鴻巣市

第2の家 学習空間(`・ω・´)

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア
坂戸西教室&学プラの桑折(こおり) 義人です!

最近門限を破っているのがばれて、望月先生に「はい、よっしーアウト―!!!」と笑われながら注意された&各種データの更新時間が深夜~早朝なのが生徒にバレて爆笑されました、毎度おなじみ桑折です!! 今日は門限前に更新して見せます!!(?) → ブログ機能を使いこなせず、無念の門限撃破

そういえば社内で毎月1つだけ選ばれるブログに僕の書いた
結果を出している生徒の特徴(´-ω-`)
を選んでいただくことができました! 非常にありがたいお話しです……
お時間のある方はこちらも読んでいただけると嬉しいです!

さて、では本題へ!笑
タイトルに書いた 「第2の家 学習空間」ですが、これは僕が学習空間に来たばかりのころからずっと考えている、こんな教室にしたい!といった気持ちをストレートに表したものになります٩( ‘’ω’’ )و
通っている生徒はもちろん、卒業した後や社会人になった後も、「帰ってきた」と思えるくらい温かな空間にしたいと思っています。
ちょっと大げさな表現ですかね笑
つい先日生徒に「先生教室に住んでるくらいいませんか?笑」と言われ、「まぁ第2の家みたいなものだからな!だからみんなは息子や娘みたいな存在だと思っているぞ??彼女出来たら報告しろよ~??」なんて会話をしました笑

普段の僕はいつもニコニコしていて(?)、冗談っぽい優し気な(?)雰囲気であふれていると思いますが、内側では生徒ひとりひとりと全力で向きあい、少しでも成長する助けになりたいと思っています。
だからこそあえて厳しいことを言うときもありますし、間違ったやり方を違うと心から認識してもらうために変に否定せず、約束をしてまずやらせてみたり、統一された指導ではなくそれぞれに異なった接し方をしています。

そうやって自分なりに全力で向きあっていくと、生徒たちが卒業するときは嬉しくもあり寂しくもありますね。だからたまに卒業生の子達が顔を出してくれるとたまらなく嬉しかったりします。笑

公立高校入試まで残り2ヵ月と少し、きっとまたあっという間なんだろうなぁなんて感じて、すでに少し寂しさを感じていますが、みんなを笑顔で卒業させるためにも、残りの期間心を鬼にしてビシバシ指導していこうと思います!

第2の家、とまではいかなくても、生徒たちに「ここは自分の居場所なんだ」と心から思ってもらえるように、これからも頑張っていこうと思います(/・ω・)/

なんだか今月最後の投稿みたいな文章になってしまいましたね笑
そんなことはなく、今年の残りの期間もまだまだ出現します~(∩´∀`)∩笑
それでは!坂戸西教室のInstagramフォローお待ちしております!笑

あ、坂戸西教室の成績アップ情報続編も載せておきますね!生徒たちの頑張りを自慢させてください!笑
Instagramにも投稿しましたが(´-ω-`)笑

null

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

坂戸西教室のInstagramはこちら

漢字学習をクリエイティブに! 漢字が嫌いな生徒必見!

個別指導塾の学習空間、坂戸東 本庄南教室の望月です!

ちょっと前に、小学生が漢字ドリルを工夫する動画をyoutubeで見ました。
とても発想が面白く、単純にすごいな!と思いました。

私が感動した点は以下の通りです。
①単純作業や暗記になりがちな漢字練習にフォーカスして、学習者が学びやすいように工夫している。
②一つの漢字から様々な知識が結びつきやすい。
③忘れにくい!

論より証拠。以下youtubeに飛びます。よかったらどうぞ。

話は変わりますが、
先日自分の子供に相談されました。小4です。

漢字テストがあるんだけど、どうやったら効率的に覚えられる?

