八千代

受験って平等?

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

みなさんこんにちは。

さっそくですが皆さん、受験のルールって何ですか?
多くの皆さんは「カンニングをしない」とか「遅刻しない」とか「時間内に解き終わる
」と答えてくれるかと思います。しかしそれは「試験」のルールであって、「受験」のルールではないです。
では受験のルールとは何か。
・勉強時間は1日6時間まで
・受験勉強を始めていいのは3年生になってから
・各科目勉強時間を等しくすること
はい冗談です。こんなルールはありません。そうです。受験にルールなんて無いに等しいです。1日12時間勉強したっていいし、受験勉強始めるのは1年生からでもいいし、苦手科目に一番多くの時間を使ってもいいです。ルールは無用です。好き勝手やってOKです。ルールがあるとすれば「試験を受けること」ぐらいでしょうかね。
ルールが無いということは平等では無いということです。

例)A君は1年生のころから部活での中心メンバー。平日は遅くまで練習をして疲れてしまい授業の予復習を1時間ほどやってすぐに就寝。土日は3~4時間ぐらい勉強し何とか授業にはついていく。そして部活を引退し、いざ受験!A君の志望校は難関のX大学。1日10時間勉強したが、志望校に受からなかった…。でも隣の席のB君は1日5時間程の勉強でX大学に受かってた。

こんなことがあっても何も不思議ではないです。おかしいですか?ではB君の視点で見てみましょう。

B君は高校へ入学したころからX大学へ進学することを目指している。そのための努力は何でもしてきた。部活はやりたかったけど、勉強の時間が減るので入らなかった。平日は学校から帰って来てすぐに勉強。平均すると5時間ぐらい。土日はたまに友達と遊んだりゲームしたりするけど、最低5時間は勉強する。この調子で、受験期に突入するがペースは崩さない。土日の勉強量はさすがに増やしたが。いざ試験当日。怪しい問題もあったが何とか合格!

どうでしょう?不思議なことではないですよね。
たしかにA君は部活をしていてB君は部活をしていないから、勉強時間を確保できたかもしれません。しかし、先ほども言った通り受験は平等ではありません。そもそも一人ひとり生活環境やリズムが違うのに平等というのはおかしいでしょう。A君はもう少し勉強時間を増やせたかもしれません。始めるのが早ければ早いほど有利です。例えるならマラソン大会で一人だけ大きくフライングしているような状況です。しかし誰も文句は言えません。フライングしてはいけないというルールはありませんから。A君は先に始めていたB君に追いつくだけの努力が足りなかったということです。部活をやめてください、入らないでくださいというつもりはありません。部活をやりながらでも日々勉強することはできるはずです。
中学生も高校生もまだ入学したての1年生は早めに志望校を決めてそこに向かって頑張ってください。何度でも言いますが受験は平等ではありませんし、ルールもありません。周りより早めに受験勉強始めてしましょう。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

爆風のゴールデンウィーク

こんにちは!個別指導弱の学習空間、八千代台・四街道東教室の内野です!

みなさんゴールデンウィークはなにをしましたか?

生徒たちに聞いてみるとステイホームをしていたという意見が多かったです。

そんな中私は、釣りに行ってきました!!

予定では朝マズメに青物→デイキャンプ→夕マズメ青物と最高の計画だったのですか、ご存知の通り強風を通り越して爆風なゴールデンウィークでした泣

出発前も風速13m。それでも釣りできるんじゃないか!?という小さな期待を込めて片道2時間半かけて釣り場へ!!!!!

行きの車が1番楽しいのは言うまでもありません。笑

各々、今日は何匹釣る、80cmオーバー釣るだの目標や夢をつらつら語っています。笑

そんな話をしているといつの間にか釣り場へ到着。

やっぱり爆風。

海の状況を見るまでは諦めがつかない!

いざ!ポイントへ!!!!!

ここは東映ですか?

いつも荷物を置いたり、横になって休めるところまで波を被っていました。。

これをみて初めて「今日は無理だ」と。。

まだ諦めない!!!!!

車を走らせ違うポイントへ移動!!

少し走らせたところで風が急に弱くなったりはしません笑

友だちは爆風の中投げてたけど、あれは魚界でもゴールデンウィークで魚たちもどっか違うとこ行ってたね笑

その日は風強すぎて結局退散しました笑

翌日リベンジで木更津の沖堤防へ!!!

2時間だけ風が弱い時にプロの意地をみせました!!!

