キャンペーン

1時間を切りましたね~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんばんは。

2021年終了まであと1時間を切りました。

皆さんは、やり残したことはありませんか?

とはいえ、残り1時間なのですが。

もしもやり残したことがあれば、2022年に誓いましょう!

そして、早い段階で始めましょう!

私も残り僅かとなり、何かやり残したことはないかどうか、自分自身の振り返りをしております。

いつも考えますが、2021年よりも2020年が良かったのだろうか?2019年の方が良かったのだろうか?

それとも2018年、2017年・・・と。

いつの時もこの年が良い悪いはなく、人の個性と同じく、各年は各年で良いところがありました。

やはり、日進月歩、試行錯誤、一日一日、一瞬、一瞬の積み重ねですね。

生徒の皆さんには、どちらにしてもやらなければならない宿題、課題は、早めに仕上げよう、ためないように、と

指導してきました。

2021年も大変お世話になりました。

2022年も一瞬一瞬、一場面一場面を大切に歩き、走ってまいります。

来年もよろしくお願いいたします。

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

【石川エリア 金沢西教室】勉強が好きになる子と嫌いになる子

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

世の中には多くの「勉強が苦手な子」がいます。
一方で、勉強に対して強い抵抗感はなく、意欲的に取り組める子もいます。
なぜそのような違いがうまれてしまうと思いますか?

当然ですが私も学生のころは、それなりに勉強をしていました。
とはいっても、中学のころは胸を張って話せるような学力では全くなかったですが・・・。
勉強が好きかと言われれば、好きではなかったかもしれません。
ただ、別に嫌いでもありませんでした。
「学校に行くのだからやるものだ」「必要に応じてやるものだ」と言う感じです。

なぜそういう考え方だったのか、当時はよくわかりませんでした。
ただ、こういう仕事をするようになって色々と学ぶうちに、その理由ははっきりしてきました。

というのも、私の親は勉強について口を出してくることがほぼ無かったのです。
小学校のときも中学校のときも、テストの点であれこれ言われた記憶がほぼありません。
というより、「親が私のテストの点数に関心を持っていた」という記憶がありません笑。
宿題をしろなどと言われた記憶もほとんどない気がします。(忘れてるだけかな・・・)

なので、勉強に対して周りから強制されたり、否定的に言われる機会がほとんどなかったのです。
放置と言えば放置ですが、やるもやらぬも自己責任という感じだったような気がします。
そうなると、必然的に自分でどうすべきかを考えて行動する習慣ができていくんですよね。
悪い点数をとってしまうと、「これはまずい」と感じて、なんとかしようとするのです。
他人に言われるよりも、こうして自発的に「自覚する」ことほど、己の行動を変えるものはないと私は考えています。
そう行動できたのは、勉強に対してネガティブなイメージがなかったからだと思います。
そしてそれはきっと、親に勉強のことを言われたり、とがめられるような経験がなかったからだと考えます。

今まで出会ってきた「勉強が苦手な子・嫌いな子」には、だいたい共通点がありました。
それは、やはり勉強に対してネガティブなイメージを持っていることです。
「やらされるもの」「面白くない」「覚えられない」「点が悪いと怒られる」「面倒くさい」「どうせやってもできない」
などなどなど・・・。
なので状況を変えるためには、まずはそのイメージを変える必要があります。
そして、そういうネガティブなイメージが払拭されると、前向きに勉強をしようと行動が変化したりします。
「勉強すること=ストレス」ではなくなることで、それまでよりも意欲的に取り組むようになります。
だからテストの点数や成績を上げるためには、その状況を作ることが何よりも優先されるべきなのです。

学習空間では、単に勉強の中身を教えるだけの指導は行いません。
特に勉強に対して強い苦手意識や自信のない状態の子に対しては、学習内容の与え方はかなり細かく配慮します。
勉強に対してのイメージがネガティブのままでは、与えた学習が良い結果に繋がらないからです。
生徒一人ひとりの勉強に対してのネガティブな要素を排除していくところから指導は始めます。
そのために、個別でカリキュラムを組んで、「量・レベル・内容・演習の形式」などを個々に調整します。

