学習習慣

New HERO!

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室・旭川末広教室の渡邉です(^o^)丿

雪解けも進み
春の陽気もたっぷり感じられる
今日この頃!
皆様いかがお過ごしでしょうか。
スキーシーズンもワクワクでしたが
球春到来!!
これもまたワクワクします。

我が家では
長男・次男が年長・年中の頃から
週末といえば野球でした。
夫婦で少年野球チームのコーチをし
低学年までは遊水地グラウンドへ
高学年からは小学校グラウンドへ
夏に向けて顔も腕も真っ黒でしたwww
バドミントン部の顧問でしたので
大会に行くと異質でしたねwww
生徒は白いのに先生だけ黒い?!
きちんと両立していましたが
(していたつもり?)
日差しには敵いませんでしたwww

長男中学入学と同時に旭川へ。
そこから6年間もやはり
野球の練習試合や大会で
動き回っていましたね。
たまに審判も務め
一番近いところで野球を観れました!
この春
大学生となった長男は一人暮らし。
次男の野球応援だけなので
なんだかものすごく暇に感じますwww
プロ野球でさえも
ゆっくり観ている時間ができました。
高校では今週末から対外試合が解禁なので
最後の高校野球を楽しみます!!

ってそこへ
New HERO 誕生ですね!!
もともと騒がれていましたが
千葉ロッテマリーンズ
「佐々木朗希」投手!
身体のバランスが良くなり
柔軟性も素晴らしい
彼本来の能力や性格ももちろんですが
チームでしっかり育ててきた
その結果が表れてきています。
日本のみならず
メジャーでも活躍する日が
もうすぐそこにありそうです。
メジャーといえば
「大谷翔平」選手
「鈴木誠也」選手
この二人の活躍も楽しみですね。

学習空間旭川エリアでも
2021年度に New HERO 誕生です!
それぞれの学校・学年で
トップ10入りを果たした生徒が
10人を超えました!
人より自分
順位より得点を意識させていますが
結果として
目標順位を上回っていきました。
それらは必ず自信につながります。
それぞれの成長のために
さらなる New HERO 誕生を目指し
私たちも日々前進していきます!

on the road 2022/04/19
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川東光教室】
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川末広教室】

趣味

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室・旭川末広教室の渡邉です(^o^)丿

「あなたの趣味は何ですか?」
どう答えますか?
いつも困ります(笑)
趣味がないわけではありません。
それって趣味と言えるのか?
どれのことを趣味と言うのか?
それって「習慣」とは違うのか?
そう迷ってしまいます(笑)

例えば料理!
これって趣味でしょうか?
男の料理!といえば、
ちょっとカッコよく聞こえますが、
ごくたまに作る親父の料理です。
母親は毎日仕事と両立して
朝食・お弁当・夕食の準備。
毎日ありがとうございます!
それに比べて
たまに作る親父料理は趣味で良いのか(笑)

例えば筋トレ!
学生の頃は怪我の多い選手でした。
怪我で高校野球も断念しています。
大学ではスキー部でしたが、
腰痛に常に悩まされました。
スキー学校で一緒に指導していた先生に
整形外科の先生がいらっしゃいました。
レントゲンを撮ってもらうと
腰の軟骨にひびが入っているとのこと。
コルセットを一生使うか、
腹筋背筋などの体幹を鍛え
自らコルセットの役目の身体にするのか、
後者を選びました。
つまり、
筋トレは生活の一部です(笑)
それって趣味でしょうか(笑)
もちろん楽しんでます!
ってことは趣味で!
それで良いのでしょうか(笑)

例えばスキー!
シーズンに100日滑っていました。
シーズン通して指導する場面もあり、
選手として大会に出ることもあり、
スキーは生活の一部でした。
それって趣味でしょうか(笑)
最近は専らレジャーのスキーです。
これが趣味でしょうか(笑)
昨シーズンは小学校スキー授業を
お手伝いさせてもらいました。
子どもたちとの触れ合い。
他愛もない会話。
スキーを通じて知り合った仲間。
それもスキーの楽しさの一つです!
「楽しさ」=「趣味」
ってことですよね(笑)

趣味を聞かれたとき
(聞かれることはあまりない(笑))
堂々と言えるような気がしてきました!
日頃の生活のすべて
とことん楽しさを味わいたい
それってズルいと思いますか(笑)
毎日教室でも「楽しさ」を味わえてます。
趣味と言える充実感を
さらに求めていきたいと思います!

