大学受験

雑感

個別指導塾の学習空間、群馬県央エリア 前橋三俣/前橋大島教室の古川です!

2学期も始まり、これから体育大会や修学旅行といった様々なイベントが盛りだくさんですね!
 ふと、私自身の学生時代を振り返ってみるとあれやこれやと思い出が昨日のことのようによみがえってきます。コロナ禍といった社会情勢の中で、日常生活の中で制約が設けられる場面も出てきました。ですが、一度きりの学生生活なので目一杯楽しんで有意義な時間を過ごしてもらいたいなと思う今日この頃です。

 これから2学期の中間・期末試験が各学校で行われていきます。イベントだけではなく学業にも目一杯取り組んでもらいたいです。「あの時やっておけばよかったなぁー」と後悔する前に、まずは行動あるのみです。自分で決めた先にある結果は、必ずや納得のできるものになると思います。

「やってやれないことはない!」
 
 こういった気持ちが老若男女を問わず大切なことだと思います。
 私も早速、大の苦手な掃除から今週末のお休みから取り組みたいと思います(-_-)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

あなたの集中力が続かない5つの原因

学習空間石川エリア
金沢西教室、金沢野々市教室の教室長の成田です!

今回は6月にアップしたつもりができてなかったブログの再掲です!(泣笑)

「うちの子は集中力がなく、家では勉強が続かない。。。」
入塾前の面談で、よくこのようなご相談をいただきます。
勉強を始めてもすぐ部屋から出てきたり、スマホやタブレットなど他のことに意識が行ってしまう。
親から見る子どもの姿としては、よく見る光景かもしれませんね。

「勉強の集中力がない」の原因はいくつかあると思います。
①集中できない環境にいる
②集中できない状況で勉強している
③集中できない体調である
④集中できない内容を勉強している
⑤周りが「集中していない」と決めつけている

⑤はちょっと特殊ですね笑。のちほど触れます。
いろいろな状況があるかとは思いますが、たいていは上記に当てはまるかと思います。

①環境
とても大事ですね。集中して学習する子の学習環境は、やはり良いことが多いです。
視界に入るものを制限し、目の前の課題だけに意識が向くようにします。
机の上にいろいろな教材が乗っている環境はよくありません。
学習空間でも、机の上が荒れている子には、整理を促すようにしています。
また、教室にはなるべく張り紙をしないようにしています。

②状況
音楽を聴きながら、動画を見ながら、は良くない例の典型ですね。
友達とおしゃべりをしながら、も集中するのは難しいでしょう。
学習空間ではながら勉強はもちろん禁止ですし、おしゃべりも厳禁としています。

③体調
疲れている、眠い、悩みがある、落ち込んでいる、などなど。
こればかりはなかなか難しいですね。
大人でも同じ状況で集中できるかと言われると、返答に困るはずです。
子どもも同じですね。気分が変わるように働きかけてあげるしかないかと思います。
学習空間では、そんな生徒には雑談を持ち掛けたり、くだらない冗談をふっかけて(私だけ?)、
少しでも勉強に気が向くようフォローしております。
不調に共感してあげることも大事ですね。

④内容
わからないことが多い、興味がわかない、作業的な勉強に終始している、
目的意識を持たずに問題を解いている、などは集中できないですね。
ここは自力での解決は難しい部分でもあります。
学習空間の生徒でも、こういった理由で集中が乱れる生徒は少なくありません。
ただ、ここが塾として一番力を発揮すべき部分でもあります。
学習空間では「学習管理」に一番力を入れています。
これから歩く道の行き先がわからなかったり、道が歩きにくい状態では、
なかなかスムーズに進めませんね。
学習空間の講師は、生徒と一緒に目的地を共有し、歩きやすい道を選んであげたり、
歩き方を示してあげながら併走してあげることで、止まってしまいそうな生徒を動かしていきます。
勉強を教えるだけではない我々の強みが一番発揮される部分であると自負しています(^-^;)

⑤決めつけ
これは、我々が生徒と話す上で気を付けていることでもあります。
集中できてない様子を見て、ただ非難することは何のプラスにもなりません。
ましてや当人が集中できず苦慮していたり、当人なりには集中しつつある中で、
集中していないと決めつけて苦言を呈することは、
勉強のモチベーションを下げて、余計に集中できなくなる恐れもあります。
「集中していないように見える」ことと、「集中していない」は別物です。
「うちの子は集中力がない!」と決めつける前に、当人の様子や環境、
状況などを見てあげることが大切かなと思います。

