自分なりに

個別指導塾の学習空間、埼玉中部エリア
浦和大東教室・大宮宮原教室の小林です。

夏が終わり、まだまだ暑い日もありますが、朝晩は少し涼しくなりましたね。

最近ゴルフ熱が再燃し、youtubeなどで動画を見ているのですが、色々ありすぎてどれが正解なのか迷ってしまいますね。
言っていることはどれも正しくて、根本はどれも同じことを言っていると思うのだけれど、良さそうだなって思い、イメージは抜群のままいざ練習場などで実践してみると、上手くいかなかったりなんてことも…皆さんも同じような経験があると思います。

大事なのは、見てわかったと思うだけではなく、そういったお手本をもとに、自分なりに考え落とし込んで消化することだと思いました。そしてそれを試行錯誤しながら練習する。
勉強法や問題の解き方も色々とあると思いますが、解説を見たり聞いたりして終わるではなく、そこから自分なりに考えることがとても大切だと思います。

台風も多いこの時期、気圧の変化などによって体調管理など難しいですが、二学期頑張っていきましょう!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

人生の方程式

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

早いもので2022年も9月。上半期ももう少しで終わろうとしています。
9月後半に定期テストの学校が多く、今日は日曜日でしたが、テストに備えて午後から開校しました。
来週の日曜日からとも考えたのですが、今週末に多くの学校が学祭になるため、来塾が困難なことが予想され、前倒しで指導しようと考え、実施しました。
こちらの意図を理解し、来塾してくれた生徒達のおかげであっという間に指導が終わった感覚があります。
何事も逆算して動ければ、自ずと理想に近い形になる。
テスト勉強に限らずだと思いますが、その真理を生徒と共有して、9月そして、下半期も進んでいきたいと思います。

話は変わりますが、つい先日、京セラの創業者である稲森和夫さんがお亡くなりになりました。
稲森さんの書籍『生き方』は確か私が大学を卒業して2、3年後に刊行されたのですが、その『生き方』を読んで以来、稲森さんの考え方に共感し、力を頂いてきたと思います。
経営者として、日々の労働を通して心を磨くことを書籍の中で繰り返し語られていましたが、楽な方へ流されそうな時にブレーキになっていたように思います。
また広く知られている人生・仕事の結果=能力×熱意×考え方という方程式は私も共感しています。
一番大事なのは考え方だと。なぜから能力と熱意は0~100までだが、考え方はマイナス100からプラス100まであると。
どんなに能力と熱意があっても考え方が世の中のために正しくなければ大きなプラスにもマイナスにも成り得ると。

塾での指導に充ててみると「テスト結果=能力×熱意×考え方」と言い換えてみても、決して逸れていないと素直に感じます。
1回で出来なければ、出来るまで繰り返す。出来ていない時も前回よりもプラス面を見つけて、モチベーションを下げない。
ミスなくやろうと心に決める等々。
考え方が本当に大切だと改めて思うところです。
それにそれを生徒に要求するだけでなく、指導している講師側にも言えることだと思います。
教室で問題が出来る出来ないだけに一喜一憂せず、1日1日に最善を尽くして指導していきたいと文を書きながら、改めて思いました。
『生き方』再読してみようと思います。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

大学時代に学んだこと

個別指導塾の学習空間,群馬県央エリア 高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

最近よく大学時代のことを思い出します。大学時代私は地域社会学を専攻し,毎年のようにタイに出かけ貧困層を含む都市コミュニティでフィールドワーク(…という名の旅行??)を行っていました。大学卒業後も新型コロナウイルスが流行する前まで毎年のようにタイを訪れていました。座学で学ぶ知識と異なり,そこへ実際に行き五感をフルに使って得た知識は私の人生に大きな影響を与えています。

貧困層と聞くと劣悪な居住環境,社会的に弱い立場にあり,政府やNGOの援助なしでは満足した生活を送れないイメージがありました。しかし私が実際に目にしたのは,住民が自分たちで意思決定を行い,CODI(コミュニティ開発機構)の支援のもと,居住環境やまちをよりよいものにしていこうとする姿でした。

