無料体験

こんにちは~、赤ちゃん♪

個別指導塾の学習空間、野木教室、小山城南教室の稲見です!

世の中では、今月末から5月頭までゴールデンウイークですね!皆さんはどんなお休みを過ごす予定ですか?
コロナでなかなかできなかった部活動の練習試合や、家族でちょっとしたお出かけなどでしょうか?
お勉強ももちろん大切ですが、部活動や家族との時間も大切にしてくださいね!

「家族」といえば、今年の2月に私の家にも新しい家族が増えました!元気な女の子の赤ちゃんです!
栃木エリアの講師の方や、一部の保護者の方からもお祝いをもらって非常に感謝しています。
生まれたときは体重が2500gしかありませんでしたが、今では5000gに増えてすくすく育っています。
なので、私のゴールデンウィークは家族と一緒にゆったりのんびり過ごしたいな~、と思っています。

と、ここでいきなりですが「赤ちゃんクイズ」です。
赤ちゃん(生まれて2か月くらい)の視力はいったいどれくらいだと思いますか?

(1)1.2  (2)1.0  (3)0.4  (4)0.2  (5)そもそも全く見えていない





…ちなみに私は眼鏡を外すと0.5くらいです(笑)。





正解は(4)0.2 です。
遠くはぼんやりは見ているくらいで、ほぼ目の前しか見えていないくらいの視力ですね。
ただそんななかでも色がついたおもちゃを目で見つめたり、親が顔を近づけると笑ったりします。

まだまだ成長途中の赤ちゃんですがこれからどんどん大きくなっていき、いつかは皆さんのように勉強するようになるんだな~、と感じています。
また私も今まで子どもがいなかった時と、今とでは気持ちが全然違います。
お父さん、お母さんがどんな気持ちで皆さんのことを思っているのか、少しでもわかってきたような気がしています。
これからはそんな自分の娘がかわいくて仕方がない「親バカ」先生として育児も指導も頑張っていきたいと思っています!
皆さんに負けじと私もいろいろ勉強をして立派な「親」になりたいと思います。
まずはお風呂に入れられるようにします・・・(笑)。

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

徒然なるままに

個別指導塾の学習空間、前橋三俣・前橋大島教室の古川です(‘^’)

昨日と本日で県内の多くの学校で入学式が挙行されています。

改めて、ご進学並びにご進学された皆様誠におめでとうございます。
これからの将来を良いものにも悪いものにもすろのも全て自分次第だと思います。
自らの意思を持ってぜひ過ごしてもらいたいなと思います。

人や環境のせいにしても何も変わりません。
また、自分本位の考えで行動していては人は離れていきます。
今日一日を精一杯過ごして初めて、よりよい明日がやってきます。

数年経ったふとした瞬間に、後悔の無い日々をぜひ過ごしていってもらいたいです。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

新年度がスタートしました

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

蔓延防止等重点措置は解除されましたが,早くも感染者数,第7波が心配されています。引き続き感染対策,健康には十分留意していきましょう。

さて,進学,ご進級おめでとうございます。気持ちを新たに,良い1年にしていきましょう!

春は卒業と進学・進級,出会いと別れで何かと忙しい時期です。塾では春期講習5日目を終え,久しぶりのオフ。あいにくの雨でしたが,久しぶりに周りを眺めてみると桜が満開。いつの間にこんなにきれいな花を咲かせたものかと思っていますが,季節は刻々と変化しているのですね。

今年も多くの受験生たちが冬の厳しい時期を乗り越え,大輪の花を咲かせてくれました。どの生徒も本当によく成長してくれたと思います。そのバトンを後輩達が受け継ぎ,みなぎるようなエネルギーで日々の学習に励んでくれています。1年かけてどれほど成長してくれるのか,1年後にどれほど美しい花を咲かせてくれるのか,本当に楽しみです。

今年度もよろしくお願いします!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

夢は暴れん坊

☆個別指導塾、学習空間の小山城南教室、佐野南教室担当の西村です!☆

 気づけば今年度ももう終わり、皆さまいかがお過ごしでしょうか。受験生の皆さんも、本当にお疲れ様でした!これからの新生活に向けて色々と忙しい日々かと思いますが、体調には気を付けてしっかり準備してもらえたらと思います。