そして、原因が「④内容」であれば、塾でプロのサポートを受けるのが、一番安心ですね。

学習空間では生徒ひとり一人に寄り添い、その子に合った対応や学習内容を実施します。
勉強の内容をわかりやすく教えるのは当然ですが、それ以上に大切なのは、
いかに生徒本人の勉強に対する「原動力」を突き動かしてあげることかと思います。

勉強につまづいている子は、自信を失うことで「原動力」をなくしていきます。
いくら勉強を上手に教えても、生徒本人の意欲が高まらないと効果はありません。

学習空間では「生徒を育てる」という理念のもとで、生徒が自主的に学習できるよう指導していきます。
指導はねちっこくて熱いですが笑、生徒の「原動力」を起動させることに全力でアプローチしております。

『自分で勉強できるようになったから、塾はもうやめます!』と言われるのが、我々の目標です笑。

生徒がしっかり「集中」できる学習空間を、講師も「集中」して作り上げていきます!

<学習空間 石川エリアホームページ>

<ご面談・無料体験について>

【石川エリア】英作文の相談

こんにちは。個別指導塾の学習空間、石川エリア講師の細川です(^^)/!

最近、中学3年生から英語に関する質問で英作文が書けないと相談がありした。高校受験で多くの生徒が悩むところでしたのでコラムにしてみたいと思います!

英単語やある程度の文法がある程度しっかりできる生徒さんではありますが、英作文がまるで手が出ないという相談でした。
例年、英作文は中学校の実力テストや公立受験では毎回出題されており、本人も苦い経験をされていました。受験生全体をみてもほとんどの生徒さんは英語を書くことにまだまだ抵抗がある印象があり、平均点くらいから得点源にしていきたい生徒にはぜひ取り組んでほしい範囲になります☆彡

苦手を克服するうえで一番やってほしいことが、基本例文の覚え込みです。基本例文は教科書のLet’s Writeや通常のUnitページでも基本例文があります。わかりやすいところですと、学校のワークの見出しページなどでも各sceneごとの一番はじめにあります。英作文をマスターするためには最終的に日本語を見たときにどんな英文になるか手が動けば100点です。その前段階としてまずは基本例文を覚えて英語表現のストックを一つずつ増やしていくことを頑張っていきます。ほかに実力テストや受験対策の模試を受けていればよく出る表現がテストに詰まっていますので、英作文の最頻出を確認する意味でも日本語と英語をセットで覚えていくことがおすすめです。

大事なのはテストごとに問題にシチュエーションが違うため、しっかり日本語で理解し反射的に英語が思い浮かぶまで、繰り返し読みなおし&書き取り確認をすることです。個人差はありますが、5回から10回は読みなおしをしたうえで書き取り確認をしないと、適度な反応速度が身につかないため、あきらめずここまで繰り返していきましょう。塾の方では家や学校での勉強やひとりではそこまでやりきれなかったり、何がその子に不足しているか見えていない生徒さんには全力で向き合っていきます。学習面で何かご不安あるようでしたらぜひ面談随時受付中ですので、お気軽にご相談くださいませ。

石川・金沢の塾なら個別指導の学習空間

受験って平等?

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

みなさんこんにちは。

さっそくですが皆さん、受験のルールって何ですか?
多くの皆さんは「カンニングをしない」とか「遅刻しない」とか「時間内に解き終わる
」と答えてくれるかと思います。しかしそれは「試験」のルールであって、「受験」のルールではないです。
では受験のルールとは何か。
・勉強時間は1日6時間まで
・受験勉強を始めていいのは3年生になってから
・各科目勉強時間を等しくすること
はい冗談です。こんなルールはありません。そうです。受験にルールなんて無いに等しいです。1日12時間勉強したっていいし、受験勉強始めるのは1年生からでもいいし、苦手科目に一番多くの時間を使ってもいいです。ルールは無用です。好き勝手やってOKです。ルールがあるとすれば「試験を受けること」ぐらいでしょうかね。
ルールが無いということは平等では無いということです。

例)A君は1年生のころから部活での中心メンバー。平日は遅くまで練習をして疲れてしまい授業の予復習を1時間ほどやってすぐに就寝。土日は3~4時間ぐらい勉強し何とか授業にはついていく。そして部活を引退し、いざ受験!A君の志望校は難関のX大学。1日10時間勉強したが、志望校に受からなかった…。でも隣の席のB君は1日5時間程の勉強でX大学に受かってた。

こんなことがあっても何も不思議ではないです。おかしいですか?ではB君の視点で見てみましょう。

B君は高校へ入学したころからX大学へ進学することを目指している。そのための努力は何でもしてきた。部活はやりたかったけど、勉強の時間が減るので入らなかった。平日は学校から帰って来てすぐに勉強。平均すると5時間ぐらい。土日はたまに友達と遊んだりゲームしたりするけど、最低5時間は勉強する。この調子で、受験期に突入するがペースは崩さない。土日の勉強量はさすがに増やしたが。いざ試験当日。怪しい問題もあったが何とか合格!

