になるためにも努力をし続けることを欠かさないようにしていきましょう!
群馬の塾なら個別指導の学習空間

雑感

個別指導塾の学習空間、群馬県央エリア 前橋三俣/前橋大島教室の古川です!

2学期も始まり、これから体育大会や修学旅行といった様々なイベントが盛りだくさんですね!
 ふと、私自身の学生時代を振り返ってみるとあれやこれやと思い出が昨日のことのようによみがえってきます。コロナ禍といった社会情勢の中で、日常生活の中で制約が設けられる場面も出てきました。ですが、一度きりの学生生活なので目一杯楽しんで有意義な時間を過ごしてもらいたいなと思う今日この頃です。

 これから2学期の中間・期末試験が各学校で行われていきます。イベントだけではなく学業にも目一杯取り組んでもらいたいです。「あの時やっておけばよかったなぁー」と後悔する前に、まずは行動あるのみです。自分で決めた先にある結果は、必ずや納得のできるものになると思います。

「やってやれないことはない!」
 
 こういった気持ちが老若男女を問わず大切なことだと思います。
 私も早速、大の苦手な掃除から今週末のお休みから取り組みたいと思います(-_-)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

大学時代に学んだこと

個別指導塾の学習空間,群馬県央エリア 高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

最近よく大学時代のことを思い出します。大学時代私は地域社会学を専攻し,毎年のようにタイに出かけ貧困層を含む都市コミュニティでフィールドワーク(…という名の旅行??)を行っていました。大学卒業後も新型コロナウイルスが流行する前まで毎年のようにタイを訪れていました。座学で学ぶ知識と異なり,そこへ実際に行き五感をフルに使って得た知識は私の人生に大きな影響を与えています。

貧困層と聞くと劣悪な居住環境,社会的に弱い立場にあり,政府やNGOの援助なしでは満足した生活を送れないイメージがありました。しかし私が実際に目にしたのは,住民が自分たちで意思決定を行い,CODI(コミュニティ開発機構)の支援のもと,居住環境やまちをよりよいものにしていこうとする姿でした。

コミュニティの住民はそれぞれ毎月少額貯蓄を行い,数年後に社会的な信用を得てコミュニティ単位で融資を受け,安心できる居住環境を手に入れます。この手法はマイクロクレジット(少額融資)と呼ばれています。それぞれのコミュニティはネットワークに属し,地域開発や経験の情報共有を行います。UCDO(都市コミュニティ開発機構),現CODIが地域開発プロジェクトに参画したことにより,今までのトップ・ダウン型の開発からボトム・アップ型の開発が行われるようになりました。

「付き合いを大切に!」という教授の言葉も私の人生に大きな影響を与えています。タイで出会った地域の方々,現地の教授,友人とは今でも親交があり,タイを訪れたときは毎回家族のように迎えてくれます。私が何か誘いを受けた時,よほどの理由がない限り断らないのは教授のその一言が影響しています。

何のために勉強するのでしょう?今学んでいること,大学時代に学ぶことが将来直接役に立つわけではありません。しかし,今学んでいることがいつか思いもよらないところで訳に立つことは確かです。私の場合CODIのコミュニティへのかかわり方は講師の生徒へのかかわり方そのものです。自分の考えや価値観を押し付けるのではなく,生徒がどうしたいのか,どうなりたいのかをしっかり汲み取り,必要な時には解決策を示し,最終的には生徒が選択する,そんな指導を心がけています。
新型コロナウイルスの影響で制約はありますが,今しかない小学時代,中学時代,高校時代、そして大学時代に様々な経験を重ね,感性を磨き,見聞を広げて欲しいと願ってやみません。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

徒然なるままに

個別指導塾の学習空間、前橋三俣・前橋大島教室の古川です(‘^’)

昨日と本日で県内の多くの学校で入学式が挙行されています。

改めて、ご進学並びにご進学された皆様誠におめでとうございます。
これからの将来を良いものにも悪いものにもすろのも全て自分次第だと思います。
自らの意思を持ってぜひ過ごしてもらいたいなと思います。

人や環境のせいにしても何も変わりません。
また、自分本位の考えで行動していては人は離れていきます。
今日一日を精一杯過ごして初めて、よりよい明日がやってきます。

数年経ったふとした瞬間に、後悔の無い日々をぜひ過ごしていってもらいたいです。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

新年度がスタートしました

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

蔓延防止等重点措置は解除されましたが,早くも感染者数,第7波が心配されています。引き続き感染対策,健康には十分留意していきましょう。

さて,進学,ご進級おめでとうございます。気持ちを新たに,良い1年にしていきましょう!