この1杯を釣ったあと、また風が強くなりました笑

イカは天ぷらが1番おいしいです!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

合格高校(八千代大和田・鎌ヶ谷教室)

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

みなさん、高校入試お疲れさまでした!(少し遅くなってしまいましたが…汗)
私が担当している、八千代大和田教室と鎌ヶ谷教室での公立高校の合格校を報告させて頂きます。

八千代大和田教室
・柏井高校
・船橋芝山高校
・実籾高校
・八千代西高校
・佐倉東高校

おめでとうございます!

鎌ヶ谷教室
・柏南高校
・柏中央高校
・柏陵高校
・船橋二和高校
・市立船橋高校

おめでとうございます!

※高校名は順不同です。

ここには記載していませんが、私立高校を目指していた生徒も頑張ってくれました。
今年は千葉県の入試制度が変わったり、コロナもありで様々な問題もあったかと思いますがよく頑張ってくれました!まだまだ勉強は続いていきますが、しっかりこの期間は休んで高校で良いスタートが切れるようにまた頑張っていきましょう!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

限界のその先(笑)

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!
久しぶりのブログです。

久しぶりといえば、先日友人と久しぶりにキャッチボールをしました。学生時代野球をやっていたわけではないので速い球を投げられるわけではないですが、楽しくキャッチボールできました!次の日肩と腕が…。歳ですね(笑)
キャッチボールしながらふと思ったのが、「やっぱりプロってすごいなぁ」でした。素人が投げる球と違い、球は速い・コントロールもびしっと。(当然ですね笑)狙ったところに140km、150kmで投げ込み、投手によっては160km以上の速度で投げますよね。同じ人間か?と疑いたくなります(笑)

そこで思ったのが、人間の限界って何kmなんでしょう。少し調べてみたら、177kmってのが出てきました。とんでもないですね…

さらに気になったのが、もっともっと速く、それこそ音速とか光速で球を投げたら周辺への影響とかどうなんでしょうか?もちろん、身体がぶっ壊れるとか、キャッチャーが取れないとかは気にしない方向で。これは…物理かな…?

てことで、教えて竹村せんせー

千葉の塾なら個別指導の学習空間

公立高校受験 結果

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!
私が担当している教室の公立高校入試の結果を載せさせていただきます。

八千代大和田教室

・津田沼高校
・習志野高校
・実籾高校
・八千代東高校
・柏井高校
・佐倉東高校
・八千代西高校

鎌ヶ谷教室

・船橋高校
・船橋二和高校
・船橋北高校
・船橋古和釜高校
・鎌ヶ谷高校
・鎌ヶ谷西高校
・沼南高柳高校
・柏陵高校
・市川工業高校

みなさん合格おめでとうございます!!!
生徒皆さんがそれぞれ志望校に向けて頑張りました!ここには書いていませんが、私立高校に向けて頑張っていた生徒もいます。
高校でも学習空間で頑張ってくれる生徒もいれば、学習空間を卒業する生徒もいます。それぞれが新たなステージで頑張ってくれることを期待しています。
まだまだ勉強は終わりではないですが、今日ばかりは「お疲れ様でした」の一言で締めたいと思います。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

思い出話②

どうも、学習空間八千代台教室・習志野藤崎教室の高橋です。
では早速前回の続き、第二部のスタートです。

受験編

高校一年生の高橋少年は母の意思で塾に入りましたが、入塾後、1年間は塾でまともに勉強らしい勉強はしていませんでした。しかし、志望大学が決まり次第スイッチが入った。というのが前回までのお話でした。

志望大学を塾長に告げると、さっそく合格に向けた指導が始まりました。毎回一題ずつ英語の長文を翻訳するのですが、これが激ムズ。まず、扱われているテーマが難しいのです。テーマは歴史、社会学、心理学と多岐にわたります。背景知識なんて当然ありません!!歴史系のテーマが出題されたときのために、世界史の勉強には力を入れました。具体的にはキリスト教文化史、アメリカ史、イギリス史などは特によく出題されていました。英語の長文から世界史の知識を逆輸入するなんてことも珍しくありませんでした。では、その他の分野、心理学や社会学の分野の知識はどうしたか。現代文の長文問題を有効活用して知識を仕入れていきました。

もちろん語彙力の増強も欠かせません。当時使っていた単語帳に載っていた語彙は1900語程度ですが、それに合わせて、はしっこの方に小さく書いてある類義語や派生語も覚え始めました。ここで不思議なことがありました。何度覚えても暗記できない単語というのがちらほら見つかったのです。逆に一度で完璧に覚えてしまえる単語もありました。これは英語に限ったことではないのですが、そういう経験ありませんか。おそらくですが、何かを暗記するときに、スムーズにいく場合と、何らかのノイズによって暗記が阻害されることがある。そして一度暗記が阻害されてしまったら、その後スムーズに暗記することはできない、ということなんでしょう。皆さんもご存じのとおり、同じミスは何度も繰り返されますが、暗記という作業過程でもミスが繰り返されるためなかなか暗記できない。そういう場合は、まずしばらくその単語の暗記をやめておいて、単語自体を忘れてしまった頃に新たに暗記しなします。最終的に中学に覚えた単語を合わせて5000単語くらいにはなったと思います。