また、ご家庭での生徒さんへの声掛けの仕方についても、アドバイスさせていただくこともあります。
勉強に関しての親から子供(特に思春期)への指示・命令・評価は、非常にセンシティブな配慮が求められます。
よく言われることですが、親が言えば言うほどに子どもは勉強が遠ざかる、という傾向があるからです。
逆に声掛けを少し工夫するだけで、進んで勉強するようになることもよくある話です。

私の持論ですが、勉強自体が本質的に嫌いは子は、この世にはいないと思っています。
それまでが良い状況でなかったことで、勉強に対してネガティブな見え方しかできなくなっているだけなのです。
何かを学ぶことの楽しさは、大人であれば誰もが知っているはずです。

そんな楽しさを少しでもたくさん伝えられるように、日々生徒と向き合っている、そんな私です。
久しぶりに長々とした、とりとめのない成田のブログでした(^_^;)

学習空間石川エリアトップページはこちら

今日もまた

個別指導の学習塾、学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当しております沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?いろいろなことがあり、少々、ブログを自粛をしておりました。とはいえ、特段、何があったわけではありません。笑。

言い訳?!いえいえ、私は、ブロガーですよ。笑。ブログ担当を長年、埼玉の学習空間で担当しておりましたので。笑。

笑です。東京から北海道へ移住をしてきて何年経ったでしょうか。

月日が流れるのは早いです。生徒の皆さんと話すことがありますが、私にとっての一日は、大切に大切に過ごしておりますが、やはり一日3分にしか感じません。

良く言えば、それだけ充実しているということです。悪く言えば、人生を味わっていないことにもなります。(そんなわけあるかい!)早すぎるので。笑。

中学生の皆さんと良く話をするのですが、皆さんが生まれた時には既に私は働いていました。

そうです。中学生の皆さんは、まだ13~15年くらいしか生きていないのですよね。

それにしては、かなり高いハードルを課せられることがあります。

そして、皆さん、色々と大変だな、と思うことも多いと思います。

私は、新千歳エリアの教室では、こう言っています。

教室に『味方がいる』と。そうですよ。私たちは、良い印象を得ようとしているのではなく、まだわずか6年~18年しか生きていない生徒の皆さんの味方です。

嘘ではありません。笑。昔、学生の時に、こんな先生がいたらな、居たらよいのにな、と何度も思ったことがあります。完璧な先生はいないと思いますが、出来る限り、何にしても高いレベルで居たいとは思います。思っているだけでは駄目なのですがね。笑。そのため、私は、発言をするときには、○○だと思っています、とは滅多に言いません。○○します!○○です!と言い切ります。