あまり漢字を覚えるのが得意ではないわが子、
試しにとその小学生が考えた漢字の暗記の仕方を伝授しました。

勉強しているさまを見ていると、本人がいろいろと考えているのがわかります。

「栄転」ってなに?どういう意味? いつ使うの?
などと質問も飛んできました。
その漢字の使い方を聞くのはいい質問ですね!

本人がもくもくと集中して取り組んでいたので、よかったように思います。

もちろんすべての学習を上記のように工夫すると時間もかかります。
1つの漢字をじっくり取り組むと勉強時間も伸びます。
時間は限られていますから、継続的に可能なのかは思案したほうが良いです。
明日漢字50問テストだ! というタイミングだと、たくさん演習したほうがいいかもしれませんね笑
最後は演習量に勝るものはないと思っています。

その学習者が取り組みやすい、成果が出しやすい方法を見つけるのが勉強の仕方だと思います。
理解することと演習することのバランスですね。
そのバランスも、学習者が自身で見つけることが勉強の仕方だと思います。

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
本庄市周辺の塾なら個別指導の学習空間

❀~花知り博士への道~!?

こんにちは☆
個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア・北本教室、桶川西教室の山田です!

あっという間に夏が終わりました。
まだまだ残暑という日も続いていましたが、充実の秋に向けてみなさまどうお過ごしでしょうか?
毎年秋になると、充実の秋!!
何か目標を立ててやってみようなんて言っていますが(運動とか・・・)

今年は早速、体を動かすということで
「大宮花の丘森林公苑」というところに行ってきました。

ちょうど日曜日は涼しかったこともあり、まさに絶好のウォーキング日和☆
色々な花も咲いており、妻に色々な花の名前をクイズされましたが・・・
わたくし、
花には・・・、
疎いもので・・・

ちょうど見ごろなのは「サルビア」
そうっ!!「サルビア」
うんっ!!「サルビア」・・・
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

「サルビア」
「小学校とかの帰りで蜜を吸ったりしなかったの?」
「いやぁ~そんな記憶がございません汗汗汗」
といった具合に興味がないことへの絶望感に浸りました(冷汗)

これではダメだ!!
ということで、せめても「誕生花」くらいは知っておこう!!

ということで、

1月  「シンビジウム」      2月  「フリージア」
3月  「チューリップ」      4月  「カスミソウ」
5月  「カーネーション」     6月  「バラ」
7月  「ユリ」          8月  「ヒマワリ」
9月  「リンドウ」        10月  「ガーベラ」
11月  「菊」            12月 「カトレア」

それぞれの花に、
素敵な色・印象がありますので、
皆さんも自分の月の花はぜひ覚えておいてください!!

理科の勉強にもなりますし、男性諸君はきっとこの知識が役立つ瞬間が来るでしょう☆

とにもかくにも運動もできて、調べるきっかけにもなって
良い週末を過ごすことができました。

皆さんも何か1つ行動に起こして、充実の秋をお過ごしください!!
それでは、本日の投稿はこのへんで☆
皆さん、次回のブログでまた会いましょう
☆See you next time☆

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

英語学習でこんなやり取りがありました。

個別指導塾の学習空間、坂戸東 本庄南教室の望月です!

先日中1の生徒の英語を指導していたら、

what do you like?
あなたは何がすきですか?

この英文のwhat の意味はなにかな?ときいたところ
「あなた」と回答しました。汗汗

おそらくwhat が最初にきているので、
和訳の最初のあなたに着目したのでしょう。

その生徒は単語ももちろん取り組んでいます。
文法も一生懸命やってくれるのですが、、、、

おそらく英語と日本語がどのように結びついているのかは
わかっていないと思われます。

英語を理解するうえで、
英単語の意味を細かくとらえるというのはとても大切ですよね。

whatは「何」、 like は「好きです」 
一つ一つつなげていく習慣を身に着けていきましょう。

what は代表的な単語の一つです。繰り返し問題演習をするのであれば、
what は 「何」だな その都度意識していれば、
1年間で数百回 what に触れるでしょう。結果、単語を練習する量も減るかもしれませんね。