以上のように懸命な努力はしてみたものの、やはり難しいものは難しい。ある日、ふと思って塾長に聞いてみました。「俺の志望大学の問題はこんなに難しいんですか??」と。すると衝撃の事実が。それらの問題の出題校は、やれ上智だの、東京外語大だの、慶応だの、東北大だの。そりゃ難しいはずだ。これらの大学は私の志望大学よりも2ランクほど上の難易度です。塾長が言うには「君の志望校はエリート受験生たちの滑り止めとして使われることが多い。だから、そういう奴らに勝つためにも2ランクぐらい上の問題を解ける力をつけておけ」とのこと。なるほど、確かにその半年後に志望校の過去問を解いてみた時に、とても解きやすく感じました。実力に余裕ができたというのもあるでしょうが、それ以上に心理的な安心感のようなものが強かったと思います。「これまで解いてきた大学に比べれば、なんて良心的なんだ」と。

余談ですが、忘れてはいけないのが、「仲間」存在です。一緒に大学受験にむけて頑張った友がいました。志望大学は違いましたが。とはいえ、彼の志望校は上智大学でしたので、塾で問題を解いたことはあります。その難易度がギャグレベルに難しいという話でよく盛り上がっていました。実話ですが、世界史の問題で「以下の絵画のモデルになったギリシャ神話の(ア)神が祭られている神殿の場所を、地図中a~nから選べ。」という問題が出ました。そういうノリで「こんな問題出るんじゃね??」とどっちがより難しい問題を作れるか、みたいなゲームをしていました(笑)。また彼の提案で「スランプに陥ったら、その日一日は徹底的に遊ぶ」というルールを作っていましたので、たまたまスランプの時期が重なったときは、カラオケ→ビリヤード→焼肉→ゲーセンというようなスケジュールで、二人で遊んでいました。そして次の日からは勉強再開と。ちなみに、私はその後無事に志望校に合格しました。彼は一年浪人して慶應に入りました。

また気づけば結構な量に。まだまだ書き足りないのですが、とりあえず今回はこの辺で。ではまたー。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

以心伝心?

こんにちは。学習空間八千代台・習志野藤崎教室の高橋です。

いきなりですが
なぜ日本人は英語が出来ないのか。

皆さんどう思いますか。
よくある答えとしては、「文法ばかりやってるから」とか「そもそも英語を話す機会が無いからだ」とか。でも、個人的に大きな理由としては「自分の英語が通じなかった時、周りからシラけた目で見られるのが嫌だから」だと思います。何を隠そう、私自身がこういう経験を何度もしています。

「英語が話せる」もっというと「外国語が話せる」と聞くと、多くの日本人は、「おお!!すごい!!ちょっと試しに話してみてよ!!」となるのですが、きっとこれは異文化慣れしていない島国の国民性ゆえだと思います。冷静に考えれば、相手は外国人なのですから、ちょっと相手の国の言葉で話したぐらいで「通じる」保証はないのですが。とにかくそのように多大な期待を周囲にさせておいて、いざ本番。あれ、通じない??周りのがっかり度合いは計り知れませんねww

でも、それって本当にその人の英語力がなかったからなのでしょうか。そんなことはありません。自分の言いたいことが相手に伝わるかどうか、語学力はその目安の一つでしかないのです。そのほかにも複雑な要因を考慮に入れなければ、自分の言いたいことが相手に伝わるかどうかはわからないのです。例えば会話の際に、相手がこちらにどんな情報を期待しているのか、お互いの緊張具合はどうか、身振りや顔がよく見えるか、相手がアジア系かヨーロッパ系か、そもそも相手の語学力と自分の語学力がつり合っているか、などなど。コミュニケーションって言語とそれ以外の要素が両方上手く合わさって成り立つんですね。