春は卒業と進学・進級,出会いと別れで何かと忙しい時期です。塾では春期講習5日目を終え,久しぶりのオフ。あいにくの雨でしたが,久しぶりに周りを眺めてみると桜が満開。いつの間にこんなにきれいな花を咲かせたものかと思っていますが,季節は刻々と変化しているのですね。

今年も多くの受験生たちが冬の厳しい時期を乗り越え,大輪の花を咲かせてくれました。どの生徒も本当によく成長してくれたと思います。そのバトンを後輩達が受け継ぎ,みなぎるようなエネルギーで日々の学習に励んでくれています。1年かけてどれほど成長してくれるのか,1年後にどれほど美しい花を咲かせてくれるのか,本当に楽しみです。

今年度もよろしくお願いします!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

震災から27年~今感じたい音楽の力,言葉の力

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

新型コロナウイルスオミクロン株が爆発的に広がっていますがいかがお過ごしでしょうか?1日も早い事態の収束を願うばかりです。

本日1月17日は阪神・淡路大震災の発生日,もう27年が経つのですね。今でこそ劇的な復興を遂げた神戸のまちですが,震災当時,現地の方々は医療,電気,水,食糧を求め,本当に大変な思いをされたことと思います。震災で亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。また,震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて,先日武満 徹の「『系図』―若い人たちのための音楽詩」 という曲を聴きました。武満らしく複雑な構成ですが,もの凄く美しい曲です。この曲は,谷川 俊太郎氏の詩集「はだか」のなかから「むかしむかし」,「おじいちゃん」,「おばあちゃん」,「おとうさん」,「おかあさん」,「とおく」のすべてひらがなで書かれている6つの詩が取り入れられ,遠い昔から続く歴史の中の今自分がここにいること,そして遠く未来に向けてもっと遠くに行こうとする自分が描かれています。谷川 俊太郎氏は「詩の内容はご自由に解釈してください。」とおっしゃっているそうですが,本当に暖かく心に残る詩だと感じました。

時には詩を読んでしみじみした気分になるのも良いかと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

芸術の秋ーウィーンの風

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数も減少し,少しずつ日常を取り戻しつつありますがいかがお過ごしでしょうか?新型コロナウイルスの再拡大やインフルエンザの蔓延も心配されますので,引き続き気を緩めず対策をしていきましょう。

さて,11月は芸術の秋真っ只中。ウィーン・フィルハーモニーウィークインジャパンが開催され,2年ぶりに公演に行って来ました。指揮はリッカルド・ムーティ。「音楽は仕事ではなく使命なのです。」「音楽は精神の健康を保つのに必要なのです。」オーストリア全土でロックダウンが行われ,史上初めて無観客で開催されたニューイヤーコンサートの場で彼が語ったメッセージは世界中の人々を感動させました。私もその1人です。だからこそ絶対に聴きに行きたいと思っていました。

何度にも渡る飛沫飛散の実験,演奏ギリギリまでのマスク着用,毎日のPCR検査,ホテルとホールの移動以外の外出禁止など,徹底した感染対策のもと今回の来日公演が行われたことを聞き,ウィーン・フィルの第2の故郷である日本での公演にかける思いがひしひしと伝わってきました。

プログラムの中でシューベルトの交響曲第4番ハ短調「悲劇的」という曲をやったのですが,この曲は1815年にのインドネシアの火山が大噴火し,翌年ヨーロッパの凶作を起こし,飢饉や大規模な物価上昇に苦しむ中で作曲されたそうです。アジアとヨーロッパのつながり,世界でこのコロナ禍を乗り越えていこうという思いがひしひしと伝わってきました。

アンコールはヴェルディの『運命の力』序曲,長年スカラ座の音楽監督を務めたムーティらしい圧巻の演奏でした。

今まで聴きに行った演奏会1回1回が脳裏に鮮明に残っており,時折思い出すことがありますが,その中でも今回の演奏会はずば抜けたものだったと思います。

私自身,普段の塾の指導に置いて,いつ何がきっかけで生徒の人生に影響を与えるか分かりません。しかし,その1回1回の指導,1つ1つの言動が生徒の今後の人生に影響を与えるものになると信じ,指導に邁進していきます。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

備えあれば憂いなし

個別指導塾の学習空間前橋小出・前橋総社教室の比良です。

先日、千葉県を震源とする、最大震度5強という大きな地震がありました。
みなさん、大丈夫でしょうか?私のいる群馬ではそこまで大きな揺れありませんでした。むしろ地震を知らせるアラームにビックリしすぎて焦りました。ギュイーンギュイーンって怖すぎます。もう少しポップな感じにしてほしいです。
その後、目立った揺れは少なくホッとしてる方も多いと思います。
もしかすると、1週間前後は大きな地震がある可能性があるので、ご注意を。

災害の際の備えというのはとても大事です。何を準備したらいいのか分からないという方はサイト等に掲載されているので、今からでも準備をしておきましょう。また、必要最低限の量で、買占め等はやましょう。
コロナでもマスクやトイレットペーパーなどが品薄状態になっていましたね。

群馬の塾なら個別指導の学習空間