またまた別の生徒のお話ですが、先日、中2の生徒に英語を指導していました。
I went to the library to study English.
私は英語を勉強するために、図書館に行きました。
2年生で習う不定詞という単元の基本文です。

この1文を最初に訳してもらったところ、
「私は図書館に行って、英語を勉強しました。」
となりました。

テストだと×ですね。
文の述語(動詞)が変わってしまったのがもったいないです。

おそらく、頭の中で単語を日本語にして、
私 行く   図書館    勉強する 英語
I  went to the library  to study English.

と変換したのでしょう。

to に着目しないと意味が分からなくなりますよね。。。

toはいろんな意味があるからよくわからない―
と悩む場合がありますが、

I went to the library  → to study English.
私は図書館に行きました。→ 英語を勉強する○○ 

前後のまとまりをつなげるために ○○にはいる言葉を考えると
「英語を勉強するために」がすっきりしますね。

このように2年生以降の英語は
単語を日本語に羅列しただけでは意味がつながらない場合があります。
なぜならば、、、1文が長くなるからです。( ゚Д゚)
勉強の仕方を少しづつ変化させていくことが求められますね。

では実際にどう勉強すればいいんですか?

そんな生徒や保護者様がいらっしゃいましたら、ぜひ最寄りの学習空間までご相談ください!

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
本庄市周辺の塾なら個別指導の学習空間
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

自分の将来、考えてますか?

個別指導塾の学習空間(埼玉西部エリア)
鴻巣西教室、桶川東教室の内藤です。

夏休みも明けて、中学3年生は各地域で模試がある時期ですね!
僕のいる鴻巣西教室、桶川東教室のある地域では9月2日に南部テスト、9月4日に北辰テストと大忙しです。
8月27日に教室で実施した北辰プレテストに参加してくれた生徒もいますので、1週間テスト漬けです・・・。

そんな沢山のテストを受ける理由となる受験、ひいてはその先の将来について少しお話ししましょう。

以前僕自身の進路について記事にしたことがありますので、よければコチラも読んでみてください!
在りし日の内藤少年の様子が綴られています(笑)

皆さんはなぜ高校、大学、専門学校に受験しますか?

高校受験であれば、みんな高校行くから、学校がきれいだから、やりたいことがあるから、中卒は避けたい、エトセトラ・・・。

大学・専門の受験まで来るともう少し具体的な将来設計ができているかもしれませんね。

百人いれば百通りの答えが出そうな質問ですが、いざ聞かれたらビシッと答えられますか?
バッチリ答えられる人もいれば、まだ志望校も決まってないよ~、なんて声も聞こえてきそうです。

僕が思うに、自分の進路を考えることは

「自分の可能性を探ること」

という考え方ができるのではないでしょうか?

自分の将来像を思い浮かべることはなかなか難しいと思います。
もちろん、今の時点でこうなりたい!これをやりたい!なんて考えている人もいると思いますが、明確に答えの出る人の方が少ないですよね。

そんな中での受験というのは、自分の偏差値、言うなれば実力ですね。これに対して目標を高くするのか、レベル相応にするのか、安全に受かるためにハードルを下げるのかなどを考えていきます。

この進路決定の過程そのものでも、自分の実力の見極め、可能性を探ることになります。

その先の更なる進学、就職などでもこれらは当てはまるところがあると思います。
自分の得意・不得意と向き合って、やりたいこと・なりたいものに手が届くのか。
勉強を進め新しいことを学ぶうちに、目標が変わることだって往々にしてあります。
そうなったときに目標を切り替えても大丈夫なように、準備は進めているのか。