皆様の趣味は何でしょうか?

on the road 2022.1.26
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川東光教室】
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川末広教室】

2022のはじめに

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室・旭川末広教室の渡邉です(^o^)丿

2022年
新しい年を迎えて
皆さんはどんな心境でしょうか?
新たな時代の幕開けですね!
どんな時の流れになるのか
ドキドキ・わくわく!
自分たちでも
一つの流れを作っていきましょう!
私たちの年になると
年々衰えを感じそうですが、
少しでもそれを感じずに、
むしろ若返ってしまうくらい(笑)
一歩前進していきたいと思ってます!

最近のお正月は
1日は初詣と挨拶回りへ
2日、3日は、
そうです!箱根駅伝!
どうしても見てしまいますよね。
彼らの雄姿から感じ取れるエネルギー!
新年に相応しい伝統に感じます。
私の出身校は出場していませんが、
大学時代の体育教官が
花の2区を走っていたそうです。
また出場校へ進学した
これまでの卒業生たちを思い出す
良い時間となってます。
今年はとある大学のマネージャーに
教室に在籍する生徒の姉がいました。
箱根駅伝を身近に感じられますね!

年賀状は文化として残ってますか?
我が家は北海道に移住して6年、
埼玉にいた方々との交流を楽しんでいます。
最近ならこの年になったので
同級生の家族も見られます。
コロナの影響もあり
すっかり「会う」事を避けていますが
年に一度の「再会」
これはやめられません。
LINEなどのSNSも活用していますが、
新年のご挨拶は
実際に「会う」か
年賀状で「会う」
もう少し続けていこうと思います。

新年を迎えると今年もまた
共通テスト!!
あっという間にその日がきます。
今年はもう明日、明後日。
これまでの積み重ねで得た自信、
それを十分に発揮してきて欲しい、
そう願います。
高校1、2年生は
自分たちの受験までに
どれだけのモノを積み上げていくか?!
それをイメージしていきましょう!
高校受験ももう残り48日。
日々一歩前進あるのみ!
限られた時間の中で
さらに成長していきましょう!

2022年も宜しくお願い致します!!

on the road 2022.1.14
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川東光教室】
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川末広教室】

とりとめのない文章

個別指導塾の学習空間、前橋三俣・前橋大島教室の古川です(‘^’)

さてさて、皆さんまさに期末テストが終わりホッと一息ついているところではないでしょうか?
結果は今までの自分自身を振り返る良い機会です。
是非、一度テストに対してどのように向き合っていたかやしっかりと準備ができたのかということを
検証してみましょう。それから、次の試験に向けて課題が見えてくると思いますので、一緒に是非対策を考えていきましょう!!

2021年も半年が過ぎて折り返しも超えてしまいました。
「光陰矢の如し」
あっという間に時は過ぎていきます。

ふと、今年を振り返ってみると年の初めに「○○をしてみよう」と思っていたことが全然できていないことに気づきました。。。
やっぱり、考えているだけではダメですネ汗
論より行動が大切だということに改めて気づきました!!

勉強や部活、遊びも行動が大切ですね。現在も新型コロナウィルスの衰えを見せない中やりたいことも思うようにできないような
制約された社会環境ではありますが、工夫次第でいくらでもできることはあるかもしれません。

なので環境に不平不満を言うのではなく、自分自身の考え方も変化させていくことが重要なのかなと思った今日この頃です。

群馬県 前橋市の個別指導塾なら個別指導の学習空間

鯉のぼり

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

今年のGWはいかがお過ごしでしょうか?
私は高校野球三昧でした!
長男は最後の夏に向けて
次男は先輩たちとの最後の夏に向けて
毎日白球を追いかけていました!
GW前の天気予報ではほぼ雨…。
どうなることかと心配していましたが、
見事に予報を裏切り、
全ての日程を消化しましたね。
野球の神様が味方してくれました。