皆さんも面接練習で先生方から指導を受けているかもしれません。

○○だと思っています、よりも○○です!と言いきりなさい、と。

そうです。○○だと思うくらいでは足りないのですよね。仮に成功するかしないかは、良いではありませんか。○○です!○○にします!と言い切りましょう。

ほんの少しの言葉のニュアンスだとは思いますがー。

常に挑戦、人生は、挑戦、試されています。君も私も。

日頃から、何と言っても生徒の皆さんに良く話すのは、学校で教室や部活で叱られ、自宅へ帰っても叱られ、ではたまったものではないよね、ということです。

私たちの教室では、世界一のアットホームを目指し、実践出来ていると自負があります。時には、逃げ場が無くなって困り果てて疲れきっている生徒さんを救います。

叱ることもありますが、褒めることの方が圧倒的に多いです。そして、何よりも

皆さんと色々と話します。中には、学校や家で話さない、話したくないような話を打ち明けてくれる生徒さんもいます。

勿論、生徒さんと私たちの信頼関係があってこそだと思っています。

認めてあげたい、そうです、承認です。まずは、承認から始まります。

個人的には、滅多に私は怒りません。良く仏だと言われます。笑。

滅多に怒らない私が怒ったときは、よほどなのでしょう。笑。

まずは、生徒の皆さんを認めてあげて、会話を含め、学習が始まります。

今日もまた、机を拭きながら、昨日はあの子はどうだったな、今日はあの子は

頑張ってたな・・・、ちょっと言い過ぎたかな?もっと厳しくするべきだったかな?いや、甘すぎたかな?等等、想います。

教室の机をはじめ、清掃をしながら、一日を振り返ります。

生徒の皆、仲間は、教室にいる私たち!何かあったら何でも相談、話をしてきてくださいね!

君を認めてくれる人は近くにいますか?信頼できる人はいますか?

わかる人には、必ずわかってもらえる、そう信じて、今日も歩みを進めます。

時には、否定する方もいらっしゃるでしょう。しかし、100人いて100人にわかってもらえるとは思いません。

芸術だってスポーツだってそうです。あるお店だってそうです。

認めない方は、認めません。

わからない方には一生わからないでしょう。

それでも良いと考えています。たとえ一人でも、私たちを頼って付いてきてくれる生徒さん、保護者様を大切にしていきます。

素直に謙虚に愚直に、今日もまた歩みます。

どこまで歩めるかはわかりませんが、道は切り開いていきます。

on the road 2021.02.14

https://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/chitose/

人生の勉強も

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室を担当している沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?北海道では、秋を終えようとしています。

非常に短いですね。既に夜の気温は、私が帰る頃には、1度です。

平均すると6度くらいであることが多いですね。

暗くなるのも早くなり、指導開始の17時はもう暗いですね。

風邪も流行っていますね。皆で気を付けましょう。

今回は、私の好きな人生論の一つです。

人生は、いかにして過ごしていくか?ですね。

考え方や行動の仕方も人それぞれです。多くの体験や人との関わりから学んでいき、自分自身が創られていくのでしょう。

厳しさや愛情も貰って自分が出来ていくのでしょう。

一昔前までは、人生論の勉強をすること等なかったのですが、特に20代半ばくらいからでしょうか。約15年ほど、人生の勉強をすることが多くなっています。

学び、実践し、うまくいったこと、うまくいっていることの一つを紹介します。大人も子供も使えます。

それは、『思ったら即行動する』ということです。

考える必要があることに関しては、一呼吸置いてからが大切であったりしますが、

今回の場合は、即動いた方が良いことについてです。

特に、やらなければならないこと、期日が決まっているもの、嫌なこと、面倒臭いこと、面白くないこと等ですね。

簡単にお話しますと、『嫌だと思う前に行動をする』ということです。面倒だな、嫌だな等の感情を抱く前に動くのです。無で動くのです。笑。

するとどうでしょう。気づけば進んでいるはずです。いずれ、やらなければならないものを後回しにしては重たくなるだけですよね?

生徒の皆さんでしたら、宿題や課題でしょう。

夏休みの宿題を残り1日、2日でやるのか、休みに入ってすぐにやるのか、ですね。

いつかはやることですね。

(考え方が少し変わっているのもあるので、私はやりたくなければやらなくていいのでは?死ぬわけでもないし、嫌ならやらないでやりませんでした、と言えば?そこで困るのは自分かもしれないし。という事があります。そうすると当の本人はやりますがね。笑。)

いつかは、やる宿題や課題を後回しにしても良いことがありません。

先手でやるべきですよね。

日常でもよくあります。仕事でなくても私生活でよくありますよね。

勿論、考え方ひとつで面倒や嫌なことも+に変えて動ける方法もあるのですが、

今回おすすめしているのは、気持ちを持つ前に動くということですので、

こちらをやってみて下さい。不思議と出来てしまうと思います。

とにかく想う前に身体を動かすのです。笑。

繰り返している内に自然と早め早めにこなせるようになります。

何も考えずにいつの間にか嫌なことでやらなくてはならないことが

出来ている状態になります。

無感情行動ですね。笑。

生きていれば色々ありますよね。今回は、一つ紹介をしてみました。

やってみたい方は、やってみてくださいね。ポイントは、気持ちが入る前に!動く!ですよ。

<a href=”https://gakushu-kukan.com/hokkaido01/”>千歳の塾なら個別指導の学習空間</a>

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習実施中!満員御礼☆m(_ _)m

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

現在学習空間金沢西教室では、夏期講習(前期)を実施中です!
おかげさまで、前期日程はほぼ満員、後期日程はすで定員に達しました。
たくさんの生徒のご参加、誠にありがとうございます!