僕自身、高専在学時代にはエンジニアを目指して勉強していましたが、今はこうして教鞭を取る身になってます。

この先の自分の進み方がまだ見えなくても、何か目標を持って物事に取り組むことで先の可能性を広げることはいくらでもできると思います。

その一つの目標、通過点としての受験と考えると、また日々の勉強やテストの見え方が変わってくるかもしれませんね。

今の皆さんは美しい宝石の原石のようなものです。
磨けば磨くほど光り輝き、手を加えれば魅力はさらに増します。
磨いてカットして美しい宝石に仕上げるかどうかは、皆さん次第です。

最近ゆるい感じの記事ばかり書いていたので、たまには真面目なお話をと思い綴らせていただきました。

皆さんの中にある無限の可能性を信じながら、今回はこのあたりで。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

桶川市の塾なら個別指導の学習空間
鴻巣市の塾なら個別指導の学習空間

YouTubeチャンネル
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

夏期講習お疲れ様でしたー(^^)/

個別指導塾の学習空間、本庄南 坂戸東教室の望月です!

この夏 夏期講習を多くの生徒が熱心に取り組んでくれましたー(^^)/
夏期講習は生徒に合わせてメニューを立てています。
小学生なら前学年や1学期の復習。
中学生でも小学生の復習を行ったりします。
小学生の時には苦手だった単元も中学生になったらできることって多いと思っています。
子供の時は分からなかったけど、大人になってわかってきた! と同じですね。

一例ですが算数なら 小学5年生で習う「割合」や「速さ」などなど。
 あいまいな状態の生徒が結構多く見受けられます。 
(500点中400点以上取る中学生でも実はあいまい。。。。なんてこともちらほら。)

小学5年生以上の単元はそれまでの知識を活用することを目的としていますので、
なぜ掛け算をするのか、なぜ割り算をするのかを理解しているかが問われます。
単純的な計算とは異なりますので、つまづく生徒さんが多い傾向です。

中学1年生でも文字を使った割合や速さなどを習得します。
小学生の単元がわからないのに、
文字が混じった中学生の単元ができるようになるのは困難です。
もちろん単純的にパーセントは100で割って掛け算すればいいじゃん。
なんて暗記してしまっても部分的には正解することも可能ですが、、
太刀打ちできない問題も出てきてしまいます。

だったら小学生の単元を自身で納得して活用できるような状態にする方がよいのでは?
そのうえで中学生の単元を取り組んだ方が定着も高まるはずです。
なにより、中学3年生になったら受験で再度復習します苦笑い。

理解すること もちろん定着するために演習を重ねること。
両方とも大切ですね(^^)/

その問題、1か月後にできますか? 生徒に問いかけることがあります。
意味不明な公式はすぐに忘れてしまうのは大人も同じです。
反対に、印象深いことは忘れないというのは定説のようです。

1か月後に忘れないようにするには、
確実な理解と演習を適切に行う学習が求められます。

勉強でお困りの際はぜひとも最寄りの学習空間へ!
きっと皆さんが納得できる勉強の仕方を情熱あふれる講師たちが指導いたします。

このブログを閲覧している保護者様へ
勉強にもう遅いはございません。
「お子様のできるようになりたい」という純粋な気持ちが湧いているその瞬間を大切に!
いつでも無料体験のご案内をいたします!

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

★大作のフィナーレ!!文句なし★

こんにちは☆
個別指導塾の学習空間、埼玉西部エリア・北本教室、桶川西教室の山田です!

みなさんお盆休みに入りましたね★
夏休みの真ん中、少しリフレッシュしてゆっくりしてください。

ここ最近は映画の、特に「ジュラシック・パーク」シリーズのお話しをしていましたが、
今回も!!というか映画話シリーズラストです。
そして、早速見てきました!!