少し話はそれますが、大学には文学部というところがあります。では大学で文学を研究するとどんなメリットがあるのか。いろんな意見がありますが、とりあえず外国文学を学ぶ場合、その国の言語の習得も同時にできます。英文学なら英語、ドイツ文学ならドイツ語。でも、ただ外国語ができるようになるだけではありません。文学部の学生は、文学作品を通して作者とコミュニケーションをすることを主たる目的としています。今の世の中です、自動翻訳で英語の本でも日本語訳に直せたとします。じゃあ、日本語で読んでみましょうとなる。ところが、仮に文法的に正しい日本語に翻訳できても、なんじゃこりゃ、何言っているのかさっぱりわからんぞ、というのは大いにあるのです。翻訳するべきは言語だけでは足りないということです。その作品が書かれたときの時代背景、ストレートに表現するタイプの作者なのか、回りくどい言い方が好きな作者なのか、作者の国での文化的コンテクストを読者の国での文化的コンテクストに置き換えられるか。それらを総合的に「翻訳」しないと作者と読者のコミュニケーションは成り立たない。さっきの話と似てませんか。そしてこの訓練は将来的には今話題の「異文化コミュニケーション」にもつながるのです。

さて、話を戻します。英語を話す時に大切なのは、一発で通じさせようとしないことです。相手は外国人、目の色や肌の色はもちろん、考え方、ものの伝え方ぜんぶが我々と違います。それを一言二言、大してりゅうちょうでもない外国語で話しても、一発合格は無理です。私はいつも相手の言ったことをオウム返しをしてます。例えば、

相手: ”Excuse me, I’m looking for a hospital. Could you tell me the way?”
私 : ”Oh, you are looking for a hospital. Ok. I’ll check it for you.”

日本人からすれば、相手の言ったことを繰り返すのは、なんか圧迫感があって変な感じがするかもしれません。でも、外国人相手(とくにヨーロッパ人)は、これくらい会話のテーマについてしつこく確認した方が、相手も安心するそうです。また、相手の言ったことがよくわからなかったら、素直に、

“Sorry, do you mean …?”

と言ったりすることも大切です。そういうやり取りを乗り越えて、お互いの壁が壊れていく頃には相手との会話が自然とすらすら出来るようになるものです。目の前にいるのは自分とは全てが違う人。いきなり分かり合おうとしてもそれは無理。少しずつ差異を埋めていこうと言うスタンスが大切です。こういう風に考えれば、英語をしゃべる際に「通じなかったらどうしよう。。。」と不安になることも無いでしょう。通じないのが当たり前、そこでどういう作戦に出るか、その作戦をお互いに楽しむ。これこそが真のコミュニケーションなのです。

長くなりましたが、今日はこれまで!!!
ではまたー!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

物理について思うこと

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です!

早速、私が物理について思うことを書きたいと思います!
その前に、みなさんお待ちかねのGWの釣果を発表したいと思います!

ニジマスたくさん、シリヤケイカ、コウイカそしてシーバス(シーバスは次回までにでかいの釣ってに載せます!)と有意義なGWを過ごすことができました!笑
6月の中旬にもう1度イカを狙いに行くつもりです!!!!!!!

少し脱線しましたが、気を取り直していきます。高校で物理を履修していない私が高校時代に物理について思っていたことは、
?計算が大変。
?とにかく公式が多い。
?テストは難しいけど、単位は取れてしまう。
?について
私は難解な計算や問題に対して出来たときの達成感をあまり感じませんでした。物理がとっつきにくい教科と思わせる大きな要因でした。何より計算がメインの理科、中学理科でいうと、電流、オームの法則、磁界等が集まった物理を好きになる理由がありませんでした。(理科一分野は苦手でした。)
?について
なにか新しい章に入るたびに「公式」がでてくる。新たに公式を覚えるほど苦痛なことはありませんでした。公式を覚えただけでは問題が解けないことは、文系の私にとって物理は複雑怪奇なものでした。
?について
私が通っていた高校では、物理の平均点が赤点に限りなく近かったことを覚えています。では、みんな留年?と思うかもしれませんが、誰1人留年する人、単位を落とす人はいませんでした。それは、赤点の人への救済措置があったからです。私自身、文系クラスだったというのもあってどのような課題がでたかは知りませんが、みんな進級できていました。私は物理は赤点取っても単位が取れるイージーな教科という認識がありました。笑
と、ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、上記が高校時代に私が物理について思っていたことです。
しかし、今の私が1番興味があり、役に立つと思うのが、高校時代に毛嫌いしていた物理です。
当時は物理に興味をもちませんでした。しかし、今みてみるとおもしろいことばかり出てきます。例えば、大砲の角度がわかればどのくらい飛ぶのかがわかったり、釣りやスキー・スノボー、運転時によく用いられる偏光サングラスの偏光についても物理で学ぶことができます。偏光サングラスがほしい私にとっては、興味しかありません!
生徒たちからよく聞かれることがあります。「大人になって1番役に立つ教科はなんですか?」その答えは、物理なのかもしれません。物理は日常のなぜ?を解明してくれる凄い分野です。今は物理のスペシャリスト竹村先生がいらっしゃるので頼ってばかりですが、近い未来、私は胸を張って物理もできるスーパーな講師になるため現在進行形で成長しています!笑

