高崎市

秋真っ只中

個別指導塾の学習空間,群馬県央エリア 高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

最秋も深まって参りましたがいかがお過ごしでしょうか?

高崎では3年振りとなる,キングオブパスタ2022が開催されました。大のパスタ好きである私にとっては一大イベントです。新型コロナウイルスの影響で一昨年,昨年と会場での実施はできませんでしたが,3年振りの開催ということもあり,朝から大勢の人・人・人…。ようやく街に活気が戻って来たなと感じました。もちろん感染防止対策も万全です!やっぱり高崎のパスタは最高です‼︎

その後は渋川の岩盤浴で大量に汗を流し,伊香保は河鹿橋のライトアップに行って来ました。今年は例年に比べかなり色付きが良いです。

久しぶりに良い休日を過ごすことができました。多くの中学校・高校が期末テスト間近になっているので明日からまた頑張っていきたいと思います!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

勉強をする意味

個別指導塾の学習空間、群馬県央エリア 高崎足門教室の井野です!
私事ながら、今月から高崎足門教室に配属となりました。
高崎足門教室の皆さん、あたたかく受け入れてくれてありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!

最近、小学生の生徒に「せんせー、勉強ってなんでしないといけないの?」ってふと聞かれました。
確かに学生のうちって「こんなの役に立たない、いつ使うの?」とか勉強の意味って実感しにくいですよね。
どうしても勉強ってやらされてる、いやなものって感じてしまうと思います。

私は勉強で知識を身につける以上に、テストのために頑張る、宿題を終わらせるために頑張る、のように目標に向かって頑張ることが勉強で得られる一番の経験だと思います!

目標を達成するために努力をした経験があるかどうかって、将来大人になっても重要なんですよね。
努力を続けた経験がないと、どうしても辛い時にすぐにやめてしまったり、人のせいにして逃げてしまうことが多くなると思います。

ですので、もちろん知識をつけることも重要ですが、今のうちから身近な努力をコツコツと続けていくことが勉強をする意味の一つだと思います!!
夢に向かって前進し続けられる大人になるためにも努力をし続けることを欠かさないようにしていきましょう!
群馬の塾なら個別指導の学習空間

大学時代に学んだこと

個別指導塾の学習空間,群馬県央エリア 高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

最近よく大学時代のことを思い出します。大学時代私は地域社会学を専攻し,毎年のようにタイに出かけ貧困層を含む都市コミュニティでフィールドワーク(…という名の旅行??)を行っていました。大学卒業後も新型コロナウイルスが流行する前まで毎年のようにタイを訪れていました。座学で学ぶ知識と異なり,そこへ実際に行き五感をフルに使って得た知識は私の人生に大きな影響を与えています。

貧困層と聞くと劣悪な居住環境,社会的に弱い立場にあり,政府やNGOの援助なしでは満足した生活を送れないイメージがありました。しかし私が実際に目にしたのは,住民が自分たちで意思決定を行い,CODI(コミュニティ開発機構)の支援のもと,居住環境やまちをよりよいものにしていこうとする姿でした。

コミュニティの住民はそれぞれ毎月少額貯蓄を行い,数年後に社会的な信用を得てコミュニティ単位で融資を受け,安心できる居住環境を手に入れます。この手法はマイクロクレジット(少額融資)と呼ばれています。それぞれのコミュニティはネットワークに属し,地域開発や経験の情報共有を行います。UCDO(都市コミュニティ開発機構),現CODIが地域開発プロジェクトに参画したことにより,今までのトップ・ダウン型の開発からボトム・アップ型の開発が行われるようになりました。

「付き合いを大切に!」という教授の言葉も私の人生に大きな影響を与えています。タイで出会った地域の方々,現地の教授,友人とは今でも親交があり,タイを訪れたときは毎回家族のように迎えてくれます。私が何か誘いを受けた時,よほどの理由がない限り断らないのは教授のその一言が影響しています。

何のために勉強するのでしょう?今学んでいること,大学時代に学ぶことが将来直接役に立つわけではありません。しかし,今学んでいることがいつか思いもよらないところで訳に立つことは確かです。私の場合CODIのコミュニティへのかかわり方は講師の生徒へのかかわり方そのものです。自分の考えや価値観を押し付けるのではなく,生徒がどうしたいのか,どうなりたいのかをしっかり汲み取り,必要な時には解決策を示し,最終的には生徒が選択する,そんな指導を心がけています。
新型コロナウイルスの影響で制約はありますが,今しかない小学時代,中学時代,高校時代、そして大学時代に様々な経験を重ね,感性を磨き,見聞を広げて欲しいと願ってやみません。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