 さて、最近の私ですが、生徒の趣味なんかを聞いたりしてて耳に残ったのが、乗馬。聞けば割と近くに乗馬クラブなるものが存在するとのこと。急に興味が湧きまして検索した結果、ネットで体験乗馬の申し込みページが!勇気を出して申込みをして迎えた体験の前日、ものの見事に体調を崩し発熱してしまいました…。このご時世も相まって、教室もお休みするシマツ。その節はご迷惑をおかけした皆さま、本当に申し訳ございませんでした汗。当然ながら体験乗馬もキャンセル。自分の間の悪さにガッカリしながら時を経て迎えた3月、頂いたおヒマにようやく見学だけ行って参りました。厩舎に案内していただき、初めて触れるほど近づいたお馬さんの、迫力と愛嬌が不思議に溶け合った何とも言えない魅力。この子たちと仲良くなりたい。気づけばそんな感情が心にあふれていました。それから外に出てレッスンの見学。生徒から聞いていた情報では、馬のスピードが3種類。なみ足、はや足、そしてかけ足。準備ができた生徒さんから馬にまたがり、まずはなみ足から始まったレッスン。トットットットッ…という緩やかなリズムで馬たちが歩きます。そこに「はやあーし!」という教官の号令、早まるトットットのリズム。なるほどなるほど、と思いながら見ていたら、さらに心を揺さぶられる瞬間が。いよいよかけ足の号令がかかった時、馬のリズムが変わりました。パカラッ、パカラッ、パカラッ…。そうだった、馬が走るってこのリズムだった!なんとまあ軽快で情熱的なリズム。心の通じ合った馬と一緒にあんなリズムが奏でられたら、きっと素晴らしい景色が見られるのでしょう。
 こんな感じで、まだ乗ってもないのに妙にたかぶっちゃってる私です汗。近いうちにとりあえず体験に行こうと思います。そしていつか白い馬で海辺を走り、あのテーマ曲を流せるようにバクシンしていきます!!笑

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

悲喜こもごも

個別指導塾の学習空間、前橋三俣・前橋大島教室の古川です(‘^’)

新年を迎えたと思えば、瞬く間に1月も終わりますね…。
(いやはや、早い。早すぎる。。。)

いまは、中3・高3の受験生の生徒たちは本格的な受験シーズンへと突入し、
1日1日の重要さを感じている所だと思います。

今回2度目の実施となった共通テストでは様々なことが起こりました。
前代未聞の刺傷事件が発生したり、この期間に遠くトンガ沖合での噴火に伴う津波の発生
といった受験生を取り巻く環境はとても大変なものであったことは察するに余りあります。

また、試験の内容として数学の大幅な難易度の上昇といったことが話題に上りました。

本来のテストあり方としてはいかがなものなのかなと思ってしまいますが、
但し決まりに抗うことはできません。

自分自身を信じて最後の一瞬まで諦めずに取り組んでください。

私が高校/大学受験生であった??年前とは子供たちの考え方や学習環境、入試形態といったものが
様変わりしているなと感じます。
10年ひと昔といわれるように、昔の常識が今の非常識はたまた今の常識が将来の非常識へと変容していくのでしょう。
懐古主義にならないように、今現在の感覚を大切にしていきたいです。

”人事を尽くして天命を待つ”

「やるべきことはやった」といえることが
将来自分の確かな財産となります。

自分の意思で自分の行く道を決めましょう。
誰もあなたの行く先にはいませんし、来た道にもいません。
結果はあとから付いてきます。

前を向いてやるべきことをやっていきましょう。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

震災から27年~今感じたい音楽の力,言葉の力

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

新型コロナウイルスオミクロン株が爆発的に広がっていますがいかがお過ごしでしょうか?1日も早い事態の収束を願うばかりです。

本日1月17日は阪神・淡路大震災の発生日,もう27年が経つのですね。今でこそ劇的な復興を遂げた神戸のまちですが,震災当時,現地の方々は医療,電気,水,食糧を求め,本当に大変な思いをされたことと思います。震災で亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。また,震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて,先日武満 徹の「『系図』―若い人たちのための音楽詩」 という曲を聴きました。武満らしく複雑な構成ですが,もの凄く美しい曲です。この曲は,谷川 俊太郎氏の詩集「はだか」のなかから「むかしむかし」,「おじいちゃん」,「おばあちゃん」,「おとうさん」,「おかあさん」,「とおく」のすべてひらがなで書かれている6つの詩が取り入れられ,遠い昔から続く歴史の中の今自分がここにいること,そして遠く未来に向けてもっと遠くに行こうとする自分が描かれています。谷川 俊太郎氏は「詩の内容はご自由に解釈してください。」とおっしゃっているそうですが,本当に暖かく心に残る詩だと感じました。