コミュニティの住民はそれぞれ毎月少額貯蓄を行い,数年後に社会的な信用を得てコミュニティ単位で融資を受け,安心できる居住環境を手に入れます。この手法はマイクロクレジット(少額融資)と呼ばれています。それぞれのコミュニティはネットワークに属し,地域開発や経験の情報共有を行います。UCDO(都市コミュニティ開発機構),現CODIが地域開発プロジェクトに参画したことにより,今までのトップ・ダウン型の開発からボトム・アップ型の開発が行われるようになりました。

「付き合いを大切に!」という教授の言葉も私の人生に大きな影響を与えています。タイで出会った地域の方々,現地の教授,友人とは今でも親交があり,タイを訪れたときは毎回家族のように迎えてくれます。私が何か誘いを受けた時,よほどの理由がない限り断らないのは教授のその一言が影響しています。

何のために勉強するのでしょう?今学んでいること,大学時代に学ぶことが将来直接役に立つわけではありません。しかし,今学んでいることがいつか思いもよらないところで訳に立つことは確かです。私の場合CODIのコミュニティへのかかわり方は講師の生徒へのかかわり方そのものです。自分の考えや価値観を押し付けるのではなく,生徒がどうしたいのか,どうなりたいのかをしっかり汲み取り,必要な時には解決策を示し,最終的には生徒が選択する,そんな指導を心がけています。
新型コロナウイルスの影響で制約はありますが,今しかない小学時代,中学時代,高校時代、そして大学時代に様々な経験を重ね,感性を磨き,見聞を広げて欲しいと願ってやみません。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

明日は体育祭

個別指導塾の学習空間 秦野西・伊勢原教室の石原です!
 教室に通っている中学生のほとんどが、明日の土曜日が体育祭になります!ここ一週間学校での体育祭練習もハードなもののようで、疲労がたまっている生徒さんが多く見られました。夏休み中から応援練習や旗の作成、競技の練習に至るまで準備に取り組む生徒さんの話を聞いていると、明日の体育祭を通してまた一段と生徒さんが成長をするんだなと感じております。
 昨日、ある一人の中学3年生の生徒が「明日は体育祭の前日だから、友達と競技場でリレーの練習をしてから来る!」と言っていました。最後の体育祭にかける熱いこの思いはこれから彼が受験に向けて頑張るためにも大切な気持ちになると確信しました。是非、明日の体育祭が最高の思い出になるよう頑張ってきてください!!
体育祭が終われば、3週間後には中間試験になります。学習空間では定期テストの2週間前からは通常指導日以外の曜日に関して無料での追加指導を実施しています。2週間前からは毎日の来塾で、定期テストを一緒に乗り越えていきましょう!!

 それでは、今回はこの辺りで失礼します。
神奈川の塾なら個別指導の学習空間

短く、濃く伝えること

個別指導塾の学習空間
北海道旭川エリア
旭川東光教室・旭川末広教室の牧野です。

先日のこと、テレビを何気なく見ていると某ドラマの予告。
15秒後……

「どんな話なのか全然分からない」

話の重要そうな部分を切り取って短時間にまとめているとはいえ、どんな人間関係なのか、どんな状況なのか、何が進行しているのかがさっぱりわからない。おそらくずっと観て来た視聴者にとってはその内容でもわかるのでしょう。しかし、全く追っていなかった自分にとっては途中からでも「観てみよう」と思えない。そんな情報のまとめ方でした。

しかしこれは自分にもかかわる内容なのでは?
生徒に説明するときに余分な情報を入れていないか。逆に大事な情報が抜けていないか。短い時間でしっかり大事なことを伝え、また学習へと向かわせていく。
そんな指導を目指したいなと思いました。

on the road 2022/09/08
北海道・旭川の塾なら個別指導の学習空間

旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川東光教室】
旭川の塾なら個別指導の学習空間【旭川末広教室】

社会って、暗記科目?