9月になりました

個別指導塾の学習空間、群馬県央エリア高崎筑縄教室・伊勢崎西教室の河田です。

9月になり、涼しくなってきたのでいくらか過ごしやすくなりましたね。
夏休みが終わり、学校も始まりました。子供たちは、久しぶりに友達と会って楽しかった、朝起きるの大変、テスト受けたくない、休みが短い、など様々なことを聞かせてくれます。色々なことを言いつつも楽しそうに話してくれるとうれしいですね。

また先日、3月に高校受験が終わって塾を卒業した生徒さんが教室に来てくれました。勉強の話、部活の話、遊びの話…いろいろなお話が出てきました。久しぶりに元気な顔を見せてくれて、楽しく高校生活を送れていることを報告してくれたので大変な受験を乗り越えた甲斐があったと思えました。

2学期になり、受験生にとってはとても大切な時期となります。季節の変わり目なので体調に気をつけながら一緒に頑張っていきましょう。

群馬 :群馬の塾なら個別指導の学習空間

「頑張る」ってなんだろう?

個別指導塾の学習空間、高崎足門・高崎飯塚教室の大岩です。

新学期になって約一か月が過ぎたころですが、
新しい学年での生活にも慣れてきた頃でしょうか?

勉強も一段階レベルがあがるし、
新しい生活をまたみんな頑張っているんだと思います。

そんな中で一つ、質問をさせて頂きたいです。

「頑張るってなんだろう?」

「頑張る」といってもいろんな頑張るがあります。

とにかく長い時間勉強をすること?わからない問題にひたすら粘ること?

こういったことが本当に「頑張る」ことでしょうか?

世の中のことは「変わるもの、変わらないもの、変えられるもの、変えられないもの」に分類することができるそうです。

例えば、学校の課題。
どれだけ量が多いと文句を言っても、それは変わりません。

例えば、解けないなと思う問題。
どうしてもわからない問題にどれだけ粘ってもわからない事実はなかなか変わりません。

逆に、早く、でもちゃんと課題を終わらせることはやり方次第で変えられます。
また、ある意味粘らずに、間違い直しをして最終的に出来るようになればいいかと気楽に思ってみたり、自分の考えも変えられます。

どうしても変えられないことに不満や文句・焦りや不安を感じてもどうせ変わらないし変えられないのだから、開き直ってそこは「前向きな諦め」をしてもいいんだと思います。

逆に自分次第で変えられることを「頑張ろう」とすることが正しい「頑張る」なのかもしれません。

なんてことを最近ふと思います。

あ~自分も頑張りすぎですかね(笑)
気楽にいきましょう!最終的にできればそれでいいんです、きっと(笑)

きっとなんとかなります(笑)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

新年度がスタートしました

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

蔓延防止等重点措置は解除されましたが,早くも感染者数,第7波が心配されています。引き続き感染対策,健康には十分留意していきましょう。

さて,進学,ご進級おめでとうございます。気持ちを新たに,良い1年にしていきましょう!

春は卒業と進学・進級,出会いと別れで何かと忙しい時期です。塾では春期講習5日目を終え,久しぶりのオフ。あいにくの雨でしたが,久しぶりに周りを眺めてみると桜が満開。いつの間にこんなにきれいな花を咲かせたものかと思っていますが,季節は刻々と変化しているのですね。

今年も多くの受験生たちが冬の厳しい時期を乗り越え,大輪の花を咲かせてくれました。どの生徒も本当によく成長してくれたと思います。そのバトンを後輩達が受け継ぎ,みなぎるようなエネルギーで日々の学習に励んでくれています。1年かけてどれほど成長してくれるのか,1年後にどれほど美しい花を咲かせてくれるのか,本当に楽しみです。

今年度もよろしくお願いします!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

生徒の成長に感動!