どうでしょう?不思議なことではないですよね。
たしかにA君は部活をしていてB君は部活をしていないから、勉強時間を確保できたかもしれません。しかし、先ほども言った通り受験は平等ではありません。そもそも一人ひとり生活環境やリズムが違うのに平等というのはおかしいでしょう。A君はもう少し勉強時間を増やせたかもしれません。始めるのが早ければ早いほど有利です。例えるならマラソン大会で一人だけ大きくフライングしているような状況です。しかし誰も文句は言えません。フライングしてはいけないというルールはありませんから。A君は先に始めていたB君に追いつくだけの努力が足りなかったということです。部活をやめてください、入らないでくださいというつもりはありません。部活をやりながらでも日々勉強することはできるはずです。
中学生も高校生もまだ入学したての1年生は早めに志望校を決めてそこに向かって頑張ってください。何度でも言いますが受験は平等ではありませんし、ルールもありません。周りより早めに受験勉強始めてしましょう。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

徒然なるままに

個別指導塾の学習空間、前橋三俣・前橋大島教室の古川です(‘^’)

昨日と本日で県内の多くの学校で入学式が挙行されています。

改めて、ご進学並びにご進学された皆様誠におめでとうございます。
これからの将来を良いものにも悪いものにもすろのも全て自分次第だと思います。
自らの意思を持ってぜひ過ごしてもらいたいなと思います。

人や環境のせいにしても何も変わりません。
また、自分本位の考えで行動していては人は離れていきます。
今日一日を精一杯過ごして初めて、よりよい明日がやってきます。

数年経ったふとした瞬間に、後悔の無い日々をぜひ過ごしていってもらいたいです。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

今年度の受験を終えて

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

今回は、四街道東教室の今年度の受験生について書こうと思います。

まずは、中3高3含めた全員の受験結果ですが…

見事、「塾生全員第1志望合格」でした!!

合格率100%達成です!!
皆さん本当におめでとうございます^^

四街道東教室では、計24名の中学3年生を指導させていただきました。中学生にとっては人生で初めての受験だったという人が多いと思いますが、今までの努力がしっかり形となって本当に良かったと思います。この経験を忘れずに、高校に進学しても頑張っていただきたいと思います。

また高校3年生については、大学受験者を2名指導させていただきました。大学受験において、第1志望合格を勝ち取ることは中々難しいですが、2人とも見事合格を勝ち取ってくれました!夏以降、毎日勉強漬けで非常に大変だったと思いますが、本当におめでとうございます!

志望校合格を勝ち取るために、また勉強をできるようにするために大切なことは、「素直さ」そして「自分自身への厳しさ」だと思います。

勉強のやり方についてアドバイスや指摘をされたときに、それをすぐに受け止めて実践していく素直さ。

出来なかった問題をそのままにせず、出来ないという事実を素直に受け止め、どのようにしたらできるようになるのかを考えていくこと。

様々な誘惑が降りかかる中でも、自分を律して今やるべきことと向き合うこと。

これらが、きちんとできている人は、必ず良い結果が得られると思います!

来年度も生徒の皆さんの合格率100%を目指して、全力で指導させていただきます!!

悲喜こもごも

個別指導塾の学習空間、前橋三俣・前橋大島教室の古川です(‘^’)

新年を迎えたと思えば、瞬く間に1月も終わりますね…。
(いやはや、早い。早すぎる。。。)

いまは、中3・高3の受験生の生徒たちは本格的な受験シーズンへと突入し、
1日1日の重要さを感じている所だと思います。

今回2度目の実施となった共通テストでは様々なことが起こりました。
前代未聞の刺傷事件が発生したり、この期間に遠くトンガ沖合での噴火に伴う津波の発生
といった受験生を取り巻く環境はとても大変なものであったことは察するに余りあります。

また、試験の内容として数学の大幅な難易度の上昇といったことが話題に上りました。

本来のテストあり方としてはいかがなものなのかなと思ってしまいますが、
但し決まりに抗うことはできません。

自分自身を信じて最後の一瞬まで諦めずに取り組んでください。

私が高校/大学受験生であった??年前とは子供たちの考え方や学習環境、入試形態といったものが
様変わりしているなと感じます。
10年ひと昔といわれるように、昔の常識が今の非常識はたまた今の常識が将来の非常識へと変容していくのでしょう。
懐古主義にならないように、今現在の感覚を大切にしていきたいです。