個別指導の学習空間(埼玉西武エリア)
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。

中3生は、9月の北辰テストが終わりましたね。

結果が来たら、分析。
弱点をまた補強していきましょう。




さて、
長年北辰テスト(模試)の「社会科」を分析してますが、

「暗記だけじゃ対応が難しい」


年々、その傾向が強くなってるなあと感じます。

実際、
入試問題(県立高校)がその傾向にあるって事ですね。


それにより、
学校の定期テストで点は取れるけど、
北辰テストで点が取れない。


そんな状況の生徒さんが多いですね。


定期テストは出題範囲がせまいため、
とりあえず「覚えれば」点数は稼げますからね。




最近の北辰テストは、
次の傾向が顕著です。


■記述問題が増加してる
■グラフなど、統計・データ読み取り問題が増加してる


自分の言葉で説明しなきゃいけない
「記述問題」

増加傾向にあります。

さらに、
地理はほとんどが
「表やグラフの読み取り問題」
…。

このため、
用語の暗記だけでは対応が困難。





では、
どう対策していけばよいか。

鍛えるポイントは、以下ですね。

【地理】
①統計・データを正確に読み取る練習をする。
(割合(%)・人口密度・縮尺計算など算数の知識は必須。)

②人々の暮らしに想いをはせる。


地理は特に、②。

例えば、
「熱帯」=「赤道付近。年間通して暑い場所」

これは知識。暗記でいけますよね。


しかし、
地理の記述問題で狙われるのは、
そこで暮らす人々の知恵や工夫、生活です。


その地域の人達は、
■どんな家で暮らしてるの?
■どんな農作物を作ってるの?
■地形をどう使ってるの?




そう。。。
地理というのは、
「人」に想いをはせる科目なのです……



そして、歴史ですね。

【歴史】
■流れを意識する。

そのできごとは、世の中にどんな影響を与えたか。

そのできごとは、なぜ起きたの?その後、世の中はどう変わったの?


歴史は、「流れ」がポイント。
用語だけひたすら覚えても、
それを「線」で繋げないと、活用できません。


例えば、
「元寇」=「モンゴル襲来in鎌倉時代」
これは知識。暗記でいけますよね。


しかし実際の問題では、

「元寇は、その後の鎌倉幕府にどんな影響を与えた?」

こんな感じで、記述問題が出ます。



大事なのは「流れ」。です。
「線」(流れ)の中で、「点」(用語)を覚えていく。


「点」(用語)だけただ覚えていっても、
「線」(流れ)は見えない。

結果的に、記述問題に対応できないんですね。


以上、
この辺にしておきますね。

ありがとうございました〜

埼玉県の講師ブログページ

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

☆コロナワクチンの副反応☆

♪♯個別指導塾の学習空間、札幌富丘・新琴似北教室の花岡です♭♬

先日、遅ればせながら3回目のワクチン接種を行いました。
接種が遅くなった理由は、2月にコロナウイルスに罹患したので抗体が強くなっているから接種の必要はないんじゃないかと(勝手に)理由づけていたことと、「1回コロナに罹患した人はワクチンの副反応が強くなる。」という記事を読んでビビっていたからです。

ただ最近の第7波の影響と周囲に与える安心感を考えたときに接種すべきという判断に至り、勇気を奮い立たせて接種会場に向かいました。
そして満を持して接種してきたのですが、案の定激しい副反応に襲われました。

もちろん私以上に大変な思いをした人のたくさんいると思いますので、その人から見ればたいしたことない症状かもしれませんが私個人的には結構大変でした。

まず、副反応が強くなる可能性を考慮し、金曜日の指導前16時に接種してきました。
接種当日はそんなにすぐ症状が出ないということが他の講師の接種状況からもわかっていたからです。
ここは予想通りで、金曜の指導は難なく切り抜けることができました。

そして翌土曜、この日は接種休暇を取得していたので土曜学習を岡先生にお願いして自宅療養。
久々39.0℃の高熱に襲われましたが、まあここは想定外といったところ。
翌日の日曜のうちには回復するだろうと思っていましたが、そんな思いむなしく丸2日たっても体温は38℃台を行ったり来たりでした。

そして運命の月曜日、今日から仕事再開(予定)です。
朝起きた時点では体温は37.0℃まで下がったのですが、如何せん激しい頭痛に襲われベットから動けず。
お昼過ぎに何とか這い出して風呂に入り、出勤支度を整えようとするもギブアップ。
結局教室指導を石原先生にお願いして丸3日間家から1歩も出ることはできませんでした。

とはいえ翌日の朝には何事もなかったのかのようにけろっと復活することができました。
ホッとしました。

とりあえずこれで努力義務を果たすことができました。
医療関係者や、こういったワクチン開発の仕事に携わっている方には日々頭の下がる思いです。
この先コロナとの戦いがどのように変化していくか想像もつきませんが、副反応の起こらないワクチンが開発されることを願うばかりです。

On the road 2022.9.7

@お酒に痛み止めの効果はありませんでした笑

札幌の塾なら個別指導の学習空間

行事のシーズン

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、大井松田・厚木睦合教室の石垣です!