個別指導塾の学習空間、高崎筑縄、高崎飯塚教室の高橋です。

いよいよ、公立高校入試の後期がはじまります。
たった今最後の直線講習が終わりました。
採点をしながら生徒のものすごい成長を感じた1日でした。

全員、12月の冬期講習のときの点数から50点以上UPしました!
中には100点UPの生徒も!!本当によく頑張ったと生徒たちと喜びました♪
この2カ月、自分自身と戦い続けた生徒たちは点数では計れない大切なものを学び成長したと思います。
これは一生の財産になると私は思います。
あとは胸をはって入試を頑張ってもらいたいです。
今いる生徒たちは全員最後まであきらめない情熱があります。
私も最後の最後まであきらめないで生徒たちを送り出そうと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

震災から27年~今感じたい音楽の力,言葉の力

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

新型コロナウイルスオミクロン株が爆発的に広がっていますがいかがお過ごしでしょうか?1日も早い事態の収束を願うばかりです。

本日1月17日は阪神・淡路大震災の発生日,もう27年が経つのですね。今でこそ劇的な復興を遂げた神戸のまちですが,震災当時,現地の方々は医療,電気,水,食糧を求め,本当に大変な思いをされたことと思います。震災で亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。また,震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて,先日武満 徹の「『系図』―若い人たちのための音楽詩」 という曲を聴きました。武満らしく複雑な構成ですが,もの凄く美しい曲です。この曲は,谷川 俊太郎氏の詩集「はだか」のなかから「むかしむかし」,「おじいちゃん」,「おばあちゃん」,「おとうさん」,「おかあさん」,「とおく」のすべてひらがなで書かれている6つの詩が取り入れられ,遠い昔から続く歴史の中の今自分がここにいること,そして遠く未来に向けてもっと遠くに行こうとする自分が描かれています。谷川 俊太郎氏は「詩の内容はご自由に解釈してください。」とおっしゃっているそうですが,本当に暖かく心に残る詩だと感じました。

時には詩を読んでしみじみした気分になるのも良いかと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

今年一年、お疲れ様でした!

個別指導の学習空間 高崎足門教室・前橋小出教室の大岩です。

今年最後のブログ担当を仰せつかりました。(汗)

みなさまは今年一年、どんな一年だったでしょうか?
受験に向けて突き進んでいる子、新しく塾に通い始めた子・・・

様々いらっしゃると思いますが、全員に共通しているのは

「努力」をした。ということでないでしょうか?

確かに他人からの評価も大事ですが、頑張った自分を自分で褒めてあげてください。
(自分で頑張ったと思う分には誰にも迷惑かからないですからね♪)

どれだけ頑張っても目先の「結果」が出ないことは時相応にあります・・・
しかし、努力をしたこと自体にいつか「努力してよかった」と思えるときは必ず来ます。

自分も指導をしていて、努力して向き合ってもなかなか生徒に結果を出してあげられず悔しい思いもします。
そんなときは自分は「でもいつか必ずやってよかったと思えるようになる」と言い聞かせ続けています。

その「いつか」を信じ続けられるかどうかが人の強さなのではないか、というのが自論です。

今年一年、講師陣・生徒さん達・そして保護者様含め、全員が努力をしてきたと思います。
まだまだコロナ禍で我慢や苦しい思いもあるとは思いますが、いつか「あの時があったから」と思える時が来ると信じて、共に進んでいければと思います。

長くなりましたが、今年一年、学習空間としてみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました。
そして来年も引き続きよろしくお願いいたします。

ではよいお年を!!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

2021年、もう終わりか~

個別指導塾の学習空間、高崎筑縄・高崎飯塚教室の高橋です。

寒い日が続くこの頃ですが、みなさん体調は大丈夫ですか?
風邪をひく生徒さんもちらほら出てきましたので、よく食べてよく寝て
元気に2021年を終われたらいいですね。

先週ですが、久しぶりに神奈川の実家に帰りました。
夏休みはちょうどコロナの感染者がピークの時期であり帰るのをやめました。
数か月ぶりに帰りゆっくりすることができました。
お墓参りもできたのでいい休日でしたが、改めて今年もコロナウイルスの影響があった1年だと感じました。
たまには家族とゆっくり過ごすことの大切さを感じました。

いよいよ受験が始まります。今年受験の生徒さんは日々応援してくれた家族への感謝を忘れずに
頑張りましょう!!そして、合格をつかみまず今まで支えてくれた家族に「ありがとう」の言葉を伝えてくださいね♪
その日のために私も頑張ります。

群馬の塾なら個別指導の学習空間