「ジュラシックワールド・新たなる支配者!!」

シリーズ初公開から30年に渡る大作のラストに申し分ないスケールと、今までのシリーズを見ていた人にも
おっと思わせるようなシーンがたくさんあり、見応え十分でした★

まだ見ていない人に、ネタばれになってはいけないのであまり詳しい内容は書きませんが、
恐竜に限らず、種の共存、環境への適応・配慮など
映画では恐竜と人間の関係ではありますが、
現代を生きる私たちへの問いかけ、メッセージが含まれているように感じました。

~PS~

<より楽しく映画を見るための小話>
ジュラシックパークシリーズでは、恐竜の自然繁殖を防ぐために、
遺伝子操作によってメスの個体だけしか生息していない
という設定になっています。
しかし、物語の愛され恐竜、<ヴェロキラプトル>のブルーには小さな子が誕生しています!!
いったいなぜでしょう????

ヒント・キーワードは
「単為生殖」

中学の理科の授業でも、有性生殖・無性生殖とやりますよね!!
では単為生殖とは!?
映画の中でも登場しますが、前もって調べて勉強してから映画を見たらきっともっと面白くなるはず!!

まだ見に行っていない人はぜひ行ってみて下さいね★
映画話題シリーズはいったん終わりです。
次回からはまた違う話題でお会いしましょう。
それでは、本日の投稿はこのへんで☆
皆さん、次回のブログでまた会いましょう
☆See you next time☆

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

世界に誇る日本の技術力!

個別指導塾の学習空間(埼玉西部エリア)
鴻巣西教室、桶川東教室の内藤です。

夏休みの夏期講習が続く中、教室がお盆休みに入りました。
生徒の皆さんもこの休み期間中にリフレッシュしてもらい、残りの夏期講習に備えていただきたいところです。

さて、各エリアの先生方が夏の思い出を多く語られていますので、今回僕も夏の思い出から書いていこうと思います!
といっても、昔の思い出ではなくこの夏の数少ない、かつとてもワクワクした思い出を語っていきます!

先日、神奈川県横浜市の山下埠頭にある、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAへ行ってきました!

こちらの施設は、かの有名な国民的アニメ、『機動戦士ガンダム』に登場する主役機体、

RX-78 ガンダム】 の等身大立像が建造された場所になります!
しかもすごいことに、こちらの立像は手足や頭、指なんかまで動いてしまうトンデモな代物となっております。

  

(本当はここに建造されたガンダムはRX-78-F00という形式番号で、アニメに出てきたRX-78-2とは別物で・・・と語りたいですが今回の主軸から逸れるので止めておきますね・・・)

今回触れたいのは、こちらの立像についての構造や法律的な扱いの話になります!
マニアックなテーマかつ、正確なソース元があるわけじゃない話も含まれるので、そんなもんなんだなぁくらいに思ってもらえれば幸いです。

このガンダム立像ですが、日本の数ある重工業メーカーが協力し合うことで造られています。
フレーム(骨組み)、関節構造、各部を動かすモータやシリンダ、各部によって違う材質の外装など、日本の工業を支える様々な技術が結集して出来上がっています。
その辺りの詳しい解説が施設内のGUNDAM-LAB内アカデミーというコーナーで解説、展示がされています。

僕自身が高専の機械工学科出身ということもあり、こういう機械や構造を見るととてもワクワクしちゃうんですよねー!
(車や電車の内部構造が好きな人と同じ感覚だと思ってます)

  

等身大ガンダムをすぐ近くで見学できるイベントでも、関節や機械部品が見えるところをよく観察してました(笑)

この日は大満足で帰ったのですが、後日ふと気になることがありました。

「あのガンダム、腰がデッキ(格納庫)に機械でつながってたなー・・・」
「そういえばあのガンダムは建物なんだろうか?それとも像みたいなもの?はたまた乗り物?」

そんなことが気になって調べてみると、公式情報ではないものもあるのですが、以下のような意見を見つけました。

・日本の今の法律では”乗り物”としてのガンダムは造れない
・建築基準法第88条の規定により法第6条の確認の手続きが準用される工作物に該当するのでは?
・ザクも作ろうとしたが、上記の建築基準法の観点からNGを出されてしまった
・日本でNGだったものが中国の上海でOKが出て、そっちで造ったものもある

こういったものを見ると、現代の日本で”機動戦士”ガンダムを造ることはまだまだ難しいようです。

ですが、横浜の動くガンダム立像には、将来的には実現可能なんじゃないかという希望を見いだせる気がします。

機会があれば、皆さんもぜひ見に行ってみてください!日本の工業技術がここに詰まっています!