現在入塾キャンペーンで、7月いっぱいまでのお問い合わせ+入塾いただいた方を対象に
「夏期講習無料」を実施しておりますが、今後のお問い合わせやご入塾があった場合、
通常は昼間に実施の夏期講習を、夜に振り替えて実施させていただく形で
無料の夏期講習としてご案内する場合がございます。
席に限りがある関係ですので、なにとぞご了承よろしくお願いいたしますm(_ _)m
尚、講習で実施する内容は昼にする場合と同じですので、ご安心ください。

さて、夏期講習ですが、みんないい表情をして頑張ってくれていますね。
昼間に3時間の夏期講習を受け、夜は通常の指導を3時間、計6時間勉強していく生徒も多いです。
今まで1時間半の長さでも弱音を吐いていた子が、ウソのように変貌しています!笑

この時間感覚のマヒは、特に受験勉強にはとても必要です!
毎年受験生を長いスパンで見て変化を観察していますが、
例えば中3になって3時間コースで学習を始めたばかりの頃は「長い、長い」と苦しんでいた子も、
入試が近づくにつれて、「3時間が短く感じる!」と言うようになります。

その理由はただ一つ、「やらされる勉強」「やらないといけない勉強」が、
「やりたい勉強」「やるべき勉強」に変わったからです。
誰かに言われたからではなく、自発的に学習と向き合い始めた子は、本当に強いものです。

どんなに良い環境で、どんなに良い先生に、どんなに良い教材を用いて学習したとしても、
やはり勉強をする当人が学習に意欲的でないと、全く結果にはつながりません。
中学生は、部活を引退し受験が現実的になってきた夏ころから、とても変化します。
勉強に対して、自分からやるべきことを考えたり、学習時間を増やすようになります。
この意識と行動の変化が早い生徒ほど、確実に志望校への合格を手にしてくれています。
当然ですね!

一人ひとりの学習への意欲が爆発的に高まるような、そんな刺激に満ち溢れた価値ある時間を、
夏期講習で全ての生徒に提供していきたい思います!

梅雨も明けて、夏らしく蒸し暑い日々が始まりましたね。
今から一ヶ月が正念場です。
みなさん体調管理にはご注意ですよ!
私も気をつけねば!!!!!

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習申し込み受付中!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

学習空間では、現在夏期講習の申し込みを受付中です!
夏の学習は本当に大事ですね。
夏休みの期間にどう復習を行えるかで、9月以降の学習の吸収具合が変わります。
これはもう本当に、如実な変化が出ます。

勉強は、いつも既習内容を元にして、より発展的な内容を学習します。
ですので、それまでの学習内容が身についていないと、
いくら新学期から心機一転して頑張ろうと思っても、
「なぜそうなるかわからない」と感じることが多くなります。
学校では、もうわかっていることとして扱われてしまうからです。
そしてせっかくやる気を出しても、わからないからやる気が下がってくる・・・
という悲しい結末になります・・・(:_;)

夏に、それまでの学習内容の復習や苦手克服をしておくことは、
先々のやる気を下げないため、高めていくために、とても重要です。

学習空間では、前期と後期で8日間ずつ夏期講習を実施します。
合計16日間あり、すべての日程を受講することもできます。

また、7月末までに新規入塾いただいた方は、夏期講習は無料で受講できます。
8日間でも、16日間でも、どちらでも無料です!(^-^)
親が喜び、子がゲンナリする画期的キャンペーンです笑。
詳細は、以下のURLをご覧ください。