時には詩を読んでしみじみした気分になるのも良いかと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

ジグソーパズル

☆個別指導塾の学習空間、佐野南教室、美しが丘教室の増田です!☆

 2021年も、残り1か月を切りました。
生徒・講師ともに、受験に向けて、勉強も頑張りたいこの頃かと思います。
寒さも厳しくなってきましたが、それに対しても何とか打ち勝っていきたい、この頃です。

 今回は、休日に、こたつの中に入って、考えたことがあり、それについて紹介していきたいと思います。
考えたことは、「趣味の頑張り方や人の出会いはジグソーパズルに似ている」ということです。

 私の今までの人生を振り返ってみると、たくさんの人に出会い、そこからさまざまな経験を得てきました。
出会い方は様々で、直接会った方、オンラインの形で出会った方、中には、こちらが一方的に知ったのみで相手からは認知されていない出会いもあるかと思います。
それらの出会いは、相手の方にとっては人生のほんの一部であり、その集合体が私の経験や出会いであると考えることができます。
このことは、形の違うピースを合わせると一つの絵になることに似ていると思いました。

 また、一方で、話は変わりますが、趣味の頑張り方で、こんな頑張り方が理想的だなと思う頑張り方があります。
簡単に述べると、たくさんの良い部分をミックスして取り入れいこう!ということになります。
詳しくは、次の段落で話します。固い話になりますので、スキップしていただいても大丈夫です。

 大部分の趣味には、それの先駆者であり、手本となる方がいらっしゃると思います。
その方と自分を比較してしまうと、優劣がついてモチベーションが下がることがあると思います。実際、私はありました。
そこで、目指すべき手本となる方を3人以上作って、その方の良い部分をミックスするといいのではないかと思いました。
そうすることで、相手と自分を直接比較することがなくなり、モチベーションを落さないだけでなく、真の目指すべき理想の形を作ることができると思います。
これも、パズルに似ていると思いました。

 以上の2つのことは、直接は共通点はないですが、「パズルみたいだ」という同じことに結び付けることができました。
また、私の好きな曲のひとつに「ジグソーパズル」という曲がありますが、その歌詞と、私の考えがつながっているのに気づき感動しました☆
少し特殊?な考え方かもしれませんが、共感してくれる人がいたらうれしいなと思います。

 そんなことを考えていた休日でした。
これからも、教室の指導も頑張っていきます!

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

芸術の秋ーウィーンの風

学習空間,高崎筑縄・前橋大島教室の清水です!

新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数も減少し,少しずつ日常を取り戻しつつありますがいかがお過ごしでしょうか?新型コロナウイルスの再拡大やインフルエンザの蔓延も心配されますので,引き続き気を緩めず対策をしていきましょう。

さて,11月は芸術の秋真っ只中。ウィーン・フィルハーモニーウィークインジャパンが開催され,2年ぶりに公演に行って来ました。指揮はリッカルド・ムーティ。「音楽は仕事ではなく使命なのです。」「音楽は精神の健康を保つのに必要なのです。」オーストリア全土でロックダウンが行われ,史上初めて無観客で開催されたニューイヤーコンサートの場で彼が語ったメッセージは世界中の人々を感動させました。私もその1人です。だからこそ絶対に聴きに行きたいと思っていました。

何度にも渡る飛沫飛散の実験,演奏ギリギリまでのマスク着用,毎日のPCR検査,ホテルとホールの移動以外の外出禁止など,徹底した感染対策のもと今回の来日公演が行われたことを聞き,ウィーン・フィルの第2の故郷である日本での公演にかける思いがひしひしと伝わってきました。

プログラムの中でシューベルトの交響曲第4番ハ短調「悲劇的」という曲をやったのですが,この曲は1815年にのインドネシアの火山が大噴火し,翌年ヨーロッパの凶作を起こし,飢饉や大規模な物価上昇に苦しむ中で作曲されたそうです。アジアとヨーロッパのつながり,世界でこのコロナ禍を乗り越えていこうという思いがひしひしと伝わってきました。