千葉の塾なら個別指導の学習空間

ストーブリーグ

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!ここ最近めっきり寒くなりましたね。本格的にストーブやこたつなど暖房器具が頑張る季節になりました。部屋を暖かくして過ごすのは大切ですが、温度だけではなく湿度にも気をつけないと、インフルエンザや風邪になってしまうので湿度管理も徹底していきたいですね。ストーブの上にやかんを置いて、加湿しながらすぐに熱湯が使えるので、一石二鳥ですね。とっても便利です。

ところでストーブと言えば…そう!プロ野球のストーブリーグですね!(無理やり?笑)知らない人もいると思うので、一応説明させていただくと、野球のオフシーズンになると契約更改や選手の移籍の動きがみられます。それらの話題のことをストーブリーグと言います。野球のオフシーズンは冬なのでストーブが必要になることからこの名前になったそうです。ちなみに夏場がオフシーズンのスポーツはプールサイドリーグやビーチサイドリーグと呼ばれるそうです。
そんなストーブリーグ、今年はある球団がすごい補強をしていますね。他球団のFAの選手、自由契約になったメジャーの選手とも契約しており、たしかな情報ではないですが、まだまだ補強するとも言われています。補強ばかりで「やりすぎでは…?」とその球団のファンからも批判の声があるそうですね。来シーズンに向けて戦力を整えるということを考えると球団は正しいことをやっていると私は思っていますが…。
それよりも私が気になるのはFAなどで移籍した選手に対するブーイングです。以前在籍していた球団のファンの気持ちになるとブーイングやヤジなど飛ばしたくなる気持ちはわからないではないですが、プロの選手としてはより自分を評価してくれる球団に移籍するのは自然なことだと思います。もちろんこの場合の「評価」は年俸(お金)ですね。評価の基準としては年俸が一番分かりやすいですからね。選手によっては移籍(残留)の条件で「長年やっていて愛着のある球団でやりたい」「子どもの頃からの憧れの球団でやりたい」「慕っている先輩選手がいる球団に行きたい」など様々です。しかしそこには少なからず金銭もかかわってくる問題です。優秀な人材はより自分を評価してくれるところで、より輝ける場所で、と希望することは当然です。それが「プロ」というものだと思います。
でもやっぱり自分の好きな球団の選手が移籍すると寂しいですよね。しかしその選手の次のステージでの活躍を陰ながら応援していくことにします。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

体調管理

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!最近は冷え込む日が増えてきましたね。寒暖差が激しくなってきたので体調管理には十分気をつけましょう。

体調管理でふと最近ふと感じたのが、体調を崩す生徒が多くなってきたなぁということです。上にも書きましたが季節の変わり目で寒暖差が激しいことに加え、体育祭や文化祭などの学校のイベントもこの時期に集中していることで疲れがたまっている子が多いのかもしれませんね。中学生になるとやらなきゃいけないことが増えます。勉強はもちろん、部活、委員会活動、習い事、等々…。それらに加えて体育祭の準備が加わってもういっぱいいっぱい…。分かります。大変ですよね。
そこで体調管理のコツを紹介したいと思います。
まず大切なのは、「食事」「睡眠」です。これ一年中気をつけなければならないことです。バランスのいい食事を3食しっかりとる。睡眠をしっかりとる。言わずもがなですよね。秋が旬のおいしい食べ物も多いので食べるものの栄養をしっかり考えて摂るようにしましょう。カボチャやサツマイモは体内温度を温めてくれるそうなのでおススメです。
また、お風呂にしっかり入ることで睡眠の質を高めることもできます。シャワーだけで終わらせないで、40℃ぐらいの湯船にゆったりとつかることで寝つきが良くなりぐっすり眠ることができます。学校や塾で寝るぐらいなら部屋でしっかり寝るようにしてくださいね。
さらに、忘れてならないのが水分補給です。夏は熱中症対策に水分補給は大切ですが、この季節は汗をかかなくなるので水分補給を忘れがちです。水分不足は風邪の予防にも効果的です。こまめに水分を摂ることも大切なんです。

これから受験を控えている受験生はもちろん、そうじゃない生徒もここで紹介したことを実践して健康にこの秋、冬を乗り切りましょう。

千葉の塾なら個別指導の学習空間