☆☆お得なキャンペーン情報☆☆

講習の内容は、生徒の学力や状況にあわせて調整します。
宿題のフォローや実施管理をお願いされることもよくあります。

ご不明なことがあれば、お気軽にご相談ください~。

新元号、令和。成長とは違和感。

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

またまたブログをいつUPしようかいつUPしようか考えておりました。

2019年度、新年度で先日、入学式や始業式が行われました。

もし、皆さんが、将来に会社に勤めることになったら、

いえ、会社とは限りませんが笑、またまた入社式があることでしょう。

いつになってもどこまでいっても学校でやってきたようなことは

今後もあるということです。

一つの区切りであり、けじめでもありますね。

先日に発表された新元号、令和。

私は、気が付いたら、昭和でした。そして、平成。

次に令和。恰好良いや恰好悪いなどなど様々な意見を耳にしますが、

次第になじむだろうという意見に同調します。

何もあえて考えないようにしています。

しかし、平成の時は恰好よいな、とも感じた記憶があります。

新鮮な気持ちでした。不思議ですね。

新元号は、あまり関係がないのかもしれませんが、

違和感ということは成長をも意味しますよね。

今までと違ったことをすると違和感がついてきます。

しかし、違和感なしには成長がありません。

何かの練習内容を変えた、より厳しくした、回数を5回から10回にした、

時間を1時間から2時間にした。今までの倍です。違和感です。

最初に違和感があるのかもしれませんが、次第に慣れます。

そして、それを乗り越えてこそ成長します。

より詳しくは、打ちませんが、伝わりますよね?笑。

もっと簡単に話しましょう。私は、なるべく、利き手や利き足とは

別の方を使ったりもするように昔から心がけています。

やってみてください。(脳科学的にも良いとの話も出ているらしいです)

今まで利き手で行っていたことを反対側で行う。

これは、間違いなく違和感があり、何かの作業をするとしたら、

下手で時間がかかるかもしれません。

利き手と同じように出来るようになるには時間がかかりますよね。

利き手を超えられないかもしれません。元々ある繊細さや筋力の関係もあります

が・・・笑。

最初は、違和感があっても根気よく行っていくうちに違和感は消え、

自然になっているでしょう。

令和も違和感から自然になるのでしょうね。笑。

@令和の次の時代も生きていたいね。

千歳:<a href=”https://gakushu-kukan.com/hokkaido01/”>千歳の塾なら個別指導の学習空間</a>

札幌の塾なら個別指導の学習空間

あれよあれよ言う間に

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ブログをいつUPしようかいつUPしようか考えておりました。