そんなロマンに思いを馳せつつ、今回はこのあたりで。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

桶川市の塾なら個別指導の学習空間
鴻巣市の塾なら個別指導の学習空間

YouTubeチャンネル
学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら

クモの巣も芸術

個別指導の学習空間、川越南教室と鴻巣西教室の間宮です。
夏期講習真っ只中ですが、勉強とは全く関係ない話題をお伝えしたいと思います。

ちょうど1カ月くらい前から私の家の前に、大きなクモが巣を作るようになりました。
そのクモ自体も大きいですがその巣はさらに大きく、私の帰宅を阻むかのように絶妙な場所に作られていて非常にやっかいです。
そのまま通過しようとすると頭が巣と接触するので、巣を駆除しようと思いましたが、面倒だったのでしゃがんで通過することにしました。

そこからしばらく私は家から出る時はしゃがんで通過し、家に帰ってきてはしゃがんで通過するという、周りから見たら不審な動作を繰り返します。
ただクモの巣も万能ではなかったようで、雨風によって何度か破壊されてしまいました。
しかしそのたびにクモが前と同じか、それ以上に立派な巣へとアップグレードしていくので、そのあきらめない心に感心しました。

そして遂に私がしゃがまなくても済むような絶妙な位置に、アップグレードされた巣を見たときは思わず感動。
言葉ではその巣のすごさが伝わらないと思いますが、何か芸術のようなものを感じました。
クモや巣に対して攻撃しなかったこともあって、私が敵ではないと認めてくれたのかもしれません。

そんなクモの巣の動向を楽しみにしていたのですが、数日前にそのクモが巣ごと消えてしまいました。
ちょうど雷雨がひどい日があったので、悪天候にやられてしまったのでしょう。
ただやたらと私の家の前に巣を作ることにこだわっていたので、あのクモが生きていたらまた会うかもしれません。
その際はぜひ、私がしゃがまなくても済む位置に巣を作ってもらいたいでところです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

子どもの成長はあっという間!

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&北本教室の桑折(高橋) 義人です!

最近特によく感じているのですが、子どもの成長ってあっという間ですよね…
中1、中2から在籍している男子生徒は中3になると、小学校低学年から在籍している女子生徒は高学年になると、背も高くなり人見知りも減ってきて、大人になってきているんだなぁと。
小学校低学年の間は一番に来ていた子たちが、少し遅い時間に自分で来て自分で帰ったり、お母さん、お父さん子だったのが反抗期に入り始めていたり、青春な話を聞かせてくれたり。
生徒たちをみていると嬉しくも寂しいようなことが多く感じられます笑

また、小中学生でも1,2年程で成長を強く感じる中、昨年秋に生まれた息子さんたろう(仮)の成長もすさまじく…。ムチムチのもちもちに、平均を上回る勢いで大きくなっています笑
寝返りもできるようになり、よだれが永遠に出続ける子なので床が池になってはおりますが、日に日に成長がうかがえてなんだか温かな気持ちになります。それと同時に、奥さんには感謝の気持ちがあふれてきますね…

子どもたちがどんどん成長しているのに、自分だけ何も変わらないのもなんだか悔しいので(?)、今年度は何か目に見えて成長できる年にしようと思います。
(間違っても、体型が目に見えて…にはならないようにしなくては(;^ω^))
ひとまず時代についていけるように、SNSを使いこなすぞ~!!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間

学習空間埼玉西部エリアのYouTubeチャンネルはこちら