我が子が野球に出会ったのは
幼稚園児の頃でした。
次男の年中クラスに
野球チームに入っている子がいる!
との情報を聞きつけ、
早速、見学と体験に。
一瞬にして仲間入りしました。
私も妻もコーチ登録をし、
週末は一緒にグラウンドへ。
その生活ももう13年目です(笑)

食事面も変わりましたね。
主食となるコメの消費量(笑)
肉の消費量(笑)
最近なら
プロテインも大量消費しています。
私自身も30歳頃まで
スキーの選手をしていたので、
ついつい一緒に食べてしまいます。
習慣とは素晴らしい!
週末が野球漬けの生活だったので、
あっという間に月曜日でした。
GWも毎年あっという間です。
大会や練習試合ばかりで
こどもの日を
経験させてないような気がします。

気が付くともう高校生。
その野球部のグラウンドには
鯉のぼりが!
いくつになっても
身体がでかくなっても
子どもは子どもですからね。
自宅BBQも考えましたが、
大量消費してしまうので、
焼き肉食べ放題でした(笑)

TVでは巨人対広島戦の中継!
鯉といえばカープ、
そしてそのマウンドには
母校の卒業生が!!
背番号12 大道温貴(はるき)
今後の活躍も期待しています!
皆さんも応援を宜しくお願いします!

on the road 2021.5.7

旭川の塾なら個別指導の学習空間

【石川エリア 金沢西教室】2月1日より新年度に向けて生徒募集を再開します

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

9月より満員とさせていただいておりました金沢西教室ですが、
2月1日より新年度に向けて無料体験のご予約を再開させていただきます。
お待ちいただいておりましたご家庭へは、順次ご連絡差し上げますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

また、3月末までに無料体験を経てご入塾いただきました場合、
春休み期間に実施の「春期講習」を無料で受講いただけます。

春期講習では新学年に向けて、それまでの学習内容の復習と、
スムーズに新年度の学習に入っていくための予習を実施予定です。
これまで学習してきた範囲の苦手対策に特化してカリキュラムを組むこともできます。

全員一律で同じ内容を実施するわけではなく、個々の学力や状況に合わせた教材を用いて、
それぞれの課題点に合わせた内容を与えていく予定となっております。

今年度はコロナの影響で、思うように勉強のリズムを作れなかった方も
多いのではないでしょうか?
春のうちに勉強のつまずきを解消し、幸先の良い新年度を迎えたいですね!

無料体験をご希望される場合は、お気軽にホームページかフリーダイヤルより
お申込みくださいませ!

【石川エリア 金沢西教室】金沢西教室は9月で満員となりました!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

近隣の地域の皆様のご愛顧のおかげで、学習空間金沢西教室は今年も満員となりました。
たくさんのお問い合わせをいただき、誠にありがとうございました。
生徒全員の成績アップと、受験生の第一志望校合格のため、
引き続き誠心誠意をもって全力で在籍生徒たちの指導に尽力して参ります。

今後の無料体験につきましては、定員に空きが出次第のご案内となっております。
無料体験は、ご連絡をいただきご予約いただいた順でのご案内となります。
尚、希望される指導の時間帯によっては、すぐに無料体験にご案内できる場合もございます。
塾をお探しの場合は、一度フリーダイヤルにお問い合わせください。

また、無料の学習相談やご面談は、満員状況に関わらず随時受け付けております。
お子様の勉強でお困りの場合や、お悩みがおありでしたら、いつでもお力になります。
お気軽にフリーダイヤルにご相談くださいませ。

尚、中3生及び高3生の生徒募集は、今年度は終了させていただいております。
どうぞご了承くださいませ。

まだまだコロナの不安が尽きぬ日々ではありますが、
生徒たちと一緒に乗り越えていきたいと思います。

まずは2学期中間テスト!!!みんながんばるよーーー!!!!