入試直前なのか直後なのか・・・

いやーあれよあれよ言う間に一気に過ぎ去っていきましたね。

何人かの生徒さんから言われました。残り99日からカウントダウンをしていってからが早い!と。笑。

千歳教室では行いませんでしたが、恵庭教室では昨年度に続いて入試まで残り日数を

減らしていっておりました。

これを行うのが私の一つの楽しみでありました。笑。

毎年そうなのですが。

一瞬でしたね。

今年度も受験生たちは、各々が頑張りました。

気力切れになってしまった、なりかけた生徒さんもおりました。

しかし、どんなに頑張ろうと頑張らないでも、時間は刻々と過ぎていきました。

カチカチカチと。

童謡に時計の歌がありますね。そういえば・・・

楽しいことをしていても

苦しいことをしていても

時計の秒針の速度は変わらず・・・

2019年が始まり、既に4分の1が終わろうとしています。

新年早々に良い目標を掲げた生徒さんがいました。

『毎日、一つで良いから苦手なものを克服すること。嫌いだった食べ物を食べるでも良いし、やりたくなかったことをやるでも良い。』

そう言って毎日続けていると言っていました。

どこでどう思ってそう決めたのか、そうしようとしたのか、

また聞いてみたいです。笑。

素直に、とても素晴らしいことであると感じました。

最近になって、あれは、まだ続けているのか?と聞きました。

続けていますよ!と言ってくれました。

やるじゃないか。

彼とは、彼が入塾してくれる時に言ってくれた目標を少しだけ達成しました。

それは、苦手な英語で納得のいく点をとることです。

あえて点数は、公表しませんが、ここ2回のテストできっちりと成果を出してくれました。

時には、ぐずぐず言いながらも私たち講師についてきてくれました。

とても印象に残っている生徒さんの一人です。

このような点数は、取ったことがない!と喜んでくれました。
(ちなみにですが、定期テストで5教科で約200点UPしてくれた生徒さんがいます。
また、約160点UPしてくれた生徒さんもいます。笑。5教科約100点UPの生徒さんは、
たくさんいます。笑。皆、何だかんだでついてきてくれて、嬉しいことです!!教科を絞らず、入試で使う5教科指導は◎で
間違いなくオススメですよ!!)

更なる飛躍を目指して、今は一緒に頑張っております。

いつもいつも良い状態で勉強が出来るとは限りませんし、望んでいません。

しかし、出来る限り、その日その日にベストを尽くしてやっていくことが大切です。

話していくときりがないのですが・・・
(先日は、保護者面談の際に数名のお母様たちから、先生はカウンセリングのようなこともするのですね、とお言葉を戴きました。)

嬉しいことです。なぜなら、ただ、勉強をして成果を出して志望校に合格するだけがすべてではないと考えるからです。

そのような教室を目指しております。

本当に小さいことですが、実は、人として大切なこともありますよね。

教室で、小学生や後輩がコピー機に並んだとしましょう。(あまりならばないように工夫していますが)

その際に先にどうぞ、と譲る生徒さんがいます。

ほんの小さなことですが、私は、褒めます。

優しいね、ありがとうね。と。

譲られた生徒さんもありがとうございます、と先輩に挨拶をします。

このような光景って良いことだと思いませんか?

私は、このような光景が好きです。

お互いに気持ちがよい。後輩をいたわる気持ち。譲られた子が、また自分よりも年下の子に譲るという流れ。

良い環境や良い心というのは、良い環境や良い心から生まれるものだと信じております。

当然のことのようで当然ではないですよね。

私たちに関わってくれた生徒さんが、少しでもあの教室に行って良かったなと思ってくれるように

指導をしていきます。

On the road 2019.03.10

@自分自身の今日を超えよう。難しいことやね~笑。しかし、挑戦!! 
そういえば、先日、うちの子は、学習空間に通ってから、『人』として成長した気がするとおっしゃって頂いた保護者の方がいました。
とてもとても嬉しいことですね!!温かい!!
札幌の塾なら個別指導の学習空間

今までに為になった言葉集~その1~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

公立高校入試までは、あと40日ちょっととなりました。

今回は、一部ですが、私が影響を受けてきた言葉を紹介させて頂きます。

高校生の時のサッカー合宿にて。
若い印象のコーチのお言葉。清掃用の水撒きホースについて。
『水撒きのホースは、次の使う人のことを考えて使いやすい状態で巻いておくんだ。いいか。自分のことだけを考えるなよ。人のことを考えろ。お前たちも高校生なんだからさ。』

通っていた塾の教室にて。
恩師と呼ぶ先生のお言葉。
『周りの生徒が話している声が気になるだって?じゃあ入試の時に工事でドカドカショベルカーの音がしていたら、気になるのかい?気になったから受からないのかい?その時の条件は、皆一緒だぞ。実際にそういう入試は数多くあった。集中しているか?周りの音が一切しないくらいに文章に入り込んでいるか?問題に入りこんでいいるか?それくらいできなきゃダメだよ。出来ないなら、それまでのレベルさ。出来るように努力してみなさい。人のせいにするんじゃない。出来ない生徒に限って言い訳をする、人のせいにする。環境のせいにする。先生のせいにする。自分は、どうなのよ?』