アンコールはヴェルディの『運命の力』序曲,長年スカラ座の音楽監督を務めたムーティらしい圧巻の演奏でした。

今まで聴きに行った演奏会1回1回が脳裏に鮮明に残っており,時折思い出すことがありますが,その中でも今回の演奏会はずば抜けたものだったと思います。

私自身,普段の塾の指導に置いて,いつ何がきっかけで生徒の人生に影響を与えるか分かりません。しかし,その1回1回の指導,1つ1つの言動が生徒の今後の人生に影響を与えるものになると信じ,指導に邁進していきます。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

ワクチン接種と私と

個別指導塾の学習空間野木教室、小山城南教室の稲見です!
まだまだ継続してコロナウイルスが蔓延していますが、最近では東京でも新規感染者数も日に日に減ってきていますね。
せっかくここまでみんなで頑張って我慢をしてきたからこそ、これからも続けていき収束に向かっていってほしいですね!

私も10月の最初にコロナウイルス二回目のワクチン接種を受けました。今回はその時の私の体験談をお話ししたいと思います!
1回目の接種の時は腕が痛くて上がらない、でも熱もなくご飯も普通に食べられていました。二回目も大丈夫だろうと余裕に構えていました。
(ちなみに私はモデルナ社製のワクチンでした)

ワクチンを打ったその夜、その症状はやってきました。。。
夕方、ふっと目が覚めて体全身に電気が走るような、ビリビリ~!っという痛みが走り、体を動かすことができませんでした。
声を出したくても出せず、ただ目をぎゅっと閉じてこの痛みがなくなるをずっと耐えていました。正直、今までの人生の中で初めての経験でした。
小一時間が経ったあと、ようやく痛みも和らいできて声も出せるようになりました。山を越えた、かのように思えました。。。
翌日になると、今度は高熱&吐き気に襲われました。ワクチンの副反応は特に二日目に来ると聞いていましたが、一日目・二日目、両日に来るとは想像もしていませんでした汗。
それでもご飯を食べられるようにもなり夜にはいつも通りに生活することができていました。

そんなつらい副反応を乗り越えた今の私です。なんだか抗体ができて強くなった!…気がします笑。
みなさんもまだワクチン接種を行っていなかったら、ぜひ接種してみてはいかがですすか?確かにネットやニュースでは心配な内容も取り上げられています。私も心配でした。
それでも打たないリスクの方が断然大きいですよ、その一言で私も接種しようと決めました。
自分だけではなく、家族のかた、周りの人たちにも心配をかけるだけでなく、感染を防ぐこともできます。
「あなたの体はあなただけのもではないです」
接種が完了したからといっても安心できるわけではないです。ただ収束に向かう一歩として少しでも何か行動をしていき、前のような通常な日々が戻ってきてくれることを願っています!

そして今日は10/31です。ハッピーハロウィーン♪

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

童心に返って

☆個別指導塾、学習空間の小山城南教室、小山城東教室担当の西村です!☆

 あっという間に2学期ですね、皆さまいかがお過ごしでしょうか。世間の状況も色々と慌ただしいですが、個人的には目の前のやるべきことを地道に頑張ろうと思う今日この頃です。

 さて、先日の話ですが、約20年ぶりにゲーム機を買いました。きっかけはまあ、色々あったんですが、何か新しいことしたいなと思っていた結果が、こういう形になりました。そんでもって、じゃあ何をプレーしてるのかというと、大勢で乱れるように闘うやつです。私も若いうちは、ゲームに明け暮れていた時期もありました。その頃の感覚で言うと、新しいゲームを買ってプレーし始めると、ぐんぐん上達したように記憶しています。そしてこの年になってやってみると、、、いや~厳しいですね汗。そんなこと望んでないのに、勝手に落下していっちゃう汗汗。子供の頃、お父さんお母さんはゲーム下手だなぁとか思ってましたが、こういう感覚でやっていたんでしょうね(笑)。あとは、キャラクター増やすために頑張って一人プレイしてますが、肝心な挑戦者にまぁ負ける泣。これが大人になるってことなのかな、とか自分を納得させようとしてます。そんなこんなで思ってたより苦労してますが、学習空間のみんなと培った根性で今日も上達を目指すのであります(午前4時まで)。
 とまあこんな感じで新しいことをやっております。オンライン対戦なんかも手を出しちゃってまして、知らない人と戦うのはホントにドキドキしますね。もちろん全然勝ってないです泣。もし機会があれば、教室の誰かとも交流出来たりするかな。良かったらヒマな人、この私に挑戦してみないか!?(笑)

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間