【石川エリア 金沢西教室】新学期に向けて!春期講習実施中!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

学習空間では、現在春期講習を実施中です。
講習では前学年までの復習を中心に行い、
新学年に備えます。
昼過ぎからスタートし、
生徒によっては20時頃まで頑張る子もいます。
すごい集中力!

来年の受験生にとっては、この時期にどのくらい復習を行えるかが重要です。
いかに早く2年生までの内容を定着させれるかで、入試対策に入るタイミングも変わります。
例年入試が近づくと、受験生はみな口をそろえて言います。
「もっと早く本気になって勉強を始めていればよかった・・・」

この春から良いスタートを切れた人は、きっと志望校に合格できます!
やはり早く始めた人は、何より有利ですからね!

春期講習も残り2日となりました、皆さん頑張りましょうね!!

【石川エリア 金沢西教室】読解力をつけるためには?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

金沢市の統一テストの結果が返却されつつあります。
今回は国語はかなり難しかったようで、肩を落とした生徒が多く見られました。
私も内容を確認しましたが、記述多すぎ&古文が難しすぎ、でしたね。。。
国語は文章の分量も多かったので、時間が足りなかった生徒も多いようです。
国語力は他の教科と違って短期間では伸ばしにくいため、
今後どう対策やトレーニングを行っていくかは、生徒各々とよく相談していきたいと思います。

国語が苦手、読解力が弱い、文章力をつけたい、という要望はよく耳にします。
国語の試験では、「抽象」⇔「具体」の行き来が頭の中でできるかが大切です。
特に論説文では、要約すればシンプルなことを、筆者は小難しく書き連ねます。
時にはあえて抽象的な表現の導入を用いることで読み手の気を引き、
その後に具体例を挙げていきながら、論の根拠を示していきます。
またある時は淡々と具体例を挙げ、文章後半からようやく論の趣旨を徐々に展開したりします。
時には同じ内容を違う表現で述べたり、対となる事象を否定的に述べることで、
より筆者の論に説得力を持たせようとします。

その回りくどく遠回りな「なぞなぞ文」を読み解くのが、国語の試験ですね!笑

そういった文を読み解くには、やはり「語彙力」は欠かせません。
ただし、単純に言葉の意味を知っているかどうかだけでなく、
本文の用いられ方に合わせて、正確に文章全体の主旨を理解するための語彙力が不可欠です。

例えば、
「意見の異なる相手を説得するには、お互いが求めている利益の本質が何なのかを
見極めることが大事です。」(統一テストより)
という文章。

非常に抽象的です。ここでは「利益の本質」という言葉を正しく理解することが大切です。
正しく理解できているかを試す方法として、私はよく以下のように生徒に言います。

「小学校低学年の生徒でも理解できる表現に言い換えてみて!」

みんな頭を抱えます。笑
でもこれができれば、筆者の言いたいことが正確につかめているとい証拠なのです。
自分の言葉に言い換えれるというのは、国語学習のゴールともいえると思います。

中学生になってから読解力を高めるには、正直言ってかなりのパワーがいると思います。
できればある程度幼少の頃から活字に触れる機会を作ってあげるのが一番良いですね。
とはいえ、今国語で困っている生徒が入試に対応していくためには、
なんとか技術と演習量で太刀打ちするしかありません。

今回の国語のテストを元に、いろいろな得点技を生徒に仕込んでいこうと思います!

【石川エリア 金沢西教室】ケアレスミスをなくす勉強法

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

夏休み明けに実施されたテストが返却されつつあります。
生徒の答案を確認していくと、やはり気になるのは「ケアレスミス」。
本来は得点できたはずの設問で、多くの点を落としている状況をよく目にします。
1教科で10点以上を失点している生徒もいました。

悔しいですよねー・・・。
どうすれば、ケアレスミスはなくせるでしょうか。

ミスをなくすためにどうしたらよいかを生徒に尋ねてみると、
「もっと気を付ける」とか「見直しをする」というような反省を述べる子が多いです。
しかし、この程度の反省ではミスはほとんど減らないと思います。
上記のような反省はただのスローガンです。
例えば貯金を増やす方法を尋ねられて、「もっと節約する!」と答えるのと同じです。