”人事を尽くして天命を待つ”

「やるべきことはやった」といえることが
将来自分の確かな財産となります。

自分の意思で自分の行く道を決めましょう。
誰もあなたの行く先にはいませんし、来た道にもいません。
結果はあとから付いてきます。

前を向いてやるべきことをやっていきましょう。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

折り返し

学習空間 西白井・鎌ヶ谷教室の齊藤です。

私事ですが、来月誕生日です。歳をとればとるほど1年間という時間があっという間に感じると聞きますが、本当にその通りだと思いました。
気付けば20代も折り返し、後半に突入致しました。最近では階段を少し上るだけではぁはぁ言っております。
ラーメンも油少な目で頼まないと、食べた後に後悔します。

来年は、健康に気をつけて生活することを目標にしたいです。

リスニング10番勝負ならぬ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当の沖村です。

皆様、お久しぶりです。
一昔前は、ブログの担当をしていたこともあり、頻繁に投稿をしていました。
最近では、マイペースにたまーにアップをする程度です。
ネタやストックは山ほどあり、いつでもアップが出来るのですがね。笑。
会話と同じように、いくらでも話は出てきます。
思い返してみると、小さい子供から100歳までの高齢の方々まで、生涯に様々な方々と出逢い、話をしてきました。

何気ない会話でも、その時に、またはその後になり、なるほど、と考えさせられることも多いです。

これから、果たして何人の人と出逢えるのでしょうか。
人に限らず、動植物や場所、物ですら、どれだけ巡り逢えるでしょうか。

まさに、一期一会でもあります。

今のこの瞬間にも、ほんの少し、ほんの僅かな出来事や偶然の出逢いが、(実は偶然出はなく必然という話もあります)生まれているのかもしれません。

今、担当をしている教室、生徒さんも、よく話をしますが、素敵なご縁であると考えます。
素敵なご縁を大切に、感謝をしつつ、今日を明日を過ごしていきます。

さて、11月も終わりですね。2021年もあと一ヶ月ですね。
2021年の締めくくり、中学三年生に毎日のように使って貰っている『リスニング10番勝負』ならぬ『ブログ10番勝負』と行きましょうか。
つまり、12月31日の大晦日が終わるまでに、10本のブログをアップしていくということです。笑。

たったの10本なので、すぐなのですが、色々な話題を出していきますね。
とはいえ、たわいもない話題ばかりだと思いますが。笑。

乞うご期待ください!
なーんてね。笑

まだ旅の途中・・・2021年5月にアップしたブログが、閲覧数250になっていました。皆様、ありがとうございます。UPする励みになります、なんてね。笑。
それでは、また。

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア

”Last1”

個別指導塾の学習空間 大井松田教室・厚木東教室担当の小林です!

先月にブログを書いた時は、秋らしからぬ気候でしたが、最近は気温も下がりすっかり秋らしくなってきました。あと1~2週間もすれば紅葉の季節でしょうか。
気温が下がるとともに私の好きなスポーツもいろいろ本格化するものがでてきたので連日、楽しみにしています!

さて、本日は大井松田教室で指導を行っていましたが、湘光中の3年生は第3回の定期試験の最終日の対策でした。明日の試験が終われば高校入試に用いる成績の関係するすべての定期試験が終わるといった形になります。湘光中の生徒さんには、「あと1日がんばれ!」と送り出させてもらった形になります。

千代中の3年生でしたり厚木東教室の生徒さんはまだまだこれからになります。

中学3年生には、この時期に最後の定期試験といったところで「今までは何かしらの反省ができたテスト。でも今回は最後だから終わった後に次はこうしようと言えないテスト。今までで一番やりきったと言えるようにしよう」といった趣旨の言葉をかけさせてもらっています。

「後悔なく」言うのは簡単ですが、実際やりきったといえるようになるのはとても難しいことだと思います。
私自身もたくさんの後悔をしてきましたが、やりきったと言える時のことはなんだろうと思い返したときに、不思議とそれをやっていてもう同じことは2度できないかもしれない、したくないなぁと思った時が多いように思います。

ぜひ生徒さんには「これぐらいでいいや」と思わず、自分のリミットブレイクに挑戦してほしいですし、声をかけ続けていきたいと思います。
Last1、後の笑顔の為に。生徒さんと共闘していきたいと思います!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間