通っていた大学の近くの友人の宅にて
尊敬する大学の時の同期の発言
『皆、テストがあるから集中しようぜ。やるときはやろうぜ。俺は今から2時間話さないからな。また2時間後に会おう。』

中学校の教室にて
嫌いだった中学校3年生の時の女性の担任の先生のお言葉。
『とにかく皆には、1年間言い続けました。最後にもこのことばを送ります。頑張るときは、いつも今。』

引っ越しをする前の中学校にて
中学2年生の担任の先生のお言葉。
『人には、間違いがある。忘れることもある。忘れ物をしたのか?よし。家まで一緒にとりに行こう。車で送ってやるよ。今度から気を付けろよ!』

営業時代のぼろい営業所にて。
嫌いであったが、尊敬出来た上司のお言葉。
『評価ってのは、第三者がするんだ。自分じゃない。人からみてどうかなんだ。場所や建物は関係ない。人だよ。人の力で何とでもなるんだ。本社に負けるな。他社に負けるな。勝とうぜ。』

学習空間で一番最初に担当した学習空間 埼玉西部エリア(当時は、埼玉エリア) 坂戸東教室に長年通った今でも連絡をとっている元生徒の一言。
『僕は、学習空間に通って本当に良かった。先生たちに出逢えて本当に良かったです。
僕は、学習空間で先生たちから、【愛】を教わりました。今までありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。』

色々と思い出してしまいます。
人とは、本当に出逢ってきた人や環境が創っていく、と考えられます。

良い出逢いをこれからも。
そして、出逢いに感謝を。

On the road 2019.01.20

@駅伝うちの出身大学も頑張りました!笑
札幌の塾なら個別指導の学習空間

お正月明けの

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

今回は、お正月明けに作成したブログを紹介します。

よく行くのですが、

温泉に行ってきました。

いえ、毎回恒例です。(?)

今、温泉から上がりたてで

ブログを打っています。笑

リアルタイム!瞬!生!

温泉の
楽しみ方は、色々ですね!

スポーツの後の冷たく冷えた飲料を飲むおいしさ!
(特に徒競走のあとにぶっちぎり勝利したあとの麦茶が最高でした。笑笑笑)

一所懸命に働いた後のお酒!(生徒の皆さん、ごめんなさい笑。保護者の皆様は同調してくださるかも?笑。)

そして、そうです、温泉です!お風呂です!

どれも、ふう~~~と

なりませんか?笑

そうです、そうです、

一杯目、一口目、一入り目、が

最高なのですよね!笑

温泉もお風呂も

無になれるのが

またまた好きです。

露天風呂では、木の下に雪だるまがおいてありました。小さい笑。

目がつけられていたのですが、『もうちょい可愛くつけたらええのに』とかとか。

ふと見上げると雪化粧をされた木がー。『おおお、北海道やねえ、綺麗綺麗。』と。スキー、スノーボードでよく行った山形県蔵王の樹氷を思い出しました。

今度は、木と木の間からオリオン座が。これまた『おおお、綺麗綺麗。あれがベテルギウス、あれがベラトリクス、あれがアルニラム、ミンタカ、アルニタク、あれがリゲ

ルかー。』

真ん中にみえる三ツ星は、

地球からの距離が

アルニラム約1977光年、

アルニタク約736光年、ミンタカ約689光年で、実は距離の差があります。

北極星までの距離は、約431光年。

光が1秒で地球を7.5周、秒速約30万km、1光年は約9兆4600億km

もはや天文学的過ぎて???ですよね。

深い話はこれくらいで、

『神秘やなあ』と星を眺めます。

更に『この空はつながっているのかあ』と。

凍ってきた髪を気にしながら、ぼーっと。

ここからは、またまた色々と考えました。

頭の中をグルグル。(@_@)

つづく・・・

On the road 2019.01.03

@ある話が既に20年経っていたことに気づき、唖然・・・
札幌の塾なら個別指導の学習空間