それって具体的に何をすることですか!?!?ってなりますよね。

それではただ言っているだけです。
「電気をこまめに消す」「外食の回数を減らす」「コンビニでの買い物を控える」
など、具体的な行動を実践して、初めて結果は出るはずです。
ミスを減らすという点においても、同様に具体的な対策を考える必要があります。

さて、生徒が言う「ミス」には大きくわけて2つあります。
①いわゆるケアレスミス
漢字の書き間違い、-の符号の書き忘れ、指示された解答の仕方の勘違い、解答欄への転記ミス、設問の読み間違い、解答欄の書き間違いなどなど。
②ミスが起こるような解き方をしているパターンのミス
国語で本文をちゃんと最後まで読まずに解答する、数学で暗算が多く途中式をちゃんと書かない、英語の代名詞が指す内容を確認せずに読む、社会の記述の解答が言葉足らず、理科の問題文やグラフをちゃんと読んでいない、などなど。

上記のように、ミスのパターンは実に様々です。
なので、「よーし、もっと気を付けよう!」なんて思ったところで、まずなくなりません。
「テスト本番だけは、気合いを入れて見直しをきっちりやろう!」というのも無理です。
例えばスポーツで考えればわかりやすいですよね。
普段の練習でミスをしまくっている選手が、試合本番ではミスしないなんてありえません。
同様に、普段の勉強でしていないことを、テストではできるはずがないのです。
ではどうすればいいか。

普段から、ミスをしないような問題の解き方を積み重ねていくしかありません。

テストでミスが多いというのは、これは普段の勉強の習慣の結果です。
きつい言い方をすれば、「ミスをするような勉強の仕方」をしてしまっているのです。
そして、「ミスをなくす練習」ができていないのです。
テストでのミスをなくすには、ミスをしない問題の解き方を普段から実践していくしかありません。
その「ミスをしない問題の解き方」が習慣になれば、テストでのミスはなくなります。

さて、今日のブログも無駄に長くなりそうなのでそろそろオチに向かいます笑。

上記であげた①のミスは、「見直しの習慣」で解決できます。
自分が出した解答をもっと疑いましょう。
「本当に合ってんのかー?ミスしてんじゃないのかー?」と必ず見返しましょう。
大事なのは見直しのタイミング。
見直しは、必ずその設問を解き終わった直後にしましょう。
その習慣を、日ごろの学習から実践してみてください。
「テストを全部解き終わってから、余った時間で見直し」は間違いです。
時間が余るとは限りません。
記憶が新しいうちに、しっかり解答の真偽を確かめるのです。
そのほうがミスを見つけられる可能性もあがり、余計な時間もかけません。
「そんなことしていたら、テストを最後まで解く時間がなくなる」というよく言われます。
しかし、だからこそ、普段の学習から見直しの習慣をつける必要があるのです。
見直しも、普段から毎回毎回当たり前のようにしていれば、そのスピードは速くなります。
素早く見直しをするトレーニングでもあるのです。
「見直しは解いた直後」が基本です。

もう一方の②のミスは、「解き方を改善する」ことで解決しましょう。
これは無意識にミスが起こりやすい解き方をわざわざしてしまっている状況です。
時間がもったいないからと言って靴紐を結ばずに靴を履いてダッシュして、
結果的にコケているのと同じです笑。
普段の勉強中に「ミスが多い」と感じたら、設問の解き方を見直してみてください。
必ずアラや雑な部分があるはずです。
面倒だからと言って手を抜くと、そのツケは大事なテスト本番に確実にやってきます。
設問を丁寧に解くことを、普段から心がけましょう。

丁寧に解いて起こったミスは「学び」と認識され、改善つながります。
雑に解いて起こったミスは「うっかり」と認識され、改善されません。

結局のところミスをなくすのに必要なのは、
上記に挙げた「ミスが起こらないための行動」です。
ミスをしない生徒って、無意識にやってるんですよねー。
だからここぞという時にミスを起こさない習慣がちゃんとできているんです。

ケアレスミスをしない習慣を、あなたも今日から始めてみませんか??(^^)