9月に入り、暑さも収まり、少しずつ過ごしやすい日も増えてきました。
休み明けでなかなか大変なことも多いかと思いますが、油断せず体調管理をしていきましょう!

今、学校では行事シーズンのところが多いと感じます。高校生は文化祭、中学生は体育祭もしくは修学旅行の時期となっております。もう少し時期が進むと合唱祭もあるかと思います。
学校行事は大人になっても覚えているもので、クラスで協力してつくりあげていくことは印象深く楽しかった思い出があります。行事によっては面倒だなと思うものもあるかもしれませんが、精いっぱい準備や練習をして、よい思い出にしてほしいと思います!

学習空間でも本来は校外学習という形でイベントを実施していることもあるのですが、感染病のところもあり2年半ほどできていない現状です。状況の改善を願って、また実施できればと思っております!

今日はこのあたりで失礼いたします!またの機会にお会いしましょう!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

挑戦

個別指導の学習空間、松本東教室・松本南教室の小野です!

うちには、犬がいます。
ミニチュアシュナウザーやトイプードルなどです。

トイプードルはジャンプ力がもともとあり、座っていると膝に乗ってきます。
ミニチュアシュナウザーは普通、そこまでのジャンプ力はありません。

しかし、膝に乗りたいミニチュアシュナウザーの「うた(2才、メス)」は、何回も挑戦してきました。

今まで、ずっと乗れなかったのですが…
先日、見事、膝に乗りました。

いろいろ、困ることがあったり壁があったりすることがありますが、果敢に挑戦してみることを教わった気がしました。

ではまた(^^)/

松本・塩尻の塾なら個別指導の学習空間

英検おじさん(自称)の勉強日記 第4回

こんにちは、個別指導塾の学習空間、山梨エリア敷島教室の加藤です!

連日、大谷翔平選手の活躍に夢中になっています。
大谷翔平選手の凄い所は、野球にあまり関心がなくても彼を応援したくなる、「ひたむきな姿勢」だと私は思います。
2年連続でMVPを獲得してほしいです。大谷選手、がんばれ!!
さて、前回は接頭辞についてお伝えしました。
今回は、勉強法ではなく教材について少しお伝えしたいと思います。
これから英検を受けたいと思っているけれど、書店に行くと書籍が多すぎて迷ってしまう方やネットのレビューを見ても自分に合っているか少し不安という方に向けて、私が英検準1級の勉強をしていた時に実際に使用した書籍の中から単語編とリスニング編と読解編に分けていくつかご紹介します。もしよろしければ参考にして下さい。

【単語編】
・パス単シリーズ (旺文社)
・出る順で最短合格シリーズ(ジャパンタイムズ社)

正直に言うと、単語帳はどれでもいいと思います。ただし2級までなら最低1冊、準1級以上なら2冊は準備した方がいいと思います。

【リスニング編】
・文で覚える単・熟語シリーズCD付き(旺文社)

実際の過去問やオリジナルの文章を読みながら文脈の中で覚える感じです。単語帳と長文問題集の中間くらいのイメージです。見開きで英文と全文訳、次のページで重要語句をまとめて掲載してあります。本文を見ないで音声を聴く練習方法もおすすめですが、本文を自分で訳してから全文訳を確認するなど使い方次第ではリーディング対策としても効果が期待出来ます。

【リーディング編】
・つきっきり英検シリーズ(旺文社)

書籍の初めのページに使用方法が書いてあるので参考にしてください。
個人的に、この本に出会って語学学習は音読が最も大切だと感銘を受けました。

いかがでしたか?
皆さんも実際に書店に足を運んで自分に合う教材を探してみましょう。そして、おすすめがあれば私にもぜひ教えてください。
仮に教材が自分に合っていなかったとしても無駄だったとは決して思わないでください。必ず何かしらの役に立っています。
「良い結果ももちろん大切だけれど、自分がどれだけ本気で向き合い、一生懸命取り組んできたかが最も大切!!」
以上、大谷翔平という好青年の活躍から、挑戦する姿勢の大切さを学んだ加藤中年の一言でした。

それでは、教室でまたお会いしましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間